2018年04月20日 (金)今回の選手は・・・【各務梓菜】


こんにちは。スポーツの各務です。

度々更新が遅くなってしまいました(^▽^;)
今回はこちらの選手たちです!

清水エスパルスの金子翔太選手です。

先月、東日本大震災から7年がたちました。
高校までJFAアカデミー福島でプレーしていた
金子選手にいまの思いを聞いてきました。

金子選手、
3月10日のリーグ戦前に
「福島へ絶対にゴールを届ける」と
メディアに公言されていたんです。

そして当日。
その言葉通り、
本当にゴールで勝利を導いてくれました。

インタビューでは、
福島時代に着ていた10番のユニフォームも
持ってきてくださいました。
いまでも大切にされているそうです。

180420_kakami01.jpg

金子選手は、
「プロでもいつか10番を背負えるような選手になりたい」と
話していました。

福島の方々へ、これからも嬉しいニュースが届くといいなと
心から願っていますし、
わたしも少しでも携わっていきたいと思っています。

************************************************
つづいては!
ジュビロ磐田の小川航基選手です。

去年は大怪我に遭いましたが、
今シーズンついに復帰されました☆

180420_kakami02.jpg

小川選手はまだ20歳なのに
インタビューは堂々とされていますし、
プレーではゴール前の怖さがありますよね・・・

今後ますます期待の選手ですし、
日本を引っ張っていく選手にもなってもらいたいです!

************************************************
最後はこちらの選手!

ピョンチャンパラリンピックに出場した、
山本篤選手です。

180420_kakami03.jpg

お忙しいなかピョンチャンから帰国後、
スタジオ生出演してくださいました♪

夏の走り幅跳びだけでなく、
今回は冬のスノーボードへの挑戦!

「プレーする“かっこよさ”を見てもらいたい」
と臨んだ今回の挑戦。

目標の入賞には届きませんでしたが、
その結果について生出演の際に
「この結果はダサいと思う」と
はっきりと言葉にされました。

もしそう思ったとしても、
わたしだったら意地を張って
言葉にできないと思います・・・

自分の結果をそう語るトップアスリートの姿に、
私は山本選手のかっこよさをものすごく感じましたし、
またわたしもそうした心を持ちたい!と思いました。

アスリートの方には、
人として学ぶことばかりです。

投稿者:各務 梓菜 | 投稿時間:12:00

ページの一番上へ▲