1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. もっとニュース
  4. オンライン入試ってどうやるの?コロナ禍で千葉県の私立中学校が実施

オンライン入試ってどうやるの?コロナ禍で千葉県の私立中学校が実施

  • 2021年1月21日

新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、千葉県市川市にある私立中学校が、安心して受験してもらおうと、学科試験で全国的にも珍しいオンライン入試を実施しました。でも、オンライン入試ってどうやるのでしょうか?不正行為はどうやって防ぐのでしょうか?

不正行為はどうやって防ぐ?

オンライン入試を初めて導入した市川市にある昭和学院中学校では、不正行為をどのように防止するかや、なるべく会場での受験と同じ条件にするために解答用紙に記入して答えさせるなどの準備を進めてきました。

学校では試験に先立って15日、自宅にいる受験生と学校を実際に試験で使うビデオ通話アプリ「ZOOM」でつなぎ、オンライン入試のリハーサルを行いました。

まず試験の前に、受験生にはパソコンやタブレットのカメラで部屋の中の全体を映し、不正行為につながるものが無いかチェックを行いますが、受験生の中にはカメラの向きがわからず、天井や自分のおなかを映してしまうなどして、試験官が指示してやり直しをさせていました。

また当日、受験生は黒板に表示された問題を端末を通して確認し、解答用紙に書いた答えを自分の端末のカメラの前にかざして試験官のチェックを受けます。
その際、受験生の声は聞こえない状態にするため、試験官の声がきちんと聞こえている場合は手で丸を作るなど、双方向でコミュニケーションをとる方法を確認していました。

リハーサルでは、途中、試験官の声が聞こえなくなってしまったという受験生も出て、インターネットをつなぎ直すよう指示するなど、受験生があわてないよう柔軟に対応していました。

リハーサルに参加した受験生

リハーサルに参加した受験生のひとりを訪ねました。

小学6年のあかねさん
「新型コロナに感染しないか不安だったので、オンライン受験にしました。いつも、塾のオンライン授業でZOOMを使っているので、緊張しないでできました」

あかねさんの母親
「不正のチェックが大変だと思うので、当日は掲示をなるべく外して壁紙の状態で臨みます。ふだん勉強している部屋で受験できるので、落ち着いて実力が発揮できそうなのもオンライン受験のメリットだと思います」

あかねさんは、試験の3日前、入試リハーサルを踏まえて改めて、自分のノートパソコンと母親のスマートフォンをビデオ通話アプリでつないで、試験の練習を繰り返していました。

部屋の全体を見せる練習

部屋の全体を見せる練習や、解き終えた解答用紙をカメラにどのくらい近づければ試験官が見えやすいかなどを確認していました。

あかねさん
「ノートパソコンは重いので部屋を見せるところで落とさないようにしたいです。オンライン試験は初めてなので、解答を見せるところなどで手間取らないようにしたいです」

あかねさんの母親
「娘の方がパソコンに詳しいので、親としては戸惑うばかりですが、すべての実力を出してもらえればと思います」

ZOOMで12人が自宅から算数の試験に

昭和学院中学校では、20日、12人が自宅から算数の試験に臨みました。

受験生たちはまず、パソコンやタブレットなどでビデオ通話アプリの「ZOOM」を使って自宅と学校とをつなぎ、注意事項の説明を受けたあと、1人ずつ30分間の試験を受けました。

まず始めに不正を防止するため受験生に端末のカメラで室内の状況を撮影してもらい、室内に受験生しかいないかなどをチェックしたあと試験が始まりました。

試験は、算数の問題を学校側でプロジェクターに映し出して一定時間だけ表示したあと、生徒が解答をカメラで映して答える仕組みで、受験生たちはいつもと違う形の試験に真剣な様子で取り組んでいました。

試験を終えた受験生
「感染が怖かったのでオンライン試験を受けました。ズームは塾でも使っていて慣れているので緊張しなかったです」

試験を終えた受験生
「自宅から受けられて良かったですが、解答したあとは見直しができないので、その点が難しかったです」

昭和学院中学校教務部長 三部陽祐教諭
「全国的にも珍しい取り組みで試行錯誤しながら準備してきましたので、無事に終わって良かったです。今回の試験をきっかけに、オンラインの可能性がさらに広がればいいと思います」

専門家「大人が思っている以上に子どもたちは慣れている」

中学受験の事情に詳しい 森上教育研究所の森上展安代表
「すでに入試でオンラインで面接試験を行う学校はあり、学科試験についてもオンラインで受験ができれば、コロナ禍では基礎疾患のある受験生の安心にもつながる。オンライン授業については現状でかなりの私立学校や塾で導入が進み、大人が思っている以上に子どもたちは慣れていることもあり、今回の昭和学院中学校での取り組みを参考に、今後、オンライン入試を導入する学校が出てくると思う」

 

ページトップに戻る