1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. ひるまえほっと
  4. いま旬市場 デコポン

いま旬市場 デコポン

  • 2021年3月9日

豊洲市場から旬の食材をご紹介します。この時期に人気の果物「デコポン」です。

デコポン(熊本県産)

40年ほど前に「清見」と「ポンカン」を掛け合わせてつくられた「不知火(しらぬい)」という品種です。その中でも、糖度と酸味が一定の基準をクリアしたものだけが「デコポン」と名乗ることができます。

■新鮮なデコポンの見極め方
・皮に張りとツヤがあるものを選ぶ
・触った時にフカフカしているものは、傷みが早くなったりするので避けたほうがよい
・こぶの大小によって品質や味に違いはない

■保存方法 皮むきのコツ
・直射日光があたらない風通しのよい比較的涼しい場所で、常温保存が望ましい
(冷やして食べたい場合は、1~2時間前に冷蔵庫で冷やす)
・皮をむく際は、デコポンの特徴であるこぶをつまんで、こぶを折るようにしてからむくとむきやすくなる

■おすすめの食べ方
『デコポン入りポテトサラダ』

<材料>
・ジャガイモ … 200g
・デコポン … 50g
・タマネギ … 50g
・ニンジン … 50g
・キュウリ … 50g
・マヨネーズ … 80g
・塩・こしょう … 少々

<つくり方>
1.ジャガイモはゆでて皮をむく。
2.デコポンは薄皮をむき、果肉を食べやすい大きさにカットする。
3.タマネギ、ニンジン、キュウリは塩もみし、水けを切っておく。
4.デコポン以外を混ぜ合わせ、仕上げにデコポンを入れる。
※この時強く混ぜるとデコポンをつぶしてしまうので注意


『デコポンの皮を使ったクリームチーズ』

<材料>
・クラッカー … 10枚
・デコポンの皮 … 20g
・クリームチーズ … 100g
・水 … 200g
・砂糖 … 100g

<つくり方>
1.皮をむき、皮の内側の白い部分を取り除く。
2.皮を長さ1cmの千切りにして、沸騰したお湯にくぐらせて、あくを抜く。
3.皮を、水、砂糖で1/3程度の量になるまで煮詰めていく。
4.煮詰めて冷ました後、クリームチーズと合わせる。
※クラッカーにのせて食べるとおいしくいただける。
※皮の内側の白いところが残っていると苦みも残るのでなるべく取り除くのがポイント


■デコポンの紹介

豊洲市場 卸 渡瀬智彦さん

「風味もよく果汁もしっかりしているデコポン。今が旬でとってもおいしいので、ぜひ食べてみてください♪」
ページトップに戻る