アンカー:村上里和アナウンサー 2・4週火曜担当
「ラジオ深夜便」のアンカーを担当するようになって間もなく丸2年。いつも「深夜から明け方の時間は、ちょっと特別な時間だな」ということを実感しています。それは、リスナーの皆さんとの距離が昼間以上にとても近く感じる時間帯であること。まるで“暗い暗い夜が風呂敷のような影をひろげて”放送している私たち、聞いて下さっている方たちを一つに包みこんでいるような……。心の深いところで聞いて下さっているリスナーのみなさんを思い浮かべながら、自分に厳しく、同時にわくわくする心を忘れず、ゆったりと楽しんで頂ける放送を出していきたいと思っています。今年度もどうぞよろしくお願いいたします。
プロフィール
静岡県生まれ 小学校から高校まで北海道札幌市育ち
1989年(平成元年)入局
函館を初任地として、東京アナウンス室、札幌局、旭川局に勤務
故郷・北海道のニュースや生活情報番組のキャスターを長く務めたほか、日曜日朝の番組「さわやか自然百景」のナレーションや「ラジオ文芸館」などの朗読番組、朗読イベントなども数多く担当してきました。ピアノ奏者と共に、親子で楽しめる「お話とピアノのコンサート」を道内各地の児童館や学校、図書館などで開催。子どもたちのわくわくした表情を見られるのが喜びです!

20代だった頃の写真はこちら
素顔に迫るアンケートはこちら