1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. もっとニュース
  4. 東京都コロナ感染者1日1万人超の推計 “社会活動停止の可能性”

東京都コロナ感染者1日1万人超の推計 “社会活動停止の可能性”

  • 2022年1月13日

東京都内の新型コロナウイルスの感染が急拡大しています。
東京都内の感染状況を専門家が評価・分析するモニタリング会議で、専門家は、都内の感染状況の警戒レベルを1段引きあげ、上から2番目の「感染が拡大している」と評価しました。新規陽性者がこのまま高水準で増加すれば1週間後の7日間平均は1万人近くになるとしたうえで、「社会活動の停止を余儀なくされる可能性がある」と述べ、対策を早急に検討する必要があると指摘しました。

警戒レベル引き上げ

13日開かれた都のモニタリング会議で、専門家は、都内の感染状況の警戒レベルを1段引きあげ、上から2番目の「感染が拡大している」と評価しました。
12日までの新規陽性者の7日間平均は1136人となり、1週間で8倍あまりに増加したと説明し、「これまでに経験したことのない高水準だ」と指摘しました。

そのうえで、この水準が継続すると、1週間後の1月20日までの7日間平均は9576人まで増加し、「危機的な感染状況となる」と述べました。

また、オミクロン株の急速な拡大を受けて専門家は「医療従事者、エッセンシャルワーカーを含むすべての都民が、感染者や濃厚接触者となるリスクが高まり、社会活動の停止を余儀なくされる可能性がある」と述べ、社会活動を維持して、都民の生活を守るための対策を早急に検討する必要があると指摘しました。

一方、きょうの会議では、医療提供体制の警戒レベルも1段引き上げられ、上から3番目の「体制強化の準備が必要な状況である」と評価されました。
入院患者は、12日時点で954人と、1週間で2.6倍に増加しています。

専門家
「第5波を超える感染状況に対応できるよう感染者の入院医療、宿泊および自宅療養の療養先をより効率的に選定し、円滑に療養生活へ移行できる体制を迅速に構築する必要がある。
医療従事者などが感染者や濃厚接触者となり、就業制限を受ける人が多数発生すれば、病床が空いていても、マンパワー不足で患者の受け入れができなくなり通常の医療も含めた医療提供体制がひっ迫することが予想される」

東京都内の感染者 1日1万人超の推計も

東京都のモニタリング会議で、都福祉保健局の中村倫治局長は、大学教授など複数の専門家が行った今後の都内の感染状況のシミュレーション結果を紹介しました。

東京都福祉保健局 中村倫治局長
「多くの先生が1月中にも新型コロナウイルスの都内の1日当たりの陽性者数が1万人を超えるという推計をしているところだ。都はすでに医療療養体制の引き上げ準備を行っているが、今後とも先手先手で十分に備えをしていきたい」

ページトップに戻る