ラジオ深夜便 番組からのおしらせ

2020年9月

2020年09月29日 (火)

深夜便のうた

2020年09月29日 (火)

『深夜便のうた』Q&A

(Q)『深夜便のうた』とは?

(A)NHK〈ラジオ深夜便〉が深夜便リスナー(シニア世代)に楽しんでもらえる歌を、オリジナルで制作したり独自に選曲したりして放送するもので、平成184月よりスタートしました。

 (Q)放送期間は?

(A)原則2か月ごとに1曲ずつ紹介しています。

 (Q)放送時間は?

(A)原則、午前1時台に放送しています。
曲目については月刊『ラジオ深夜便』(NHKサービスセンター発行)の番組表に掲載しています。

(Q)2020年10月~11月に放送中の曲は?

(A)『ありがとうって気づいていてね』
作詞:萩原和樹/西田恵美 作曲:萩原和樹 歌:海蔵亮太with 大竹しのぶ です。

(Q)CDは発売されていますか?

(A)『ありがとうって気づいていてね』を収録したCDの発売は未定です。

(Q)2020年度に放送した曲は?

(A)2020 年 4 月~5 月=『未来への詩(うた)』加藤登紀子
2020年6月~7月=『君と見てるから』島津亜矢
2020年8月~9月=『手のなるほうへ』藤井フミヤ


(Q)2019年度に放送した曲は?

(A)2019年4月~5月=『心の活路』半﨑美子
2019年6月~7月=『Tampopo』クレイジーケンバンド
2019年8月~9月=『きっと届け』平松愛理
2019年10月~11月=『真夜中のメロディ』手嶌葵
2019年12月~2020年1月=『懐かしいマッチの炎』市川由紀乃
2020年2月~3月=『まだ夢の途中』茂忠(しげちゅう 小坂忠/鈴木茂)


(Q)平成30年度に放送した曲は?

(A)平成30年4月~5月=『こころにすむうた』薬師丸ひろ子
平成30年6月~7月=『追憶』髙橋真梨子
平成30年8月~9月=『バンドを組もうよ』BEGIN
平成30年10月~11月=『あなたとわたし』矢野顕子&前川清
平成30年12月~平成31年1月=『あの頃のままに』林部智史
平成31年2月~3月=『シークレット・ブギー』鈴木雅之

(Q)平成 30 年度放送の「深夜便のうた」のCDや楽譜は発売されていますか?

(A)平成 30 年度に放送した「深夜便のうた」全 6 曲を収録したCD・楽譜がついたステ ラMOOK『ラジオ深夜便 ファンブック 2019』が、NHKサービスセンターから発行されています。本体価格 1500 円+税です。
(問い合わせ先・NHKサービスセンター販売部 TEL 0570-000-787)


(Q)平成29年度に放送した曲は?

(A)平成29年4~6月=『君にありがとう』つるの剛士、『夢の線路』岩崎宏美
7~9月=『碧(あお)し』氷川きよし、『CAFE BROKEN HEART』織田哲郎
10~12月=『愛してるなんてもう言わないでよ』石丸幹二、『Keep On !』谷村新司
1~3月=『東京タワー』ミッツ・マングローブ、『ニュアンス』南佳孝

(Q)平成29年度放送の「深夜便のうた」のCDや楽譜は発売されていますか? 

(A)平成29年度に放送した「深夜便のうた」全8曲を収録したCD・楽譜がついたステラMOOK『ラジオ深夜便 ファンブック2018』が、NHKサービスセンターから発行されています。本体価格1667円+税です。
(問い合わせ先・NHKサービスセンター販売部 TEL 0570-000-787)


 

shoutaichi.jpg
NHKラジオ深夜便「春風亭昇太のレコード道楽~ひとりラボ~」
2020年9月26日(土)11時台~27日(日)0時台

曲目リスト
【前半】
M① とまどいトワイライト/豊島たづみ 
M② 夜霧の第二国道/フランク永井         
M③ ひとり暮らし/憂歌団                     
M④ 映画「第三の男」テーマ   
M⑤ 青い背広で/藤山一郎                

【後半】
M⑥ 夢色のメッセージ/西村知美   
M⑦ モナ・リザ/ナット・キング・コール 
M⑧ ひとり酒/ぴんから兄弟  
M⑨ 想い出の渚/ザ・ワイルド・ワンズ           
M⑩ ひとりじゃないの/天地真理

 

2020年9月20日
『理由のない場所』イーユン・リー(河出書房新社)
『百年と一日』柴崎友香(筑摩書房)
『事件の予兆 文芸ミステリ短編集』井上靖ほか中央公論新社編(中公文庫)


2020年8月16日

『こんぱるいろ、彼方』椰月美智子(小学館)
『屋上で会いましょう』チョン・セラン著、すんみ訳(亜紀書房)
『文学こそ最高の教養である』駒井稔と光文社古典新訳文庫編集部編(光文社)


2020年7月19日
『上海フリータクシー』フランク・ラングフィット(白水社)
『月の客』山下澄人(集英社)朗読も
『ぜんぶ本の話』池澤夏樹・池澤春菜(毎日新聞出版)


 2020年6月21日
『星に仄めかされて』多和田葉子(講談社)
『サルデーニャの蜜蜂』内田洋子(小学館)
『日々の一滴』藤原新也(トゥーヴァージンズ)


2020年5月17日
『もうダメかも 死ぬ確率の統計学』マイケル・ブラストランド/デイヴィッド・シュピーゲルハンター(みすず書房)
『恋愛未満』篠田節子(光文社) 
『暗渠パラダイス』高山英男・吉村生(朝日新聞出版)


2020年4月19日
サンセット・パークポール・オースター(新潮社
去年の雪江國香織角川書店
地球に住めなくなる日デイビッド・ウォレス・ウェルズNHK出版


2020年3月15日
『息子たちよ』北上次郎(早川書房)
『卍どもえ』辻原登(中央公論新社)
『新しい目の旅立ち』プラープダー・ユン(ゲンロン)


 2020年2月16日
『オーバーストーリー』リチャード・パワーズ(新潮社) 
『わたしの芭蕉』加賀乙彦(講談社) 
『あの日を刻むマイク』武井照子(集英社)


 2020年1月19日
『岐路の前にいる君たちに』鷲田清一(朝日出版社)  
『地形の思想史』原武史(角川書店)
『赤い髪の女』オルハン・パムク(早川書房)


2019年12月15日
『鳥のおくりもの』
ウン・ヒギョン(段々社)
『女王の肖像 切手収集の密かな愉しみ』
四方田犬彦(工作舎)
『知っておくと役立つ 街の変な日本語』
飯間浩明(朝日新書)


2019年11月17日
『小箱』
小川洋子(朝日新聞出版)
『私の家』青山七恵(集英社)
『難行苦行の〈絵描き遍路〉をやってみた』イマイカツミ(寿郎社)


2019年10月20日
『オーガ(ニ)ズム』
阿部和重(文藝春秋)
『読書実録』保坂和志(河出書房新社)
『絵を見る技術』秋田麻早子(朝日出版社)


2019年9月15日
『夢見る帝国図書館』
中島京子 著(文藝春秋)
『掃除婦のための手引き書』ルシア・ベルリン 著(講談社)
『八月のひかり』中島信子 著(汐文社)


2019年8月18日
『渦 妹背山女庭訓 魂結び』
大島真寿美 著(文藝春秋刊)
『猫をおくる』野中柊 著(新潮社刊)
『外は夏』キム・エラン著、古川綾子 訳(亜紀書房刊)