1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. ひるまえほっと
  4. いま旬市場 夏の白身魚の代表格「スズキ」・甘くてジューシー「すもも」 絶品料理もご紹介!

いま旬市場 夏の白身魚の代表格「スズキ」・甘くてジューシー「すもも」 絶品料理もご紹介!

  • 2022年6月24日

豊洲市場から旬の食材を紹介します。夏の白身魚の代表格、やわらかくてあっさりとした「スズキ」と、甘酸っぱくてジューシーな「すもも」です。

スズキ(宮城県産)

東京湾でよくとれ、千葉県が日本一の水揚げを誇る。
スズキは成長するにつれて呼び名が変わる出世魚で、場所により多少違いがあるが、関東地方では、セイゴ→フッコ→スズキと名前が変わっていく。
大きいものでは1メートルぐらいまで成長する。

■旬
6月~8月ごろ(梅雨入りから夏にかけて)

■見極めのポイント

・目が澄んでいるもの

・太っていてツヤやハリがあるもの
・エラが赤いもの

■おすすめの食べ方


『スズキのフライ』~中はふっくら、外はサクッ♪~

小麦粉・卵・パン粉の順に衣をつけて、180℃に熱した揚げ油できつね色になるまで揚げる。


『スズキのバター焼き』~皮目のおいしいところをいただく♪~

塩・こしょうを軽くふり、小麦粉を薄くまぶしたスズキを、バターを熱したフライパンで、中火でこんがり両面を焼く。


■スズキの紹介

豊洲水産市場 仲卸 釼持龍一さん
「旬を迎えて、ますますおいしくなるスズキを、みなさんいっぱい食べてください」

すもも(和歌山県産)

主な産地は、山梨県、長野県、和歌山県など。

■旬
6月~8月ごろ(出荷のピークは7月)

■見極めのポイント

・表面にしわ・黒ずみがないもの
・色づきがしっかりしているもの
・表面にうっすらと白い粉(ブルーム)が付いているもの
※白い粉(ブルーム)は、果物自身が乾燥や雨などから実を守るためにつけているもので、これがあると鮮度がよい証拠。

■保存方法

・緑色が濃いもの … 直射日光のあたらない場所に置いて、常温で追熟させる。
・色づきはじめたもの(熟したもの) … 冷蔵庫の野菜室に入れる。

・すももは冷凍保存できる。ポリ袋に入れてから冷凍庫へ。
※長期冷凍保存すると霜がついて味が落ちるので、1か月を目安に食べきる。

■おすすめの食べ方


『すももアイスクリーム』

<材料>
・すもも … 1~2個 ※お好みで
・市販のアイスクリーム(バニラ) … 1個

<つくり方>
1.市販のアイスクリームをやや緩くなるまで溶かしておく。
2.すももは、食感が残る程度に、皮ごとさいの目に切る。
3.アイスクリームとすももをボウルでやさしく混ぜ合わせる。
4.お好みの容器に流し込み、冷凍庫で冷やし固めたら完成。
※すももは乳製品との相性がよいので、ヨーグルトと合わせるのもおすすめ。


『すももオードブル』

<材料>
・すもも … 2個
・モッツァレラチーズ … 50g
・カマンベールチーズ … 50g
・クラッカー … 10枚
・はちみつ … 適量

<つくり方>
1.すももを食べやすい大きさに皮ごとカットする。
2.クラッカーにお好みのスライスしたチーズをのせる。
3.チーズの上にカットしたすももをのせる。
4.上からはちみつを回しかけたら完成。
※はちみつは、やや少なめがおすすめ。


■すももの紹介

豊洲青果市場 卸 渡瀬智彦さん

「これからいよいよ暑くなってきます。甘酸っぱくてジューシーなすももを元気においしく楽しく食べてください」
ページトップに戻る