<ラジオ深夜便> 新着おすすめ情報


★季刊深夜便 5月29日(月曜) 午前0時台・1時台
「春風亭昇太のレコード道楽〜気分上々↑ゴールデンおやじ」
 
 大型連休に特集番組として放送した内容を再編集して送る、「春風亭昇太のレコード道楽」の<ラジオ深夜便>版。ゲストは昇太さんの憧れの人で、「ミッドナイトトーク」にも出演中のタケカワユキヒデさん。人生の節目に聴いた曲とともに、現在に至るまでを振り返る。


★私の”がむしゃら”時代 5月28日(日曜) 午前1時台
出演:高橋克典(俳優)
 
 この4月から<ららら♪クラシック>(Eテレ)の司会を務めている俳優の高橋克典さん。ともに音楽家という両親のもとで育った高橋さんは、幼いころからピアノの英才教育を受けて育ったという。いつから俳優を目指し、どんな努力をしていまに至るのか?高橋さんの”がむしゃら”時代について聞く。


★サイエンスは、いま 6月1日(木曜) 午前1時台
「人間にとって”科学”とは」
出演:室山哲也(NHK解説委員)
 
 日本の最先端科学を専門家が易しく解説する新コーナー。初回は人工知能など、発展目覚ましい科学の世界が人類にもたらす幸福と困難について考える。聞き手は、二宮正博アンカー。


★謎解き うたことば 5月29日(月曜) 午前4時台
出演:松本隆(作詞家)
 
 日本語学者の金田一秀穂さんが、魅力的な”ことば”を紡ぐ作詞家たちの創作の裏側や、世界観に迫る新コーナー。ゲストは、これまで2000曲以上の楽曲を手がけてきた松本隆さん。


★明日へのことば 5月30日(火曜) 午前4時台
「ほどほどの生を生きる」
出演:新村拓(北里大学名誉教授)
 
 死、病、老い、看取(みと)りを研究してきた新村拓さんは、死を見つめ、考えることが”生”を豊かにすると実感。家庭での介護や看取りが減少するいま、その復権と、「ほどほどの”生”」がなによりと説く新村さんに聞く。


★関西発ラジオ深夜便 明日へのことば 6月3日(土曜) 午前4時台
「”いま”をともに楽しむ〜演じて輝く いのちのひかり」
出演:菅原直樹(劇団「OiBokkeShi[オイボッケシ]」主宰)
 
 介護福祉士の菅原直樹さんは、演劇という手法を用いて、地域における介護のあり方を模索。高齢者とつくる演劇は、”自分と違う世界を見ている人”に寄り添う知恵を与えてくれると言う菅原さん。認知症の祖母との体験を交え、”介護×演劇”について語る。