1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. もっとニュース
  4. 大学入学共通テスト コロナ影響で受験できない場合は?注意点は?

大学入学共通テスト コロナ影響で受験できない場合は?注意点は?

  • 2022年1月14日

新型コロナウイルスの感染が急拡大するなか、1月15日から「大学入学共通テスト」が始まり、本格的な受験シーズンに入ります。新型コロナの影響で本試験も追試験も受けられなかった受験生のための救済策や、濃厚接触者とされた場合の対応のポイント、さらに受験当日の注意点や相談先など詳細をまとめました。

コロナで共通テスト受けられなかった場合

「大学入学共通テスト」は、およそ30年続いた大学入試センター試験に代わって去年から始まりました。出題方法はこれまでと同じマークシート方式ですが、内容は、思考力や判断力がより重視され、知識偏重ではなくみずから考えて表現する力が問われます。

ことしは、本試験は1月15日と16日に、追試験は1月29日と30日の日程で実施され、志願者数はおよそ53万人に上り、全国864の大学などの入試に利用される予定です。

文部科学省は、新型コロナに感染したり、濃厚接触者になったりして本試験も追試験も受けられなかった受験生のため、個別入試の結果で合否判定するよう、全国の大学に異例の要請をしました。

文部科学省が詳細を公表

文部科学省はこの詳細を公表しました。
救済の対象は、本試験と追試験を受けられなかった理由がどちらも「新型コロナ」の影響によるケースと、本試験と追試験のどちらかが「新型コロナ」で、一方がインフルエンザやけがなどやむをえないケースが含まれるとしました。

医師の診断書の提出や濃厚接触者と伝えられた保健所の名称などの申告を求めるとしています。

入試の公平性の観点では、今回の措置を使って各大学の個別試験のみを受験した方が有利になるのではないかという指摘について、「意図的に受験しない方法を選択できるものではない」として、「各大学では共通テストを受験したほかの受験生と比較して、上回る能力があるか慎重かつ厳格に判定するものと考えられる」としています。

このほか、厳格に管理されている大学の定員についても、ほかの受験生の合格枠に影響が生じないよう、今回の措置の対象者の合否判定は大学が定める募集人員の枠外で行うことを可能とするとしています。
いずれもことし限りの特例措置としていて、文部科学省のホームページで公表されます。

各大学の個別入試は

要請では共通テストだけでなく、各大学の個別入試についても、追試験や振り替え試験を受けられなかった受験生のため面接や小論文や調査書などを組み合わせて再度の追試験を新たに実施するよう求めています。
これにより入学が4月以降になることも可能にするとしています。

また各大学の個別入試を受けられなかった受験生が共通テストを受けていれば、その結果や調査書などで合否判定をすることも求めています。

ネットでは戸惑いの声も

「大学入学共通テスト」を受けられなかった受験生のため、個別入試の結果で合否判定するようにという異例の要請。文部科学省の対応について、ネット上では戸惑いの声が多く聞かれました。

受験生とみられる人

試験4日前に急に言われても 
救済措置はありがたいが、個別試験で合否を決めるなら最初からそうやればいいのに

 

去年コロナ感染し受験できなかった人

なぜ今年は急にそんなよく分からない措置をとるのか

 

大学教員とみられる人

このタイミングでそれは無茶ですよ
いまから言われて、対応できる大学がどれだけあるのか


一方、新型コロナの影響で受験できない生徒への救済措置がとられることについては「もっと早く決めることはできなかったのかとは思いますが、受験生が誰ひとり不利益を被ることがないように願いたいです」とか「大人が受験生に救済措置を考えているという姿勢を見せるのは大事」といった声がありました。

オミクロン株含む濃厚接触者 4つの要件満たせば受験可能

新型コロナの変異株、オミクロン株の感染拡大も懸念されていますが、もし保健所から濃厚接触者とされた場合は、4つの要件を満たせば受験が認められます。

受験を認められる4つの要件
□ 保健所が実施するPCR検査などで陰性
□ 受験当日も無症状であること
□ 公共交通機関を利用せず人が密集する場所を避けて来場
□ 別室で受験

要件を満たす濃厚接触者で受験を希望する場合は、試験の前日1月14日金曜日の午前10時までに、受験票に記載されている「問い合わせ大学」に電話で連絡するよう求められています。

なおオミクロン株感染者の濃厚接触者への対応としては、ほかの新型コロナの濃厚接触者とは別室であることが望ましいものの、試験会場の運営上、困難であれば同じ部屋でも構わないとし、濃厚接触者の受験生どうしの席を2メートル以上離すことなどが求められています。

濃厚接触者の受験 タクシー利用可能に

新型コロナの感染者の濃厚接触者が受験する際の移動手段について、文部科学省は公共交通機関を利用しないよう求めていましたが、一定の条件のもとタクシーなどの利用を認めることを決めました。

濃厚接触者は、電車やバス、飛行機といった公共交通機関を利用した来場は認められていませんが、国は1月になって「タクシー」と「ハイヤー」それに「海上タクシー」は、仕切りなどの感染対策が講じられていることや、濃厚接触者であることを伝えた上で予約をするといった一定の条件のもと認めるとしました。

東京都や国の相談窓口

東京都は大学や高校の入学試験を受ける受験生と保護者を対象とした相談窓口を設置しました。
相談できる内容は、無症状の濃厚接触者が受験を認められる場合の条件、別室での受験や追試験を受ける場合の申請方法、それに公共交通機関が使えないことで受験会場までどうやって行けばいいのかなど受験生の不安全般についてです。

東京都の相談窓口
□大学受験用 03-5320-7086
※高校受験用 03-5320-7087
受付時間   午前9時から午後8時
土日祝日を含む毎日

また地域によってはタクシー会社が限られるなど手配できない事態も想定されることから、文部科学省では相談窓口の専用ダイヤルを設け、国土交通省とも連携しながら手配をサポートすることにしています。

大学等の入試の場合(共通テスト等)
電話:03-6734-3317
   03-6734-3321
   03-6734-3323
   03-6734-3343
   03-6734-3763
メール:gaknyusi@mext.go.jp

受験当日の注意点は?

共通テストを実施する大学入試センターが挙げている受験上の注意点です。

□「健康観察記録」に記入した上で試験当日に持参
□ 体調不良の場合は無理をせず追試験の申請を
□ 試験中に激しいせきをしている場合などは、追試験の申請も
□ 会場内では常にマスクを正しく着用 
□ フェイスシールドやマウスシールドのみでは受験不可
□ 休憩時間や昼食の際は会話を極力控える
□ 入退室のたびにアルコールなどで消毒を
□ 換気のために窓を開けることがあるため上着など防寒着を持参

2週間ほど前から体温を測定して健康観察を行い「受験上の注意」の冊子にある「健康観察記録」に記入した上で試験当日に持参すること、 体調不良の場合は無理をせず追試験の申請をすること、試験中に明らかに激しいせきを何度もしている場合などは、症状を確認後、追試験の申請をしてもらうこともあるとしています。
 

その上で、会場内では常にマスクを正しく着用し鼻と口の両方を確実に覆うことを求めていて、フェイスシールドやマウスシールドのみでは受験できないとしています。
休憩時間や昼食の際は会話を極力控え、入退室のたびに会場に備え付けられたアルコールなどで消毒を行ってほしいとしているほか、換気のために窓を開けることがあるため上着など防寒着を持参するよう求めています。

ページトップに戻る