1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. ひるまえほっと
  4. お題:「雪だるま」

お題:「雪だるま」

  • 2021年2月1日

2021年2月1日の放送で紹介した作品
みなさんからお寄せいただいた作品を紹介しながら、気軽に俳句を楽しむ「ひるまえ俳句茶房」。
お題は「雪だるま」です。どんな句が飛び出すんでしょうか?


【金賞】マスクして眉逆立てる雪達磨(だるま) (千葉県 鈴木千ひろさん)

【銀賞】家々の灯(ひ)をともしたる雪だるま (千葉県 近藤邦巳さん)(※邦は旧字体)

【銅賞】粋(いき)にかぶるバケツの帽子雪だるま (千葉県 原田曄さん)

【コロナ禍の時事俳句】
 雪達磨(だるま)コロナを睨(にら)み仁王立ち (新潟県 椎野一二さん)  

 雪だるまことしは見れぬ孫のかお (神奈川県 tohcyan)

【最年少(小学3年生)の句】
 雪だるま雪で作った人間だ (東京都 岡晴人さん)


■小倉一郎さん選 お気に入りの30句

・失恋しぼやけて見えた雪だるま (高橋聖子さん)(※高はハシゴダカ)

・雪だるま猫はこたつで高いびき (中山智江さん)

・目を入れて命吹き込む雪だるま (清水和子さん)

・ふる里の校門衛(まも)る雪達磨(だるま) (田口修さん)

・童心に一時帰り雪だるま (金杉和彦さん)

・雪だるまやせた案山子(かかし)と野に並び (有坂信一郎さん)

・親子して創意工夫の雪だるま (井上燈女さん)

・出勤の朝を見送る雪だるま (新井一夫さん)

・雪だるま帽子に雪の積もる朝 (阿部八郎さん)

・天気予報ふるさと今日も雪だるま (吉田佳世さん)

・雪だるま平和な村でありにけり (竹澤聡さん)

・凍(い)てつきし夜を守りて雪だるま (竹内空さん)

・雪だるまならびて吾子(あこ)の鼻赤し (山田千恵子さん)

・口髭(ひげ)をつけ拍手わく雪だるま (佐藤醇子さん)

・雪だるま玄関前で見張りする (飯箸芳子さん)

・孫達が作る笑顔の雪だるま (君塚巖さん)

・二日目をまゆを落した雪だるま (高木和子さん)(※高はハシゴダカ)

・枝を替へ今度は笑ふ雪だるま (石垣葉星さん)

・食材を拝借したる雪だるま (山田知明さん)

・放課後の一人寂(さみ)しき雪だるま (池上明人さん)

・雪だるま手袋買いに町へ行く  (阿由葉恵子さん)

・病癒え喜寿を祝うや雪だるま (石川明さん)

・庭先に大中小の雪だるま (高辻康治さん)

・河川敷マウンドに立つ雪だるま (菊池克己さん)

・雪だるま頭に赤きポリバケツ (志村宗明さん)

・笑顔からすぐに泣き顔雪だるま  (市川和夫さん)

・いつの間に泣いてをるのか雪だるま (いまいやすのりさん)

・雪止(や)みて朝日に光るダルマかな(謙一さん)

・雪だるま親子三代笑顔かな (萱沼方恵さん)

・家々の明かりが消えて雪だるま (軒治美さん)


■あと一歩で賞
雪だるま泥にまみれた顔マスク (千葉県 中澤正道さん)

小倉さんからのアドバイス
泥にまみれているのは顔なのか、顔マスクなのか。
顔マスクは変なので、「雪だるま泥にまみれたマスクかな」だとマスクが汚れているようですから、「雪だるま泥にまみれた顔にマスク」がいいでしょう。


出演者紹介

小倉一郎さん(おぐら・いちろう)

東京都出身。俳優。
1960年、9歳で子役としてデビューし、数々の映画や舞台、テレビドラマで活躍。
舞台出演中の作句がきっかけで1997年より本格的に俳句の道に入る。
河内静魚氏に師事。
古くから伝わる美しい言葉を大切にしつつ、俳句を身近に感じてもらいたいと、
その魅力を伝えている。
俳号は蒼蛙(そうあ)。

句集に『俳・俳』(2000年)、『俳だらけ』(2002年)、
『俳彩(はいいろ)』(2005年)。
著書に『みんな、いい人』(1995年)、『僕の日記帳~続みんな、いい人~』(2010年)、
『小倉一郎のゆるりとたのしむ俳句入門』(2020年)。

ページトップに戻る