1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. ひるまえほっと
  4. 世界15か国で話題の絵本など5冊 中江有里のブックレビュー

世界15か国で話題の絵本など5冊 中江有里のブックレビュー

  • 2022年4月11日

さまざまな人のルーツを知ることが自らの新たな一歩になる。
恋する相手に翻弄される人間の様は滑稽であり、いとおしい。
売られそうな実家の農地を買いゼロから農業を始めるノンフィクション。
相手を思うからこそすれ違う、夫婦の愛の行方。
大きな何かに立ち向かっていく勇気を与えてくれる、文字なし絵本。

新たな季節、勇気を持って一歩を踏み出そう!そんな5冊をご紹介。

【番組で紹介した本】

『あなたのルーツを教えて下さい』
著者:安田菜津紀
出版社:左右社

Yuri’s Point
フォトジャーナリストの著者が、さまざまなルーツを持つ人を取材し、ひとりひとりの人生や思いに迫った一冊。日本にも「多様性」という意識が浸透してきたが、人種や国籍など生まれ持ったルーツによる差別や偏見がいまだにあることを改めて思い知らされる。そんな多様な人々のルーツを知ることで、これからの社会の在り方、構造的な問題、そして自分自身の意識というものが浮き上がってくる。ルーツを知ることが著者自身の新たな一歩にもなっている。「ルーツは与えられるものではなくて、生きてきた毎日」という言葉が印象的。

 

『恋愛の発酵と腐敗について』
著者:錦見映理子
出版社:小学館

Yuri’s Point
ある喫茶店にひとりの男性が現れたことによって、思いがけず女性たちが翻弄されはじめる。おかしくもせつない恋愛模様を描いた小説。恋愛感情はパンの種のように発酵し膨らんでいくが、発酵と腐敗は紙一重。恋する相手に翻弄される人間の様は滑稽であるけれど、愛おしくもある。恋愛感情は目には見えないが、人生を変えたり、新たな一歩踏み出す強力さがある。さらさらと読めて、ちょっと苦い。恋が燃えた後、女性たちはどうなるのか?ドキドキしながら読み終えた一冊。

 

『その農地、私が買います 高橋さん の次女の乱』
著者:高橋久美子
出版社:ミシマ社

Yuri’s Point
愛媛出身、現在は東京在住の著者が、親が売ろうとしている地元の農地を買って農業を始めようと奮闘するノンフィクション。突然父親が農地を太陽光パネルの会社に売ると言い出し、びっくりした著者は、なんとかして守りたいと、あれやこれやとアイデアを絞る。農地を負の遺産と考える父親世代、中小農家の経済的厳しさなど、農業の知られざる現実を知りながら、一歩ずつ行く著者の勢いに圧倒される。ユーモラスで読みやすく、それでいて切実。現在日本の課題を突き付けられる一冊。

 

『求めよ、さらば』
著者:奥田亜希子
出版社:KADOKAWA

志織34歳。夫の誠太は友人から「理想の旦那」と言われ、夫婦生活は安定した温かさに満ちていた。しかしある日突然、夫は失踪してしまう。実は夫には、人には言えない秘密があったのだ…。相手を思うからこそすれ違う愛の行方にドキドキする小説。

Yuri’s Point
夫婦や恋人に限らず人間関係は、お互いの一歩(決断)の積み重ねで成り立っている。この夫婦は、相手が自分を好きかどうかということに自信がない。それぞれの「片思い」を描いているのが魅力。
結果的にどうなったのかは実際に読んで確かめてほしいが、ふたりの純愛が不器用ながらも強く伝わってくる物語。

 

『旅する小舟』
著者:ペーター・ヴァン・デン・エンデ
出版社:求龍堂

2019年にオランダとベルギーで出版され、英語版を始め世界15か国で出版されている話題の絵本。小さな紙の舟が大海原を超えていく壮大な夢物語。人生の旅を続ける私たちに勇気と知恵を与えてくれる。
この作品が著者のデビュー作。子供のころからアートに親しみ生物学を学んだのち、カリブ海域のケイマン諸島でネイチャーガイドをしていた。

Yuri’s Point
モノクロでここまで表現できるのかと驚いた。文字がない画集のような一冊だが、ページを繰るごとに物語が進む。描写が細かいので何度見ても解けない疑問も。文字がないからこそ、いろいろ想像しながら読み進めるのが楽しいし、一方で絵にすい込まれるようにただ眺めていたい気もする。人それぞれの楽しみ方ができる一冊。


【案内人】
☆女優・作家・歌手 中江有里さん

1973年大阪生まれ。1989年芸能界デビュー。
数多くのTVドラマ、映画に出演。02年「納豆ウドン」で第23回「NHK大阪ラジオドラマ脚本懸賞」で最高賞受賞。NHK-BS『週刊ブックレビュー』で長年司会を務めた。NHK朝の連続テレビ小説『走らんか!』ヒロイン、映画『学校』、『風の歌が聴きたい』などに出演。
近著に『トランスファー』(中央公論新社)、初めての翻訳絵本『みんなスーパーヒーロー』(平凡社)、『万葉と沙羅』(文藝春秋)、『残りものには、過去がある』(新潮文庫)など。
文化庁文化審議会委員。2019年より歌手活動再開。

ページトップに戻る