1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. ひるまえほっと
  4. 新型コロナ みんなの “困った” にこたえます ~メンタルの悩み~

新型コロナ みんなの “困った” にこたえます ~メンタルの悩み~

  • 2021年2月9日

新型コロナウイルス感染拡大で、多くのお悩みが寄せられています。今回は、元陸上自衛隊心理教官で戦場や災害派遣現場でのストレス対策を指導、現在は一般の方の心の悩みのケアを行う下園壮太さんに、日常生活でのさまざまなストレスや不安を解消するコツを聞きました。

ふだんよりイライラしてしまう

Q.最近長年の知り合いに怒りをぶつけてしまいました。直後にひどい自己嫌悪。
 コロナのストレスの影響で怒り?自己嫌悪の解消方法を教えてください。(40代女性)

コロナ禍の生活が続き、疲労がたまっているのだと思われます。
まずは休憩すること、睡眠をとることが大切です。
疲労を3段階に分けて、自分がどの段階にいるのか自覚する方法があります。

第1段階:不眠や食欲不振などを感じる
⇒解消のポイント:気晴らしをする
ヨガやストレッチなどの運動をしたり、読書、音楽、動画を見るなどで気晴らしするといいでしょう。料理、掃除やDIY、編み物、絵を描くなどもいいです。ちょっとした達成感が味わえる行為は自信の回復にもなります。

第2段階:イライラしたり、傷つきやすくなる
⇒解消のポイント:体を休ませる
睡眠や休息をしっかりとりましょう。目安としては、昼寝でもOKなので、ふだんより1時間以上多く寝るようにしましょう。タイミングや睡眠の質にはこだわりすぎないようにします。
この段階で、第1段階のように運動や掃除などを無理してしようとすると、余計に疲労感が増してしまうので気をつけましょう。

第3段階:自分を責めたり、無力感を感じたりする
⇒解消のポイント:人や物に頼る
 医師に相談の上、眠れないときは睡眠薬を使うことも有効です。


Q.遊び場が減り、家で動画ばかり見ている子どもにイライラ。
 ストレス解消法を教えてほしい。(40代女性)

イライラの解消には、まずは寝ること、休むことが重要です。
動画を見るのは、不安から「そらす」のにはいい方法です。スマホも上手に活用するといいでしょう。
スペースがトラブルの元になることもあります。同じ場所にいると、縄張り意識でお互いイライラするので、お母さんが散歩などで外に出て気分転換をするなどの方法もあります。

Q.学校で給食のときしゃべらない、休み時間に遊ぶ場所が限られるなど、自粛のため、小学4年生の息子のストレスがたまっている。どう発散させたらいい?(40代女性)
まず、子どもの話を聞くようにしましょう。
子どもが本当にストレスを抱えているのか、何がストレスなのかを、問いただすのではなく、親が子どもの心を一緒に探究するような感じで聞きましょう。
するとストレスの原因が、遊ぶ場所の問題ではなく、友人関係の不安だったりすることもあります。
完全である必要はないので、このプロセスで親が寄り添ってくれているという実感を子どもが持つことができればOKです。

周りの目が気になる

Q.コロナに感染し、自己嫌悪。治っても自宅から出ることができず、買い物も料理もできません。(30代女性)
疲れの第3段階です。コロナとの戦いで、少しうつっぽくなっているのかもしれません。いわゆる後遺症ですが、戦った後の疲れだと理解してください。
まずはぐっすり眠る。眠れないときは医師に相談の上、睡眠薬を使用することも考えましょう。
周りは、本人の不安な気持ちに耳を傾ける役割に徹し、励ましやアドバイスなどは控えるようにするとよいです。


◆回答

元陸上自衛隊心理教官
NPO法人メンタルレスキュー協会 理事長
下園壮太さん

ページトップに戻る