首都圏ネットワーク

  • 2024年6月11日

西武池袋線の清瀬駅 開業100年 中森明菜さんのあの曲が発車メロディーに

キーワード:

東京・清瀬市にある西武池袋線の清瀬駅がきょう(6月11日)開業100年を迎えました。駅の発車メロディーが、地元出身の中森明菜さんの曲に変更されました。開業の記念式典には、釈由美子さんや、鉄道ファンで知られる中川家礼二さんや鈴川絢子さんが参加しました。

清瀬駅100年で記念式典

清瀬市の中心部にある清瀬駅は大正13年(1924年)に開業し、きょうで開業100年を迎えたのを記念して式典が開かれ、澁谷桂司市長が「多くの皆様が駅を利用し育てて、ついに100年を迎えることができました。盛大にお祝いしたい」とあいさつしました。

そして、式典には地元出身のタレント、釈由美子さんや、鉄道ファンとして知られる中川家礼二さん、鈴川絢子さんも参加してテープカットが行われました。また、「清瀬駅100周年おめでとうございます」と書かれた中森さん直筆のメッセージが入ったボードもお披露目されました。

発車メロディーは中森明菜さんのあの曲に変更

続いて駅の発車メロディーが地元出身の歌手、中森明菜さんの曲に変更することが発表され、上りの池袋方面では「DESIRE-情熱ー」、下りは「セカンド・ラブ」と、それぞれ異なる曲が流れることになりました。西武鉄道によりますと、楽曲の選定には中森さん本人も加わり、発車メロディーを聴く人への思いから、上りは朝に乗る人が多いことから元気がでる曲、下りは、夜、疲れて帰ってきた人を癒すことをイメージして選んだということです。

また、きょうは、歴代の清瀬駅の写真を飾った記念のラッピング列車もお披露目されて出発式が開かれたり、記念乗車券も販売されて地元の利用客や鉄道ファンが次々と買い求めていたほか、昔ながらの改札ばさみで専用の台紙に穴を開けてもらうイベントも行われ、100年迎えた駅が大勢の人でにぎわっていました。

あわせて読みたい

ページトップに戻る