1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. ひるまえほっと
  4. 節分にけんちん汁を味わおう!発祥の地・建長寺直伝の作り方も!

節分にけんちん汁を味わおう!発祥の地・建長寺直伝の作り方も!

  • 2022年1月26日

もうすぐ節分。関東には、節分にけんちん汁を食べる習わしがあります。
元祖・けんちん汁のつくり方や、栄養満点で体を温めてくれるアレンジレシピをご紹介します。

☆発祥の地 建長寺直伝!けんちん汁☆

<材料>(2~3人分)
・昆布 … 10cm程度
・干ししいたけ … 2~3枚
・水 … 1000ml
・ごま油 … 大さじ2
・ごぼう … 30g
・こんにゃく … 1/8枚
・大根 … 40g
・にんじん … 30g
・れんこん … 30g
・酒 … 少々
・里芋 … 30g
・塩 … 適量
・しょうゆ(薄口:濃い口=1:1の割合) … 大さじ1と1/3
・みりん … 少々
・木綿豆腐 … 1/6丁
・小松菜 … 少々

<つくり方>
1.干ししいたけ、昆布を水に一晩つけてだしをとる。
Point:精進料理では肉や魚が使えないため、昆布や干ししいたけでだしをとる。
2.具材を食べやすい大きさに切る。
Point:大根やにんじんは皮をむかない。昔は野菜のくずも集めて、炒めてけんちん汁にしていた。捨てるものはなにもないという禅寺の心が込められている。
3.油をひいた鍋に、ごぼう、こんにゃく、大根、にんじん、れんこんを入れて強火で炒める。
Point:こんにゃくは表面に箸やフォークなどで穴をあけ、お茶わんでちぎって、乾いりしておく。こうすることで味がしみこみやすくなる。

4.酒を加え、野菜の臭みをとる。
5.ここで崩れやすい里芋、だしをとるときに使った干ししいたけ(刻んだもの)を加える。
6.だしを入れ、アクをとりながら、弱火~中火で40分煮込む。
Point:ここから完成までかきまぜないほうが、煮崩れせず上手に仕上がる。
7.塩を加えて、10分ほど置く。
Point:かきまぜずにしばらくおくことでおいしく仕上がる。
8.しょうゆ、みりんを加える。
Point:みりんを加えることで野菜の甘みが増し、味に深みが出る。
9.木綿豆腐を手で崩しながら入れる。
10.ごま油(分量外)を数滴、回しかける。
11.器に盛って、仕上げにゆでた小松菜をのせて、完成。


◆元祖・けんちん汁レシピの紹介

建長寺和尚 三ツ井修司さん

☆茨城の郷土の味 つけけんちん☆

<材料>(4~5人分)
・油 … 適量
・ごぼう … 1本
・ねぎ(青い部分) … 4本
・大根 … 1/2本
・にんじん … 1本
・こんにゃく(大) … 1/2枚
・しいたけ … 6枚
・芋がら … 2~3本
・里芋 … 5~6個
・だし・しょうゆ(4:1の割合で混ぜたもの) … 2000ml

<つくり方>
1.それぞれの具材をやや大きめに切る。
2.鍋に多めの油をひき、強火でごぼう、ねぎの青い部分を入れて炒める。
Point:ごぼう、ねぎの青い部分を先に炒めることで、だしに香りがつき、味がよくなる。
3.大根、にんじん、こんにゃく、しいたけを加える。
4.水でもどし食べやすい大きさに切った芋がらを加える。
Point:芋がらを加えることで香りとだしが出る。
5.里芋を入れる。
Point:里芋は崩れやすいので最後に入れる。
6.だし・しょうゆを加え、弱火で20分煮込む。
7.そば(分量外)をゆでて、完成。


◆つけけんちんレシピの紹介

そば店店主 海老根孝さん 母 ひや子さん

☆簡単!おいしい!けんちん汁のアレンジレシピ☆

【☆呉汁風けんちん☆】

<材料>(2人分)
・大豆(水煮) … 120g
・水 … 120g
・小松菜 … 50g
・けんちん汁 … 茶碗2~3杯分

<つくり方>
1.大豆と水をミキサーにかける。
2.(1)を温めたけんちん汁に加える。
3.小松菜を加える。
4.一煮立ちさせたら、完成。


【☆吉野汁☆】

<材料>(2人分)
・くず … 20g
・水 … 大さじ2
・しょうが … 大さじ1
・大根の葉 … 80g
・けんちん汁 … 茶碗2~3杯分

<つくり方>
1.くずを水で溶き、温めたけんちん汁に加える。
2.すったしょうがを加える。
3.大根の葉を加え、一煮立ちさせたら、完成。


【☆スープカレー風けんちん☆】

<材料>(2人分)
・カレーパウダー … 大さじ1
・水 … 大さじ2
・小松菜 … 50g
・けんちん汁 … 茶碗2~3杯分

<つくり方>
1.カレーパウダーを水で溶き、温めたけんちん汁に加える。
2.小松菜を加えて、一煮立ちさせたら、完成。
Point:うどんなど入れて食べるものおすすめ。


◆けんちん汁アレンジレシピの紹介

精進料理研究家 藤井まりさん

ページトップに戻る