MIRAIMAGINE

Menuメニュー
Clip

メニューを開きます

MIRAIMAGINE

Menuメニュー
Clip

メニューを開きます

築地を支える運搬 ~伝統の“小車”~

クリップ
ページを保存しました。画面右上から保存したページを一覧でみれます。
まちの未来
つくる売る食べる
ひるまえほっと
東京
2016年12月3日

左から、島津有理子アナウンサー、清水明花キャスター

築地市場を長年支えている運搬車についてです。市場内部では、いまは電動のターレが物流の主流になっている一方で、人力の台車“小車”も使われ続けています。小車は昭和30年頃に“大八車”と呼ばれるリアカーのような台車を、築地独自に小型化し生まれたとされています。伝統の道具を使い続ける現場を取材しました。

■日本の台所を支えてきた小車

日本の台所、築地市場。開場は昭和10年です。野菜を扱う青果。そして魚を扱う水産の2つの市場があり、1日2700トンの生鮮品を扱っています。東京ドーム5個分にもなる巨大な市場です。

ここで長年運搬を担っているのが手押しの台車、小車です。60年近く市場の物流を支えてきました。横幅は70センチ。1トン近くまでの荷物を運べるといいます。

特に使われているのが、水産仲卸が集まる区画。500を超える店が所狭しと並ぶ場所です。店と店との間は、狭いところでは人がすれ違うほどしかありません。小車は細い通路に向いていて、客が買い付けた水産物を車に積み込む場所まで迅速に運べます。

一見簡単に扱えそうに見えますが、実はコツをつかまないと、難しいんです。小車を使って36年、エビの仲卸、加藤廣さんに教えてもらいました。まずは、積み込み方。

「前から積んでいかないといけない。ちなみにこうやって後ろに積むと、ほら。だーっと上がっちゃうわけ」
シーソーのように、支点が1か所のため、前後のバランスが重要です。バランスが崩れると、腰や腕に大きく負担がかかります。また、市場の地面にはところどころ“穴”が。車輪がはまっても簡単には崩れない積み方が考え出されました。

「いちばんいいのはこうやってかませながら積んでやると荷物が崩れにくい。多い時はこれくらい、自分の背の高さより積むわけ。よっぽどうまく積まないと」

熟練すると、片手をそえるだけで自在に操れるようになるのだそうです。これは、100キロほどの荷物を積んでいる状態です。

■運搬の主役は立ち乗り型運搬車ターレ

最盛期は2000台ほどが使われていたという小車。新たな運搬車の登場で、いまでは400台ほどに減少しました。
いま運搬の主役を担うのは、“ターレ”と呼ばれる、立ち乗り型の運搬車です。混み合う市場の中を縦横無尽に走るターレ。どんな風に動いているか気になりますよね。その仕組みを、ターレの修理を手がける中島さんに聞きました。

中島さん「これがアクセル」
清水「ここがアクセル?押し続けている間は進むと」
中島さん「そういうことです。これが前進でこれがバック」

2トンの荷物も運べる馬力ですが、燃料は環境に配慮した、電気エネルギー。8時間でフル充電になります。

清水「市場を支える乗り物ですね」
中島さん「そうですね。1台動かないとその分、荷物が運べない。そうするとトラックに乗せるのも遅くなる。トラックが出るのも遅くなる。消費者のところに行くのに新鮮なものがちょっとでも遅れちゃうとよくないのではないかと思って」

■貴重な生マグロの運搬は小車で

市場が活気あふれる朝早く。いまも小車が活躍する現場があります。築地の花形、生マグロのセリです。競り落としたマグロを、店まで運ぶ役目です。

1本数百万円にもなる、生マグロ。荷台が傾く小車なら、傷つけることなく、滑るように載せられます。

台の表面が魚の肌に優しい〝木材〟であること、人力のため振動が少ないことなど。貴重なマグロの運搬は小車にしか任せられないという仲卸もいます。

飯田さん
「捕った人たちも思いがあって丁寧に扱って築地まで運んできたものを、最後の最後、僕らが買って、ドンと置くのはあり得ないことですもんね。傷があればその部分は商品として価値がないし少しでもソフトにあまり衝撃を与えずにここまで運んできたいという気持ちは強いです」

続きを読む

関連のページ

首都圏NEWS WEB 関連記事

人気のページ

Twitter公式アカウントで更新情報をチェック

@nhk_shutoken

別ウィンドウで開く

※NHKサイトを離れます