1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. もっとニュース
  4. 埼玉 上尾「さいたま水上公園」閉鎖を前に“最後の思い出づくりを”

埼玉 上尾「さいたま水上公園」閉鎖を前に“最後の思い出づくりを”

  • 2021年12月13日

大型レジャープールとして建設され「波のプール」などが人気の埼玉県上尾市の「さいたま水上公園」が老朽化のため来年3月で閉鎖となります。
最後の思い出づくりをしてもらおうと12日に記念のイベントが開かれ、訪れた人たちは“たのしい思い出いっぱいありがとう”などと感謝のメッセージや絵を描きました。

“海のない埼玉県に海を”というコンセプトで親しまれた施設

「さいたま水上公園」は、50年前に大型レジャープールとして埼玉県が建設し、“海のない埼玉県に海を”というコンセプトで多くの県民に親しまれてきました。多い時には年間で80万人余りが訪れました。

施設の老朽化により来年3月での閉鎖が決定されていましたが、新型コロナの影響で去年とことしの最後の2年間は、プールの営業ができませんでした。

そこで12日は最後の思い出づくりをしてもらおうと、記念のイベントが開かれました。
人気の「波のプール」では、床や壁に家族連れなどがカラフルな絵や感謝のメッセージを書いて別れを惜しんでいました。

 

小さい時に父親と遊んだ夏の思い出の場所という感じです。

 

たくさん遊んで、たくさん思い出を作ったので、いままでありがとうって感謝の気持ちでいっぱいです。

 

小さいころは子ども用のプールで泳いで、大きくなると、流れるプールとか波のプールに来て、自分が大きくなるとともに成長していくのを感じることができるプールだったかなと思います。10年ぶりくらいに来ましたけれど、すごく懐かしい感じがあります。これから先も愛されるような場所になってほしいなって思います。

 
ページトップに戻る