1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. ひるまえほっと
  4. 新型コロナ みんなの “困った” にこたえます ~ワクチン・花粉症・日常生活~

新型コロナ みんなの “困った” にこたえます ~ワクチン・花粉症・日常生活~

  • 2021年3月2日

新型コロナウイルスに関して、さまざまな不安の声が寄せられています。ワクチンに関する悩みや、日常生活でのさまざまな悩みについて、感染制御学が専門の小林寅喆さんに話を聞きました。

ワクチンについて

Q. 持病があり、食べ物や薬のアレルギーもあります。
 アナフィラキシーショックの経験は無いですが、接種しても大丈夫でしょうか。(70代女性)

アレルギーなどをお持ちの方は、接種前に必ず医師と相談してください。
かかりつけ医がいる方はその医師と、そうでない方は保健所などに相談しましょう。

判断が難しい場合はこちらも参考にしてください。
★厚生労働省の専用のコールセンター
▽接種を受けられるワクチンの基本的な情報
▽優先接種の対象になる人
▽予想される副反応の種類や頻度など
さまざまな相談や問い合わせに無料で応じます。
■電話:0120-761-770

(午前9時から午後9時まで、土日・祝日も含めて受け付け)

花粉症について

Q. 以前、目の粘膜からコロナの感染もあると言われていましたが、最近はほとんど聞かなくなりました。
 皆さんマスクでの対策は万全ですが、目はそのままで大丈夫なのでしょうか?(40代女性)

皆マスクをしているので飛まつが目に直接かかることはほとんどないと考えます。
目からの感染は手指からの接触感染になると思われますが、手指消毒が習慣化されてきているのでリスクは減っていると考えます。

Q. 花粉症で目をかく時に、手ではなくタオル等でかくのは大丈夫ですか?(50代女性)
どうしても目を触ってしまう場合は、清潔なタオルやティッシュなどを使うのはいいと思いますが、どこで手が触れるかわからないので、顔に触れる前に手指の消毒をしてください。

日常生活について

Q.感染した人が飼い犬に触った場合、犬を介して飼い主に感染しますか?
 感染する場合は、対策として犬の体をタオルで拭いただけでは駄目でしょうか?(50代女性)

明らかな感染者が犬などのペットに濃厚接触すれば、ウイルスは移動するかもしれません。しかし、ペットなどから人に感染した例はほとんど報告されていません。
いずれにしても、感染者はペットとの距離も保ったほうが良いと考えます。

Q.自宅療養中に換気扇を回したら、換気扇から出てくる排気に新型コロナのウイルスは含まれていませんか?(50代女性)
新型コロナウイルスの感染は飛まつが主で、空気感染は密閉した特殊な環境で生じます。換気扇は屋外に排気するので特に心配ないと考えます。
飛まつはにおいなどとちがって病原体を水分で覆ったもので、重さもあるので1~1.5mの範囲でしか飛びません。

Q.学生の制服は洗い替えがないので心配です。対策はありますか?(50代女性)
咳やくしゃみなど飛まつを直接浴びる機会がなければ、特別な対策は不要です。
衣類などではウイルスは長く生存しませんので、もし飛まつを浴びてしまったらアルコール消毒をするか、アイロンなどで加熱してください。

Q.家庭内感染対策について。
 家の中でも、アルコール除菌スプレーを常に携帯し、自分の指と触る場所を消毒しています。神経質過ぎるでしょうか?(60代男性)

家庭内感染対策はウイルスを家に持ち込まないことです。
まず、自身が感染しないことです。帰宅時には玄関での消毒や手洗いを必ずしてください。
それができていれば、家の中を隅々まで消毒する必要はありません。
あまり過敏にならず、適切な対策を心がけてください。

◆回答

東邦大学 看護学部教授 小林寅喆(いんてつ)さん

ページトップに戻る