2020年07月22日 (水)幼虫さん、最終形態になる【早坂 隆信】


たしかにちょっと小さいなとは思ってた。
でも初めてだしサイズ感なんてわからないし。
きっと最後には大きくなる!って、信じてたんだ。

早坂、幼虫熱が高まる

幼虫さん、すくすく育つ

5月、我が家の幼虫さんが、
丸くてころころした土の繭を作った。
これはどうも中でさなぎになったらしい。
羽化も近いぞ!
早坂はわくわくしながら待っていたのだった。

ひと月ほどたったある日のこと。
プラカップをのぞいたら土の上に光沢のある昆虫がいた。


hayasaka200722_01.jpg これは・・・・!


hayasaka200722_02.jpgやあ、ぼくだよ!


・・・君は誰だい?

甲虫ではある。でもなんか思ってたのと違うよ!

「なんでっ!クワガタだって言ってたじゃん!」
(誰も言ってない)

なにこれなにこれ。うわ、なにこれ。

もしかしてコガネムシかな?
図鑑で調べてみると、
コガネムシかカナブンのようだ。まじか。
どこからか飛んできて、うちのベランダで産卵したのかも。

カナブンは習性がクワガタに近いので、昆虫ゼリーを食べるらしい。
コガネムシであれば木の根を食べるから、ゼリーは食べない(はず)。


試しにクワガタゼリーを置いてみると。

hayasaka200722_03.jpg・・・食べたね!

なんだ~意外とかわいいじゃん。カナブン。

カナブンかあ。カナブンね・・・

・・・・「ぶんちゃん」だな!

我が家の住人が増え、
早坂はオオクワガタの繁殖に正式に失敗した。


後日、このことを横尾さんに報告したら、


「これ、ハナムグリじゃない?」


と言われた。

画像を調べたらたしかに、シロテンハナムグリのようだ!
見落としてた・・・

昆虫博士のおかげで「ぶんちゃん」は晴れて「むぐりん」になった。

おわり

投稿者:早坂 隆信 | 投稿時間:17:15

ページの一番上へ▲