2019年10月08日 (火)~ぼくの、なつのきろく~【早坂 隆信】


ぼくはなつ・・ になるとこどもにかえる。

そりゃあ、ぼくだっていっかのあるじ・・・だ。しごとはする。
すました・・・・かおで、にゅうすをよんだりもする。
8がつには「たっぷりしずおか」のきゃすたーさえもつとめたのだ。

でも、それはぼくのいちめんでしかない。

おなじしょくばのたいすけくん・・・・・・だって、じつは「こんちゅうはかせ」だ。
めずらしいこんちゅう「たがめ」のほかくにもせいこうしている。
タガメを探しに里山へ【横尾泰輔】
はんしょくさせた「くわがた」をくれることさえあるのだ。

ぼくだってまけてはいられない。

このなつ・・ 、ぼくはむぎわらぼうし・・・・・・・をかぶって、
こどもをつれてみずべ・・・にむかった。

これは、ぼくのぼうけん・・・・のきろくだ。


7がつはじめのころ。「しみず」のみなと。
まんちょう・・・・ゆうぐれ・・・・がかさなるじかんは
さかなつりの「ごーるでんたいむ」だ。

191008hayasaka_01.jpgきす・・はてんぷらに

191008hayasaka_02.jpgはぜ・・もてんぷらになった

191008hayasaka_03.jpgがざみ・・・。ゆびをはさまれるまえににがした


みじかいじかんだが、とにかくたくさんつれた。

いっしょにいたむすこは、
ほくほくしながら「ごーるでんばうむ・・・だったねえ」とうなっている。
ぼくは「ごーるでんたいむ・・・な」とおしえてあげたのだった。


8がつなかば、かぞくで「にしいず」にでかけた。
「にしいず」はさかなのほうこ・・・だ。
こざかながいくらでもつれる。

191008hayasaka_04.jpgおおもんはた・・・・・・だとおもう

191008hayasaka_05.jpgめじな・・・のちいさいやつ

つれるのはこざかな・・・・ばかり。
おおもの・・・・がかかるまえにえさ・・はすべてたべつくされてしまうのだ。
おおものをつるためにこざかなをどうかわすか、
このしこうさくご・・・・・・がおとなへのかいだんなのかもしれない。


8がつのおわり。
つま・・のじっかのほうじで「やまぐち」にむかった。
「せとないかい」はゆうぐれがすてきなところだった。
もっていったちいさなつりざおでいとをたらすと、
はじめてのさかながいくつかつれた。

191008hayasaka_06.jpgいしだい・・・・?はじめてつれた


191008hayasaka_07.jpg たぶんかます・・・。これもはじめてだった

いろいろなとち・・でつりをするのはたのしいことだ。

ひとなつをこえて、ぼくはすこしせいちょうしたようにおもう。
うでもすっかりやけてくろくなった。

こうはいのあゆみ・・・さんは

「はやさかさんはやきゅうのしゅざいでやけた」

とおもっていたようだけれど、
ジャングルから、暑中お見舞い申し上げます【佐藤あゆみ】
ほとんどはうみ・・やま・・でやけたものであることはひみつのはなしだ。

やまのかつどうについては、またほうこくする。

投稿者:早坂 隆信 | 投稿時間:18:15

ページの一番上へ▲