ページトップへ

おすすめ

2019年6月25日 命を守れ!大雨災害に備える
大雨や、それに伴う災害が起こりやすくなる季節。去年は西日本豪雨、おととしには九州北部豪雨で多くの命が失われました。命を守るために大切なのは「早めの避難」です。今日からできる大雨災害への備えをお伝えします。

問い合わせ

▼出演者

日本防災士会 防災士 正谷絵美さん
全国各地で災害への備えについての講演活動や、避難所での避難活動を行っています。

▼5段階の大雨警戒レベルについて


詳細については気象庁のHPでご確認ください。

▼避難グッズのチェック



▼ハザードマップを使って避難場所の確認



▼避難場所まで歩いてみよう


※今回は「都市型水害」と呼ばれる集中豪雨でマンホールから水があふれ浸水したという水害を想定しています。
 河川の氾濫の場合は避難場所や避難の方法が変わることがあります。
 いろいろな水害を想定し、いくつもの選択肢を持っておくことが大切です。

▼お住まいの地域のハザードマップについて

詳細について市区町村のHPでご確認ください。
東京都については、東京都建設局のHPからもダウンロードできます。