MIRAIMAGINE

Menuメニュー
Clip

メニューを開きます

MIRAIMAGINE

Menuメニュー
Clip

メニューを開きます

武井壮が挑む! パラスポーツ ~車いす陸上・勝負編~

クリップ
ページを保存しました。画面右上から保存したページを一覧でみれます。
五輪・パラ
武井壮が挑む!
ひるまえほっと
千葉
2017年6月9日

百獣の王・武井壮さんが、さまざまなパラスポーツに挑戦します!
今回は、車いす陸上。前半では、武者修行をしました。
(前半:武井壮が挑む! パラスポーツ ~車いす陸上・修行編~)
後半は、選手たちとレースで真剣勝負をします。

左から、竹澤知位子リポーター、武内陶子アナウンサー、武井壮さん

(竹澤リポーター)
武井さんといえば、学生時代に十種競技で日本チャンピオン、それから2年前の世界マスターズでは金メダルと、現役バリバリの選手です。
その身体能力には、前半でも選手やコーチがとても驚いていましたが、それでも初心者にはコーナーリングは難しいということで、レースは直線距離、そして武井さんが得意な短距離100メートルです。

(武井さん)
コーナーリングは、僕がミスをして接触などしてしまうかもしれませんから、いちばん得意なスプリント、100メートルで勝負を挑んできました。
後半のレース、ガチンコ勝負をご覧ください!

■過去に敗れた中山和美選手とのリベンジマッチ

武井さん「だいぶ楽しみはわかってきたけど、やっぱりレベルの差が! 勝てない絶対」
花岡さん「樋口選手だと差がありすぎると考えてしまうかもしれないので、相手を変えたほうが」

武井さん「そうですね。樋口さんは世界4位でしょ? そんなの無理に決まっている。いきなり俺がジャマイカの選手と100メートル走るようなものでしょ。それは無理。土台無理! レースを100メートルやりたいんですけれども、いちばん弱いやつとやっていいですか?」
花岡さん「うちのチームのいちばん弱いやつとやりますか」

ということで、相手選手を探します。

武井さん「会ったことある人いる! あの女子の人、会ったことある。前に対戦してボコボコにされました!」

中山和美選手。10年前、脊髄の病気になり両足に麻痺があります。

武井さんにとって、中山選手とは忘れられない過去が…

1年半前、とある番組で軽く勝負することになった2人。
“おれのパワーをみせてやる! いくぜー! ぶっちぎりだぜ!” と思ったら…

結果は完敗。まったく歯が立たず、だったそうです。

対戦のあと、中山選手はリオパラリンピックにも出場。
予選敗退しましたが、東京でのメダルをめざしています。

武井さん「私もあの頃とは違いますから、タイトルもとっていますし、成長しています」
花岡さん「今日はリベンジできますか?」
武井さん「リベンジします!」

花岡さん「100メートル1本勝負リベンジマッチ、武井壮 対 中山和美!」
中山選手「超緊張する!」

花岡さん「オンユアマーク! セット、ゴー!」

武井さん「全然追いつかない!」
    「あー負けた、惨敗! あ~全然勝てないじゃん!」

■競技歴2年目の “初心者” 馬場達也選手との対戦

武井さん「もうちょっとスローな人いません? くやしいよ… こんなに負けたことないんだから、陸上で。トラックでこんなに負けたことない」

武井さん「誰か来た!」
花岡さん「『見ていたら、俺でもやれるのでは?』って、そんな雰囲気らしいので」
武井さん「マジで?」
花岡さん「うちのチームでは、いちばんの初心者ですから」

競技歴が浅い、まだ2年目の馬場達也選手。脳性まひの障害があります。
今記録が伸びている期待の新星です。

武井さん「よし!絶対勝つ! 俺さっき見てたんです。練習の時に1人だけ引き離されて、だいぶ後ろ走っていたの」
中山選手「バレちゃった」

武井さん「あの人、正直言って遅いでしょ?」
花岡さん「そうですね」
武井さん「よし! いける!」
花岡さん「サバンナだったら食べられているタイプ」
武井さん「そうでしょ? すぐ食われる」

サバンナではありませんが… 勝負です!

花岡さん「オンユアマーク! セット、ゴー!」

武内アナウンサー「リードしている!」
武井さん    「ほら!」

武内アナウンサー「あ~、一瞬で…」

武井さん
「あ~、もう勝てない! 全然勝てないじゃないか! 何であれしかスピード出ないの? スタートはリードしていたのに!」

武井さん「馬場ちゃん、速いじゃん!」
花岡さん「馬場ちゃん、速かったですね~」
武井さん「馬場ちゃん、上達してるじゃん!」

花岡さん「最初、出遅れたけどね」
武井さん「スタート5メートルまでは俺がリードしていた。5メートル走だったら俺が勝ちでしたね」
武井さん「何であんなにスピード出ないの、俺」
花岡さん「すごく技術が重要なので」
武井さん「効率ですか?」
花岡さん「効率、大事ですね。力んで押しても進まないので」
武井さん「そう全然進まない。深い! これは深い! 力じゃないんだ」

花岡さん「海外の選手との体力差を技術で埋めることができるので、それがこの競技のおもしろいところですね」
武井さん「非常にテクニカル。フィジカル(肉体)だけで勝負がつくようなものではないということが、この3本でよくわかった」

武井さん「レース感というか、操作したりするから、コーナーリングを。カーレースやバイクレースみたいな、そういう楽しみの感覚もある。陸上に車を運転するゲームを足したみたいな、そういう楽しさがある。ゲーム大好きな子で体力自慢がいたら、これオススメです。ぜひ1回体験してもらいたい。はまる人はメチャクチャはまる!」

■東京パラリンピックに向けた選手たちの目標は

有望な選手たちに今後の抱負も聞きました。

武井さん「皆さん、東京への目標をひと言ずつもらっていいですか?」
樋口選手「次(パラリンピックは)3回目になるので、出るだけじゃなく、しっかり今度こそ持って帰って」
武井さん「はっきり言葉にしてもらっていいですか?」

樋口選手「トップの選手と互角に走れる実力をつけて、金メダルめざしたいですね」
武井さん「金メダル宣言、ありがとうございます。でも全然言っていいと思います。言って、もし(メダル)とれなくても、なんだっていうことだから。(メダルに)むかってのぼっていっていれば、絶対いいことだから。俺は(金メダル)とってくれると信じています」

花岡さん「(メダル)めざさないやつはとれない」
武井さん「そうなんですよ。馬場ちゃん、どうよ?」

馬場選手「自分も東京(パラリンピックの)出場権は欲しいかなと思います」
武井さん「欲しいかな?」
馬場選手「欲しいかな… 欲しいです!」
花岡さん「自分でとるんだよ!」

武井さん「馬場ちゃん、大丈夫だよ。俺も陸上十種競技はじめてから、3シーズン目で日本一になった。いける! 全然いける! 俺から1勝しているんだから。“俺、武井壮に勝ってますから” って公言してください。そしてパラリンピック出場めざしてください」

武井さん「コーチ、ありがとうございました。今日はどうもお世話になりました。また機会があれば」

武井さん「2連敗ですけど、また勝負させてください」

花岡さん
「シンプルなスポーツなので、見て単純におもしろいな、すごいなと(思ってほしい)。障害によってクラス分けがあったり、それを知ればもっとおもしろくなるんですけれども、まずは競技場に来て、レースの雰囲気やすごい試技に関して歓声を送ってもらえると非常にありがたいですね」

「武井さん、今日はありがとうございました。ぜひパラ陸連の合宿に、コーチとして来てください! よろしくお願いします」

■武井さんが語る車いす陸上の魅力とは

(武内アナウンサー)
武井さんと選手の皆さんの心の交流がとてもすてきだったんですけれども、馬場選手に「3シーズン目で日本一になったから、大丈夫だよ」と言ったら、目の色が変わりましたね。

(武井さん)
彼はまだ2年目なので、他の選手と比べるとウォーミングアップでも引き離されて、後ろのほうを走っているぐらいなんですけど、どんどん実力が伸びていて、東京パラリンピックへの夢を持っているし、その先のパラリンピックに向けてもチャンスのある選手なので、がんばってほしいですね。何よりもまっすぐな性格がかわいい子で、何か言葉をかけると素直に受け止めてくれるので、伸びてくれそうな選手だと思いました。
まっすぐ競技に向き合えるというのは、アスリートのいちばんの才能だと思います。

(武内アナウンサー)
武井さん、ずっとくやしがっていましたけど、最後は本当に爽快な笑顔で、「あ~楽しい!」とおっしゃっていましたけど、あらためてこの競技の魅力はどういうところでしょうか?

(武井さん)
体験しているときも言っていましたけど、フィジカルを鍛えていってスピードを競う陸上競技の楽しさと、やっぱりマシンですよね。レーサーを操作して、ああいう自動車みたいなものを自分の動力として動かしていく、そしてゲーム的な要素もありますし、そういったことが複合的に合わさった種目なんですね。シンプルにただこいで周りの選手と競争しているだけでも楽しめるし、健常者で筋力も身体能力も高い僕みたいな選手がチャレンジしても、まったく歯が立たないくらいの技術レベルの高いアスリートが多いんですね。シンプルなだけに、その技術の濃さやレベルが高い、すばらしい競技になっています。

■ほとんど解明されていない車いすの速さの仕組み

(竹澤リポーター)
今東京パラリンピックにむけて、国のサポート事業がおこなわれていまして、成果をあげるための研究が進められています。
花岡さんもさまざまな測定を重ねて、ほとんど解明されていない車いすの速さの仕組みを、系統立てて強化につなげられたらとおっしゃっていました。

(武内アナウンサー)
まだわからないことがいっぱいあるんですか?

(武井さん)
まだ競技の歴史が浅いので、どういうこぎ方をどんな力の向きで、車輪についているバーにどんな力が加わって、車体にどんな重みが加わるとスピードが出やすいのか、そういったことをどんどん科学的にアクセスしていって、より速く走れる技術の体系を日本のチームで共有していきたいとおっしゃっていました。

(竹澤リポーター)
ぜひ武井さんにも協力してもらいたいともおっしゃっていました。

(武内アナウンサー)
花岡さんが「コーチとして来てください」っておっしゃっていましたね。
武井さんは、どうやって勝てるかというのを気温から記録から全部研究されるんですよね。

(武井さん)
自分の体を思ったとおりに動かせなければ、すべての結果は偶然になってしまうので、4年に1度の大会に偶然で勝負するのか、それとも自分の体を思ったとおりにコントロールして最高のコンディションで迎えられるのかは、たぶんメダルの可能性もだいぶ変わってくると思います。

続きを読む

関連のページ

首都圏NEWS WEB 関連記事

人気のページ

Twitter公式アカウントで更新情報をチェック

@nhk_shutoken

別ウィンドウで開く

※NHKサイトを離れます