MIRAIMAGINE

Menuメニュー
Clip

メニューを開きます

MIRAIMAGINE

Menuメニュー
Clip

メニューを開きます

ICタグで安否確認 自主防災組織の取り組み

クリップ
ページを保存しました。画面右上から保存したページを一覧でみれます。
防災減災
避難・備蓄
新潟ニュース610
新潟
2015年9月10日

地震など、大きな災害が発生した際、課題となるのが住民の迅速な安否確認です。
こうしたなか、長岡市内の自主防災組織が情報通信技術を活用した取り組みを始めました。

使うのは、「ICタグ」。大きさはカードサイズです。
さまざまな情報を記録できる電子回路が組み込まれています。
この「ICタグ」を使った独自の避難訓練に取り組む長岡市の自主防災会を取材しました。

■自主防災組織で「ICタグ」を使った避難訓練

長岡市の郊外にある住宅地、青葉台地区です。

9月6日、この地区の避難訓練で初めての試みが行われました。
集まった住民たちは、胸のゼッケンの右下にカードサイズの「ICタグ」を身につけています。

避難所の入り口に見立てたテントを、「ICタグ」を身につけた住民たちが通っていきます。

すると、テーブルに置かれた専用の読み取り装置が、「ICタグ」から発信される住民の情報を読み取っていきます。

住民が通るたびに、その人が誰なのか瞬時に判別し、パソコンの画面に情報が表示されます。まだ避難していない人の場合には、「安否未確認」と赤い文字で表示されます。

地区の自主防災会で役員を務める神田英一朗さんです。
ソフトウェアを開発している神田さんは、同業者とともに「ICタグ」を活用するためのシステムを作りました。

「誰が今、避難していなくて安否が未確認なのか、そういうことをどんどん追求していくほうがはるかに有益なんです。未確認者をしぼっていくことができるシステムを作らなくてはいけないと思ったんですね」。

■新潟県中越地震では住民の安否確認に半日以上

きっかけは11年前の新潟県中越地震でした。
地区にあるほとんどの家屋に被害が出ました。

町内に住む300人あまりが地区の小学校に避難したものの、避難できていない人については、全く把握できなかったというのです。

これは11年前の「新潟・福島豪雨」で書かれた避難者名簿です。

中越地震の時、青葉台地区では一人一人の安否を確認するのに半日以上かかりました。

「不要な手間が何時間もカットされますね。我々としても、もうそんなことは(ICタグに)任せていって、未確認者の救護に向かえるということですね。なるべく早く住民が(未避難の人に)気がついてあげて、助けてあげられることができれば、1人でも2人でも命が守れますので」。

■訓練では100人の安否をわずか5分で確認完了

そこでまず始めたのは、あらかじめ町内の住民一人一人の情報を集めることでした。
700人以上から得た名前や住所などの個人情報。
それを1人ずつデータ化するシステムを作りました。

そして、これまで避難者名簿を手書きで記入し、集計していく手間を、「ICタグ」に託すことにしました。

その効果を試そうと、住民も参加して行われた避難訓練。
「ICタグ」を持った100人の安否をどれだけの時間で確認できるかに注目しました。

結果は、わずか5分ですべて確認を終えることができたのです。
あらかじめ決めていた「安否未確認者」もすばやく特定できました。

■タグの携帯方法や個人情報の管理などの課題も

神田さん
「ちょっと待って、読めてないです」。

一方で避難者をスムーズに認識できない場面も見受けられました。

神田さん
「ここのところを指でさわったりすると読めないですね」。

「ICタグ」をポケットに入れていたからです。
災害時にタグをどうやって携帯するか課題が残りました。

訓練を終え、視察に来た防災の専門家たちからも指摘が出ました。

視察に来た防災の専門家
「そもそも自分の(ICタグ)をちゃんとつけてきて、という前提があるんですね。間違っておばあちゃんのつけてきちゃったとかね」。

また、実用化には個人情報の管理など、さらにシステムへの信頼を高めていくべきだと指摘されました。

「個人情報をネット上に置くのが前提なので、セキュリティーの確保をどうするのか。そして非常時にあまりにもセキュリティーを確保していたら使えないですから、そのあたりをこれからいろんな方にも教わりながら、いいものにしていきたいと思っています」。

災害時の住民避難をより早く、より確実に確認するための「ICタグ」。
今後の実用化に向けた取り組みが注目されます。

■国の研究機関でも実証実験が行われていく予定

左から、宇賀神唯キャスター、飯島徹郎アナウンサー

(宇賀神キャスター)
災害時は皆さん混乱していますから、これだけスムーズに安否確認ができるというのはいいですよね。

(飯島アナウンサー)
わずか5分で読み取りが終わったということですけれども、いかに未確認者を特定して、なるべく早く救護に向かうか、というところにつなげることで言えば、本当に画期的な取り組みだと思いましたね。

(宇賀神キャスター)
このICタグ1枚で、持っていくのも簡単に手に取れますし、ただどういうふうに携帯していくのか。

(飯島アナウンサー)
そうですね、常日頃どう携帯していくのかが少し問題になりそうだなという気がします。

(宇賀神キャスター)
ただ、訓練のおかげでこういった課題も見えてきて、ますます便利になりそうですね。

自主防災会の取り組みは、防災技術の向上を図る国の研究機関でも今後、実証実験が行われることになっているということです。

ときたんとどーもくん新潟放送局ホームページ別ウィンドウで開く

関連のページ

首都圏NEWS WEB 関連記事

人気のページ

Twitter公式アカウントで更新情報をチェック

@nhk_shutoken

別ウィンドウで開く

※NHKサイトを離れます