2018年10月12日 (金)つりものいろいろ【早坂 隆信】


先輩は変わってしまった。
ブログをあんまり書かないのだ。
このところ安心したように更新頻度が下がっている。
デスクとして、みんなに担当者と締切日をメールしつつ、
「これはあくまで目安、もっと書いても大丈夫だよ!」
と言ってくるにも関わらずだ。

かつて毎週のようにブログを更新し、
その背中を見せることで皆を引っ張っていこうとしていた先輩は、
どこに行ってしまったのか。

確かに、みんながその背中について行ったかというと、まああれだ。
みんないろいろあるから、ちょっとね。
うん、どうだったかな。という面はあるかもしれない。

それでも、その背中をしっかりと見てはいたのである。

さて、担当の更新すら滞る怠け者に、何かを言う資格はないのだが、
このところポツポツと釣果がたまってきたので、報告するものである。

早坂は子供が寝静まった夜に釣りに出かけることがある。
ナマズ釣りシーズンが最盛期を迎える6月くらい。
近所の小川にて。
カエルルアーで釣ったナマズ。55cm。

181012hayasaka_001.jpg まずまずな、なまず

しかし、夜の水辺はおばけが出そうで怖くなることもある。
髪の毛の塊が釣れたらどうしよう・・・とか考え出すとこわいこわい。
夜に水辺でうごめく人影も、ほかの人から見れば怖いかもしれない。

よってシーズンで一尾釣ったら、夜のナマズ釣りは終わりにすることにしている。


8月下旬。
三保半島で五目釣りをしていたら
たまたまかかったカワハギ。25cmくらい。

181012hayasaka_002.jpg このあと皮を剥がれて刺身になった

たいへんおいしいので専門に狙う釣り人も多いが、
口が細く「エサ取り名人」と呼ばれるほど針にかけにくい。

何か釣れればいいやと思ってシンプルな仕掛けを巻いていたら、
なぜかかんたんに釣れてしまった。
このあと子供に竿を持たせていたら、もう1尾かかった。

隣でむつかしい顔で駆け引きをしていたベテランのおじさんはついに釣れず、
「よかったなあ」と笑顔を残して竿をしまった。

こういうこともあるのが、釣りである。

9月。
最後に、近所の川で釣れたオイカワ。10cm。

181012hayasaka_003.jpg 秋は小魚がたくさんとれるぞ

早坂は、ぽつぽつと静岡の魚を釣っている。

いい魚が釣れたらまた報告します。

投稿者:早坂 隆信 | 投稿時間:11:00

ページの一番上へ▲