1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. もっとニュース
  4. 「BA.2」都内で7割近く流行の主体に「XE」系統の国内状況は

「BA.2」都内で7割近く流行の主体に「XE」系統の国内状況は

  • 2022年4月7日

東京都内ではオミクロン株のうち感染力がより高いとされる「BA.2」系統の疑いがあるウイルスの割合が7割近くにのぼり、専門家は「都内の流行の主体となりつつある」と指摘しました。
感染状況への「BA.2」の影響と、「BA.1」と「BA.2」の間で組み換えが起きたとされる「XE」と呼ばれる系統のウイルスの情報についてまとめました。

「BA.2」系統 東京都内の感染の主体に

東京都内の感染状況などを分析するモニタリング会議で、専門家は、都内の感染状況の警戒レベルを最も深刻なレベルで維持し、「感染の再拡大の危険性が高いと思われる」と分析しました。新規陽性者の7日間平均は、6日時点で7248人と、専門家は「高い水準で推移している」としています。

さらに専門家は、都のスクリーニング検査で、オミクロン株のうち、感染力がより高いとされる「BA.2」の系統の疑いがあるウイルスの割合が、3月28日までの1週間で67.8%にのぼったことを明らかにしました。その前の1週間は52.3%、さらにその前の1週間は39.6%で、2週間で30ポイント近く上昇しています。

東北医科薬科大学 賀来満夫特任教授 (東京都「専門家ボード」座長)
「『BA.2』系統は都内における感染の主体となりつつあると考えられる。『BA.2』は感染力の高さに加えて、最初に感染した人が次の人に感染させるまでの期間が短いと言われていて、より短い時間で多くの人に感染を広げる可能性がある。今後、感染が急拡大するかどうか、重要な局面を迎えている」

感染者増「BA.2」置き換わりの強い影響も

厚生労働省の専門家会合は6日、現在の感染状況について全国では増加傾向で、感染者数はすべての年代で増加に転じ、特に10代から20代での増加が顕著になっているとしています。また、感染場所が飲食店の割合はすべての年代ではおよそ2%なのに対し、20代ではおよそ7%と増加傾向にあるとしています。

その上で現在の感染者数の増加には、接触機会の増加と、オミクロン株のうち、より感染力が高い「BA.2」への置き換わりが強く影響していると考えられるとしていて、花見や歓迎会などが行われる時期で、特に夜間の繁華街の人出が増えることや、新学期が始まり学校での子どもの接触機会が増えることに注意が必要だとしています。

「BA.2」より増殖力高い「XE」系統の状況は

専門家会合 脇田隆字座長

〇「BA.2」について
感染者増加については、接触機会の増加、それからオミクロン株の「BA.2」系統への変異株の置き換わりが影響していると考えている。 オミクロン株の「BA.1」から「BA.2」系統への置き換わりが全国的に進んでいると思われ 、「BA.2」は、より感染力が強く新規感染者の増加要因となりうる。

〇「XE」について
「BA.1」と「BA.2」の間で組み換えが起きたとされる「XE」と呼ばれる系統のウイルスは、今、イギリスで多く確認されていると報告されている。 この系統は「BA.2」に比べて10%程度、増殖力が高いと評価されていて、今後、イギリスで感染拡大していく可能性もあると考えているが、重症度との関連についてはまだよくわかっていない状況と聞いている。 
日本国内への影響については、今のところ検疫などで、「XE」系統が見つかったという報告は聞いていない。国内でも見つかっていない、まだイギリスでも広がっている状況ではないので、今後の感染拡大の状況をしっかり見ていくとともに、検疫でのゲノム解析を引き続き続けていくということが必要だ。

関東地方1都6県すべてで前週に比べ増加

関東地方などの新規感染者数の動向です。専門家会合で6日示された資料によりますと、5日までの1週間の新規感染者数は全国では前の週と比べて1.08倍と先週に続いて増加しました。関東地方の1都6県では、神奈川県、千葉県、茨城県が増加に転じ、すべてで1倍を超えています。

ページトップに戻る