ホームしょうぶくきラジオ放送所とは主な放送所の設備電磁環境試験設備放送所の歴史放送所のなぜアクセスお問い合わせ
放送所の概要
 菖蒲久喜ラジオ放送所は東京・渋谷にある放送センターから送られてきた番組を各ご家庭にNHK第1放送、第2放送の電波にして送り出しているところです。

 この放送所は日本最大で、どのような状況でも電波が止まらないように様々な工夫を凝らしています。
NHKしょうぶくきラジオ放送所の写真 ■ 設備概要

● ラジオ第1放送所(写真右)
放送設備 出力 300kW、周波数 594kHz
空中線 高さ  245m

● ラジオ第2放送所(写真左)
放送設備 出力 500kW、周波数 693kHz
空中線 高さ  215m

● 菖蒲テレビ固定局
地上デジタルテレビ放送中継局
在京民放5社、放送大学と共用。
NHKはデジタル放送を茨城県、栃木県、
群馬県、埼玉県に中継しています。
サービスエリア地図 ● 敷地
放送設備電波を効率よく放射するため、
広い敷地全面に銅線を 放射状に埋設しています。
これをラジアルアースと呼んでいます。
敷地面積  313,121u(約95,000坪)



 放送電波の届く範囲をサービスエリアといいます。
この放送所のサービスエリアは、関東・甲信越を中心に北は福島県から南は愛知県まで約2000万の受信世帯をカバーしており、全国世帯数の4割に放送を届けていることになります。
放送のしくみ
 番組は東京・渋谷の放送センターや地方の放送局で作られます。
 この番組は放送センターから無線回線により菖蒲久喜ラジオ放送所まで送られます。
 この無線回線の電波は直接放送所まで届かないので、東京タワーや堂平無線中継所で中継しています。

Copyright NHK (Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved. 許可なく転載を禁じます。
ホーム