2019年02月25日 (月)久能の石垣いちごがおいしい理由【伊藤麻衣】


お久しぶりです。気象予報士の伊藤です。

花粉で、目も鼻もつらい春・・・
だからせめて旬のおいしいもので楽しみましょう!

久能の石垣いちごが旬を迎えています。

190225ito_001.jpg

つやつやで色が濃くて、と~っても甘くて!春が好きになれそうです。

おいしい秘密はお日様にあるんだそうです。

石垣いちごは太陽がたくさん当たる山の南側の斜面で育てられています。
太陽の光をたっぷり受けてイチゴがすくすく成長します。
しかも斜面で水はけがいいため、凝縮したおいしいいちごができるんだそうです。

190225ito_002.jpg

栽培方法にも、おいしさの秘密があるそうです。
コンクリートの板を、冬の太陽の光が垂直にあたるような角度で積んでいて、その間にいちごの株が植えられています。

190225ito_003.jpg

石が太陽の熱を蓄えるため、夜でも土の温度が下がらず、糖度の高いいちごを栽培できるそうですよ。

斜面で作っているので機械化できないことが多く、手がかかるそうですが・・・その分愛情たっぷりに育った石垣いちご、ぜひ楽しんでください!

大型連休まで楽しめるということです。

最後に、取材に協力いただいた、久能苺狩り組合の海野さん、ありがとうございました!

190225ito_004.jpg

投稿者:伊藤 麻衣 | 投稿時間:12:00

ページの一番上へ▲