MIRAIMAGINE

Menuメニュー
Clip

メニューを開きます

MIRAIMAGINE

Menuメニュー
Clip

メニューを開きます

太陽光で調理 “ソーラークッカー”

クリップ
ページを保存しました。画面右上から保存したページを一覧でみれます。
防災減災
避難・備蓄
首都圏ネットワーク
栃木
2017年6月28日

太陽の光を集めて調理する「ソーラークッカー」。
主に発展途上国で使われてきたものですが、日本では環境に配慮した調理道具、さらには災害時にも使えるのではないかと注目が集まっています。

■ガスや電気がなく燃料不足に悩む国で活用

ぎらぎらと照りつける太陽。
この太陽の光を使って調理をしようというのが、こちらの「ソーラークッカー」です。
ガスや電気が無く、まきなどの燃料も足りない国で使われています。

ソーラークッカーの研究開発に取り組む、足利工業大学の中條祐一教授です。
中條教授は「熱源もない、だけど何かちょっと火を通したいとか、加熱したい、温めたいという希望がある時には、非常に有効な手段だと思います」とメリットを強調しました。

■熱がたまりやすい黒い容器を使うのがポイント

実際にどのような料理ができるのか、ケーキを焼いてみます。
ポイントは熱がたまりやすい黒い容器を使うことです。

それを箱形のソーラークッカーにセットします。
中條教授は、晴れていれば調理が可能な温度を維持できるため、さまざまな料理を作れるといいます。

ほかにも「豚バラ肉のグリル」と「カレー」も作りました。
生のままの材料を混ぜて、ソーラークッカーに入れました。

■約1時間後、しっかりと火が通り料理が完成

この日は、ほとんど雲のない快晴でした。
およそ1時間後、中條教授がケーキの材料を入れた容器のふたを開けてみると…。

中條教授「これはもう確実にできてるんで、あとは食べるしかないですね」

まずはケーキが完成しました。
試食してみると、しっかり火が通っていました。

それからさらに30分たつと、豚バラ肉もしっかり焼き上がりました。
カレーも煮込むことができました。

ただ、日本では天候の関係で、1年のうち使えるのは200日程度だということです。
中條教授は「365日のうちの200日を多いと取るか、少ないと取るかだと思います。持っているか、持っていないかよりは、そういうものがあると知っているか、知らないかだと思います」と説明しました。

■用途別にさまざまなタイプのものを使い分け

取材に当たった宇都宮放送局の田中絵里記者は、次のように話しています。

(田中絵里記者)
ソーラークッカーにはいろいろなタイプがあります。例えばパラボラアンテナのような形のものは、太陽光をたくさん集める機能にすぐれています。加熱する力が強いので、いろいろな料理に使えます。

一方、箱形のものは光を集める力は強くありませんが、保温機能が高く先ほど作ったケーキのほか、煮込み料理などに向いているということです。

その中間に位置するのが、パネルを組み立てたような形のものです。

田中絵里記者

お湯を沸かすのにかかる時間については、ソーラークッカーの形や天気で変わってくるのですが、中條教授によりますと、夏場でそれほど冷たくない水であれば1リットルの水を30分から1時間ほどで沸騰させられるということです。ちなみに冬場も使えますが、外気が冷たく熱が逃げやすいので時間はかかります。

■段ボール箱とアルミはくで自作する方法

栃木県内では普及に向けた取り組みも進んでいます。足利工業大学がある栃木県足利市では、環境教育の一環として小学校でソーラークッカーの授業を行っています。

ソーラークッカーは、段ボール箱を使って自分で作ることができます。
箱は、高さのあるものを使うのがポイントです。

まず、段ボールを解体します。
底の3分の1くらいに切り込みを入れます。

組み立てるためのパーツは、切り取ったふたの部分を使います。全体にアルミはくを貼って一晩乾かします。これを組み立てます。

組み立てのポイントは、「両脇のパネルの角度を60度に」。
中條教授によると、この部分の角度を60度にすると、中に入れる鍋に光があたりやすいということです。

角度を保つようにクリップなどで止めます。これで完成です。

「あとは中に調理したいものを置けばいいんですけども」と中條教授。
太陽の向きに合わせて、置き方を変えて使います。

ソーラークッカーは、段ボールとアルミはくで簡単に作れますので災害時にも役立つのです。
中條教授は、平成17年に起きたパキスタン大地震の際、実際に現地のテント村に赴いて、ソーラークッカーの使い方と作り方を教えたということです。
中條教授は「こういう道具がある」と知っていることで、災害時にも安心につながるのではないかと話していました。

ただ、使用時の注意点があります。
まずは容器が熱くなるので、やけどに気をつけること。そして、集まった光を直接見ないようにということでした。

いちごどーもくん宇都宮放送局ホームページ別ウィンドウで開く

関連のページ

首都圏NEWS WEB 関連記事

人気のページ

Twitter公式アカウントで更新情報をチェック

@nhk_shutoken

別ウィンドウで開く

※NHKサイトを離れます