1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. もっとニュース
  4. 電力需給ひっ迫警報 節電のためにひとりひとりができること

電力需給ひっ迫警報 節電のためにひとりひとりができること

  • 2022年3月22日

東京電力の管内では22日の電力需給が極めて厳しい状況だとして、政府は初めて「電力需給ひっ迫警報」を出しました。
どうすれば家庭やオフィスで節電ができるのでしょうか?資源エネルギー庁などは節電の方法をホームページで紹介し、改めて節電への協力を呼びかけています。

暖房・エアコン

・暖房の設定温度を20度に下げる。
・暖房の効果を上げるため、ドアの開け閉めは少なくする。
・家庭では床まで届く厚手のカーテンで熱の放出を防ぐと節電に効果的。
・エアコンの室外機の吹き出し口に物を置くと電気を余分に消費してしまうため、物はどけておく。

家電など

・冷蔵庫は、開け閉めを少なく、開けている時間を短くする。
・熱いものは冷ましてから冷蔵庫に入れる。
・長時間使わないときは電気ポットのプラグを抜く。
・洗濯物は自然乾燥にするか、まとめて乾燥機にかけて回数を減らす。
・乾燥機のフィルターが詰まっていると乾燥時間が長くなり余分に電気を消費するため掃除しておく。

家庭やオフィスでは

・トイレは、便座の暖房や洗浄水の温度を下げる。
・熱が逃げるのを防ぐため、使わないときは便座のふたを閉める。
・オフィスなどで使っていないパソコンやコピー機などはコンセントを抜いておく。
・部屋や廊下、通路で点灯する電気の数を減らす。
・近い階の上り下りはエレベーターを使わないようにする。

日本電機工業会 身近な家電の節電方法を紹介

電機メーカーなどでつくる日本電機工業会は身近な家電の節電方法を紹介しています。

・冷蔵庫は、食品を詰め込みすぎると冷気の循環が悪くなるため、食品を詰めすぎないようにすること。また、冬は設定温度を「中」から「弱」にすると節電効果があるとしています。
・テレビは見ないときは消し、つけっぱなしをやめること。
・エアコンは暖房の設定温度を20度を目安にするほか、厚着をすることで使いすぎないよう促しています。
・洗濯機や食器洗い乾燥機は、まとめて洗うようにすること。
・温水洗浄機能がついた便座は使わないときは必ずふたを閉め、便座の暖房の温度を低めに。
・電気カーペットの設定温度を低めにすること。
・炊飯ジャーでは長時間の保温機能の使用を控えることも効果があるとしています。

ページトップに戻る