MIRAIMAGINE

Menuメニュー
Clip

メニューを開きます

MIRAIMAGINE

Menuメニュー
Clip

メニューを開きます

仕事場でも子どもといっしょ! 働く母親向けの新サービスとは

クリップ
ページを保存しました。画面右上から保存したページを一覧でみれます。
仕事と子育て
子育て
首都圏ネットワーク
東京
2016年6月30日

資格を持つなどしてフリーランスで働く人や自営業の人たちがスペースを借りて仕事をする「シェアオフィス」。
その「シェアオフィス」と子どもを預かる「保育サービス」が一体となった施設が次々と登場し、人気を呼んでいます。
待機児童の減少や、母親のワークライフバランスの見直しにつながると期待されています。

■保育士が常駐、子どもを預けられるシェアオフィス

一見おしゃれなカフェのように見える、東京都世田谷区にあるこの部屋。
パソコン1つ持ち込めば仕事ができる“シェアオフィス”です。

利用しているのは、資格を持ち働く個人事業主や、フリーランスの女性たち。
ここで翻訳したり企画書を書いたりと、それぞれの仕事をしています。

ところが、どこからともなく子どもの声が。
実は、母親が仕事をしている間、下のフロアで子どもを預かってくれます。
資格を持った3人の保育士が常駐していて、現在、30組の親子がこの施設を利用しています。

利用者の母親は「とても助かっています。子どもの様子がうかがえるのが最大のメリットかなと思っています」と話し、別の母親は「家だと、子どもが泣いたとなったら、自分の考えていたことは頓挫して、そっちにいってしまう。集中できるのは非常に重要ですね」とメリットを強調していました。

■子どもの様子を確認しながら仕事ができるのが魅力

1年前からここに通っている、税理士の笠置まりこさん(36)です。

ここに通うのは週に3日、午前中だけ。
月に40時間の利用で、3万9200円です。
子どもの様子を確認しながら仕事ができるのが魅力のひとつです。

笠置さんは「子どもの成長ってすごく著しいじゃないですか。そういうのを近くで感じながら仕事もできて、心地よい距離感ですね」と話しています。

■長男が待機児童になり、会社を辞め自宅で開業

以前、経営コンサルティング会社に勤めていた笠置さん。
長男を出産後、認可保育所に申請しましたが入れず、「待機児童」となってしまいました。

笠置さんは会社を辞めざるをえなくなり、税理士の資格を生かし自宅で開業することにしました。

しかし、笠置さんが仕事をしていると、2歳のえりかちゃんが「ママ、クマさん・・・」と話しかけてきます。
「クマさん描けたの、上手に描いたね」と、仕事の顔から母親の顔へと変わります。
幼い子どもがそばにいると気になり、全く仕事になりません。

そんな時に見つけたのが、この「保育サービス付きのシェアオフィス」。
必要な時間だけ利用できるので、自営業の笠置さんには便利だと言います。
笠置さんは、これ以上認可保育所に申請する必要もなくなり、結果的に「待機児童」の解消にもつながりました。

笠置さんは「自分にとっては育児と仕事をちょうどいいバランスでできる場所が見つかったのは、ものすごく満足しています」と話しています。

■ライフスタイルを見直す母親たちも

子どもの近くで働くことで、ライフスタイルを見直す母親たちもいます。
1歳8か月の娘、幸ちゃんがいる市原史帆さん(34)です。
市原さんは、毎朝保育施設に子どもを預けると、階段を下りてすぐ下の階にあるシェアオフィスで、育児情報を提供するホームページを作る仕事を始めます。

午前中は打ち合わせやホームページの作成などに集中。
昼食は子どもやここに通う親子と一緒にとり、午後は子どもと過ごします。
以前は大手企業に勤めていて、朝9時から深夜まで働いていた市原さん。
働き方を変えたことで収入は減りましたが、仕事も子育ても一緒に行うこの生活は、何物にも代えがたいといいます。

市原さんは「ライフスタイルががらっと変わったと思うんです。仕事だけじゃなくて、子どもと一緒に過ごせて、新しい人間関係ができて、その全部がいま自分にとってとてもプラスになっている」と充実している様子です。

■母親たちに働き方の新たな選択肢を

シェアオフィスを経営していた会社が、母親たちのニーズを受けて始めたこのサービス。
ここで、母親の新しい働き方が生まれているといいます。

保育サービス付きシェアオフィス代表の竹沢徳剛さんは「今まで『保育園に入れてバリバリ働くか』『仕事をやめて家で子どもの面倒見るか』っていう、二者択一を選ばなきゃいけない母親たちが多かったと思うけど、その両方をとっちゃえばいいじゃないかと。新しい選択肢を提示していけるのでは」と、この事業の意義を強調します。

仕事と子育てのバランスを大切にしたい。
「保育サービス付きシェアオフィス」は、若い母親たちの共感を呼んでいます。

現在、保育サービスが受けられるシェアオフィスは、都内には6か所ほどあります。
受けられるサービス内容や料金は違っているので、確認が必要ということです。

続きを読む

関連のページ

首都圏NEWS WEB 関連記事

人気のページ

Twitter公式アカウントで更新情報をチェック

@nhk_shutoken

別ウィンドウで開く

※NHKサイトを離れます