ラジオ深夜便 番組からのおしらせ

top.jpg

【放送予定】
5月26日(土)23時台 27日(日)0時台 
テーマは、「ときめき芽ばえるアイドルソング」。
ゲストに、昇太さんの憧れの女(ひと)、女優の麻丘めぐみさんをお迎えしてお送りします。
リスナーのみなさんからいただいたリクエストにおこたえして、
麻丘さんのヒット曲や、1970年代の女性アイドルのあの一曲もおかけします。

春風亭昇太のレコード道楽「ときめき芽ばえるアイドルソング」
ゲスト 女優 麻丘めぐみさん

043.jpg

 

6月29日(金)のラジオ深夜便は、京都からの放送です。
今年は、明治元年から150年の節目を迎えています。
当時の京都は、幕末の動乱と首都移転で人口が激減するなど、 大きな危機にありました。
そこで、午後11時台と午前0時台では、
京都が復興をめざして作った、日本初の学区制小学校についてお伝えします。
また、午前2時台と3時台の前半は、
「京都、私のお気に入り」と題して、みなさんからのお便りをご紹介します。
お気に入りの京都についてエピソードとともにお送りください。
さらに、京都を舞台にした歌、京都出身の歌手など、
京都にちなんだ曲のリクエストもお待ちしています。

宛先は 〒604‐8515 NHK京都放送局「京都発ラジオ深夜便」係です。
※お名前や固有名詞には、ふりがなをお願いします。

締め切りは6月22日(金)必着です。
みなさんからのお便りやリクエスト曲をお待ちしています。
お問い合わせは、NHK京都放送局
075‐251‐1111 「ラジオ深夜便」の係まで。

2018年5月20日
「曇天記」堀江敏幸著(都市出版刊)
「モンテレッジォ 小さな村の旅する本屋の物語」内田洋子著(方丈社)
「事典 和菓子の世界 増補改訂版」中山圭子著(岩波書店)


2018年4月15日
「消滅遺産」ナショナルジオグラフィック 編(日経ナショナルジオグラフィック社)
「昏(くら)い水」マーガレット・ドラブル 著(新潮社)
「イギリス肉食革命」越智敏之 著(平凡社新書)


2018年3月18日
「風神の手」道尾秀介 著(朝日新聞出版)
「微妙におかしな日本語」神永暁 著(草思社)
「お隣りのイスラーム」森まゆみ 著(紀伊國屋書店)


2018年2月18日
「西東三鬼全句集」(角川文庫)
「地下鉄道」コルソン・ホワイトヘッド 著(早川書房)
「花暦」瀬尾英男 著(京阪神エルマガジン社)


2018年1月21日
「ぼくの伯父さん」伊丹十三 著(つるとはな)
「風神雷神」柳広司 著(講談社)
『「日本の伝統」の正体』藤井青銅 著(柏書房)


2017年12月17日〜今年最も心に残った1冊〜
「星の子」今村夏子 著(朝日新聞出版)
「土の記」高村薫 著(新潮社)
「山川静夫の文楽思い出ばなし」山川静夫 著(岩波書店)


2017年11月19日
「60歳からの外国語修行」青山南 著(岩波新書)
「光の犬」松家仁之 著(新潮社)
「幻の黒船カレーを追え」水野仁輔 著(小学館)


2017年10月15日
「埴原一亟 古本小説集」(夏葉社)
「こわいもの知らずの病理学講義」仲野徹 著(晶文社)
「田舎暮らしと哲学」木原武一 著(新潮社)


2017年9月17日
「源氏物語 上巻」角田光代 訳(河出書房新社)
「ヒストリア」池上永一 著(角川書店)
「森の探偵」宮崎学(みやざき・まなぶ)・小原真史(こはら・まさし)著(亜紀書房)


2017年8月21日
「永遠の道は曲がりくねる」宮内勝典 著(河出書房新社)
「愛の縫い目はここ」最果タヒ 著(リトルモア)
「歯痛の文化史」ジェイムズ・ウィンブラント 著、忠平美幸 訳(朝日新聞出版)


2017年7月16日
「夜の谷を行く」桐野夏生著(文芸春秋)
「夜明けの約束」ロマン・ガリ 著、岩津航 訳(共和国)


2017年6月18日
「人生の段階」ジュリアン・バーンズ 著、土屋政雄 訳(新潮社)
「旅に出たナツメヤシ」長坂道子 著(角川書店)
「英絵辞典」 岩田一男・真鍋博 著(筑摩書房)


2017年5月21日
「月の満ち欠け」佐藤正午 著(岩波書店)
「ウニはすごい バッタもすごい デザインの生物学」本川達雄 著(中央公論新社)
「WindowSpace3 窓の仕事学」東京工業大学 塚本由晴研究室 編(フィルムアート社)


2017年4月16日
「男と女の台所」大平一枝 著(平凡社)
「キトラ・ボックス」池澤夏樹 著(KADOKAWA)
「いそっぷ詩」谷川俊太郎 著(小学館)


【再放送】
3月1日にNHK仙台放送局で行った公開収録を再放送。
3月の放送ではお掛けし切れなかった曲を盛り込んだ深夜便特別バージョンでお送りいたします。
5月15日(火)0時台 春風亭昇太のレコード道楽 「みちのくふたり旅(前半)」
5月16日(水)0時台 春風亭昇太のレコード道楽 「みちのくふたり旅(後半)」
ゲスト 俳優 六角精児

2018年 5月15日(火)0時台

曲名 歌手/演奏者 アルバムタイトル メーカー レコード No.
青葉城恋唄 さとう宗幸 青葉城恋唄 (EP) キング GK-201
熱き心に 小林旭 熱き心に (EP) ポリドール 7DX-1404
君は天然色 大滝詠一 A LONG VACATION (LP) ソニー 27AH-1234
いつか街で会ったなら 中村雅俊 いつか街で会ったなら (EP) コロムビア P-400


2018年 5月16日(水)0時台放送

曲名 歌手/演奏者 アルバムタイトル メーカー レコード No.
夕暮れ時はさびしそう ニュー・サディスティック・ピンク 夕暮れ時はさびしそう (EP) ポニーキャニオン AV-34
緑の町に舞い降りて 井沢八郎 悲しいほどお天気 (LP) 東芝 TOCT-10641
ひょっこりひょうたん島 前川陽子/ひばり児童合唱団 ひょっこりひょうたん島 (EP) キング BS-491
どうにかなるさ かまやつひろし どうにかなるさ (EP) フォノグラム FS-1121
お世話になりました 井上順之 お世話になりました (EP) フォノグラム FS-1215

番組開始から28年、日本中の眠れないみなさんと歩んできた「ラジオ深夜便」が

初めてお送りする特集番組「ママ☆深夜便」。

5月31日木曜日からの一晩は、村上里和アンカーとさまざまなゲストたちが

赤ちゃんや小さな子どもと眠れぬ夜を過ごす“ママ”たちに寄り添います。

 

▼午後11時台・0時台は三人の子供のお父さん、落語家・春風亭一之輔さんと作家・山崎ナオコーラさんをお迎えして生トーク。

▼午前1時台の「真夜中の絵本」に登場するのは俳優の谷原章介さんと山本耕史さん。ご自身のお子さんたちとも絵本を楽しんでいるというお二人の、あたたかくやさしい朗読で「ぐりとぐら」「ねないこだれだ」などの名作の世界をお楽しみください。

 ▼午前2時台から3時台にかけてはみなさんからのおたよりと「世界の子守唄」

 ▼午前4時台は詩人・谷川俊太郎さんと工藤直子さんの対談「ことばの贈り物」

 をお送りする予定です。 

 

番組ではみなさんからの<お便り>も募集しています。

子育て真っ最中のお母さん、楽しかったりうれしかったり、時に不安だったり、モヤモヤしたり。

今抱えている気持ちをことばにして、共有しませんか。

人生の先輩たちからの<子育て・孫育ての思い出><ママたちへのメッセージ>もお待ちしています。

宛先は、

〒150‐8001 NHKラジオセンター「ママ☆深夜便」の係

締め切りは、5月29日(火)必着です。

 <ラジオ深夜便>番組ホームページの投稿フォームをご利用いただいても結構です。

「ママ☆深夜便」あてのメッセージであることを明記してください。

放送は5月31日(木)です。お目覚めでしたら、ぜひ、お付き合いください。

第二・第三土曜日午後11時台に放送している『深夜便ビギナーズ』
5月のメッセージテーマは「私の50歳代」です。
人生が充実する時期でもあり、一方で体力や気力の衰えを感じたり、家族の形が変わったり、
仕事や介護、老後の心配など新たな課題が見えてくるころでもある「50歳代」。

 

そこで…

●ビギナーズのあなたは
・50代の“今”をどう生きていますか? “これから”をどう考えていますか?
・テーマや課題、目標はありますか?

●人生の先輩の皆さんは
・どんな50代を過ごされてきましたか?
・今だから伝えられる「50代はこう生きたらいい」というメッセージはありますか?

●そしてこれから50代を迎える方々は
・50代になった自分を、どうイメージしていますか?それまでの目標などはありますか?

はがきに名前(ふりがな)・住所・年齢・性別を明記してお送りください。

■宛先は  〒150-8001  NHK放送センター  ラジオ深夜便「深夜便ビギナーズ」係

番組ホームページのメールフォームからもメッセージを受け付けています。

 


 『深夜便ビギナーズ』 

毎月第2土曜日は女優・伊藤かずえさんと森田美由紀アンカー、

第3土曜日は歌手・早見優さんと後藤繁榮アンカーのコンビでお送りします。

ぜひお聴きください。


 

「ラジオ深夜便・話芸100選」公開収録のご案内です。

収録は6月25日(月)と29日(金)の2回、いずれも午後2時から行います。

ご出演は、
▼25日(月)が昔昔亭桃太郎さん、宝井琴桜さん、堺すすむ さん、新山ひでや・やすこ さん、
チャーリーカンパニーのおふたり、宮田陽・昇 さん、立川志獅丸 さん、桂宮治 さん 

▼29日(金)は神田紅  さん、春風亭一之輔さん、三遊亭歌太郎さん、田辺銀冶さん、
春雨や風子さん、神田真紅さん、三遊亭とむ さん、林家つる子 さん の予定です。


お申し込みは往復はがきで受け付けます。
観覧希望日別にお送りください。
・往信用の裏面に おところ、お名前、電話番号、観覧希望日を、
・返信用の表面に 郵便番号、おところ、お名前 をそれぞれ書いてください。
1枚でお一人が入場できる整理券をお送りします。

あて先は、
〒150-8001 NHKラジオセンター
「ラジオ深夜便 話芸100選  公開収録」係 です。
締切りは 6月1日(金)到着分まで。
応募多数の場合は抽選になります。ご了承ください。

toudaijazz3.jpg

2018年5月3日(木) 13時05分~15時55分
『東大×ジャズ 蓄音機ミュージアム@(アット)丸の内』(公開生中継)

出演
出演:俳優・ジャズドラマー 渡辺裕之(わたなべ・ひろゆき)さん
   ラジオ深夜便アンカー 須磨佳津江(すま・かつえ)
解説及び選曲:東京大学総合研究博物館 特任研究員 大澤啓(おおさわ・けい)さん

蓄音機修繕及び調整:マック杉崎さん
音源提供:東京大学総合研究博物館「湯瀬哲(ゆぜ・さとし)コレクション」

 


使用曲リスト

13時台
使用した蓄音機 
ビクター社製のヴィクトローラ・クレデンザ(カナダ製、1927年頃)


【OPTM】 Count BASIE (1904-1984), One O’Clock Jump (3:00)
William “Count” BASIE+Eddie DURHAM+Buster SMITH作曲(1938年)/1937年7月7日録音/Decca社1363A(62332-A)盤
Wilbur “Buck” CLAYTON, Ed LEWIS, Bobby MOORE (tp), George HUNT, Dan MINOR (tb), Earl WARREN (as, bs), Herschel EVANS, Lester YOUNG (ts), Ronald “Jack” WASHINGTON (as, bs), William “Count” BASIE (p), Freddie GREEN (g), Walter PAGE (b), Jonathan “Jo” JONES (d)


【1】Helen MORGAN (1900-1941) with Orchestra, Body and Soul (3:02)
John GREEN(1908-1989)作曲/Edward HEYMAN (1907-1981) + Robert SOUR (1905-1985) + Frank EYTON (1894-1962)作詞(1930年)/1930年9月12日録音/Victor社27683A盤
Helen MORGAN (voc), Leonard W. JOY (cond), orchestra


【2】Coleman HAWKINS (1904-1969) and his Orchestra, Body and Soul (3:01)
1939年10月11日録音/Blue Bird社B10523A盤
Tommy LINDSAY, Joe GUY (tp), Earl HARDY (tb), Jackie FIELDS, Eustis MOORE (as), Coleman HAWKINS (ts), Gene RODGERS (p), William Oscar SMITH (b), Arthur HERBERT (ds)


【3】Billie HOLIDAY (1915-1959), Body and Soul (2:57)
1940年2月29日録音/Vocalion社5481(W26573-A)盤、再版Columbia社37836盤
Roy ELDRIDGE (tp), Jimmy POWELL, Carl FRYE (as), Kermit SCOTT (ts), Sonny WHITE (p), Lawrence LUCIE (g),
John WIKLLIAMS (b), Harold “Doc” WEST (d), Billie HOLIDAY [Eleanora FAGAN] (voc)


【4 Sidney BECHET(1897-1959)’s Blue Note Jazz Men, When the Saints Go Marching in
作者未詳(トラディショナル)(1896年)/1949年1月21日録音/Blue Note Records社
563(BN353-1)盤“Wild” Bill DAVISON (cnt), Sidney BECHET (ss), Art HODES (p), Walter PAGE (b), Freddie MOORE (d)


【5 Erroll GARNER (1921-1977) Trio, All the Things You Are
Jerome KERN(1885-1945)作曲/Oscar HAMMERSTEIN II(1895-1960)作詞(1939年)
1949年3月29日録音/Savoy社739A(B4406-2)盤
Erroll GARNER (p), John SIMMONS (b), Alvin STOLLER (d)


【6 Stan GETZ (1927-1991), Autumn Leaves
Joseph KOSMA(1905-1969)作曲/Jacques PRÉVERT(1900-1977),
Johnny MERCER(1909-1976)作詞(1947年)
/1952年12月19日録音/Royal Roost社562(R1147)盤
Stan GETZ (ts), Duke JORDAN (p), Jimmy RANEY (g), Bill CROW (b), Frank ISOLA (d)


【END TM Charlie PARKER Quintet, La Paloma  
Sebastián IRADIER(1809-1865)作詞作曲(1860?)/1952年1月23日録音/Mercury社11091(YB C683-1)盤
Benny HARRIS (tp), Charlie PARKER (as), Walter BISHOP (p), Teddy KOTCK (b), Max ROACH (d), Luis MIRANDA (cga), Jose MANGUAL (?) (bgo)

 


14時台
E.M.G.社「Mark Ⅸ」(1932年製)


【OPTM Count BASIE (1904-1984), One O’Clock Jump (3:02)
William “Count” BASIE+Eddie DURHAM+Buster SMITH作曲(1937年)/1941年1月16日録音/RCA Victor社27-0115(D1-VB-0002)盤、原盤Victor社27314(OA.060332-1)
Wilbur "Buck" CLAYTON, Harry “Sweets” EDISON, Al KILLIAN, Ed LEWIS (tp), Eli ROBINSON, Robert SCOTT, William "Dicky" WELLS (tb), Earl WARREN (as), Talmadge "Tab" SMITH (ss, as), Carlos "Don" BYAS (ts, cl), George "Buddy" TATE (ts), Ronald "Jack" WASHINGTON (as, bs), William "Count" BASIE (p), Freddie GREEN (g), Walter PAGE (b), Jonathan "Jo" JONES (d)


【1】Louis ARMSTRONG (1901-1971), Star Dust (3:38)
Howard “Hoagy” CARMICHAEL (1899-1981)作曲/Mitchell PARISH(1900-1993)作詞(1929年)/1931年11月4日録音/Okeh社41530(405061-1)盤、再販Vocalion社3172盤Louis ARMSTRONG (tp, voc), Zilmer RANDOLPH (tp), Preston JACKSON (tb), Lester BOONE (cl, as), George JAMES (as), Al WASHINGTON (ts), Charlie ALEXANDER (p), Mike McKENDRICK (bj, g), John LINDSAY (b), Tubby HALL (d)


【2】Anita O’DAY (1919-2006), What Is this Thing Called Love (2:44)
Cole PORTER (1891-1964)作詞作曲(1930年)/1947年9月録音/Signature社15162A(SRC564-1)盤Anita O'DAY (voc), Chris GRIFFIN, Jimmy MAXWELL, Red SOLOMON, Carl POOLE (tp), Will BRADLEY, Phil GIARDINI, Billy PRITCHARD, Al PHILBURN (tb), Paul RICCI, Toots MONDELLO (as), Art DRELLINGER, Hank ROSS (ts), Hank FREEMAN (bs), Stan FREEMAN (p), Danny PERRI (g), Bob HAGGART (b), Morey FELD (d), Sy OLIVER (arr)


【3】Frank SINATRA (1915-1998), My Funny Valentine (2:29)
Richard RODGERS(1902-1979)作曲/Lorenz HART(1895-1943)作詞(1937年)/1953年11月5日録音/Capitol Great Britain社CL14352(11847-10)盤
Frank SINATRA (voc), Nelson RIDDLE (arr, dir), Arthur “Skeets” HERFURT, Mahlon CLARK (s), Bill MILLER (p), Al HENDRIKSON, Alan REUSS (g), Joe COMFORT (b), Alvin STOLLER (d), strings


【4】Mildred BAILEY (1903-1951), Summertime (2:54)
George GERSHWIN(1898-1937)作曲/DuBose HEYWARD(1885-1940)+Ira GERSHWIN(1896-1983)作詞(1935年)/1945年12月30日録音/Crown Records社CR-105B(BL17)盤
Mildred BAILEY (voc), Dick VANCE (tp), Henderson CHAMBERS (tb), Hank D’AMICO (cl), Emmett CARLS (ts), Red NORVO [Kenneth NORVILLE] (vb), Ellis LARKINS (p), Chuck WAYNE or Art RYERSON (g), Billy TAYLOR (b), J.C. HEARD (d)
この曲のみ使用蓄音機:英国製H.M.V.社 Lumiere Table Model 460 


【5】Peggy LEE(1920-2002) & Benny GOODMAN (1909-1986), How Deep Is the Ocean (3:05)
Irving BERLIN(1888-1989)作詞作曲(1932年)/1941年10月8日録音/Columbia社36754(CO31363-3)盤
Billy BUTTERFIELD, Charles “Cootie” WILLIAMS, Jimmy MAXWELL, Al DAVIS (tp), Lou McGARITY, Robert “Cutty” CUTSHALL (tb), Benny GOODMAN (cl), Lloyd “Skip” MARTIN (as, arr), Clint NEAGLEY (as), Vido MUSSO, Georg BERG (ts), Chuck GENTRY (bs), Mel POWELL (p), Tom MORGAN (g), Marty BLITZ (b), Sidney CATLETT (d), Peggy LEE (voc)


【6 Lee WILEY (1908-1975), Stormy Weather (Keeps Rainin’ all the Time) (2:54)
Harold ARLEN(1905-1986)作曲/Ted KOEHLER(1894-1973)作詞(1933年)/1942年2月録音/Shirmer Record社2008B(2111B)盤
Lee WILEY (voc), Billy BUTTERFIELD (tp), Ernie CACERES (cl, bs), Dave BOWMAN (p), Eddie CONDON (g), Bob HAGGART (b), George WETTLING (d)


【7】Billie HOLIDAY (1915-1959) with Toots CAMARATA (1913-2005) and his Orchestra, Lover Man (Oh, Where Can You Be?) (3:18)
James Edward DAVIS(1915-1997)+Roger “Ram” RAMIREZ(1913-1994)+Jimmy SHERMAN作詞作曲(1941)/1944年10月4日録音/Decca社23391A(72404-A)盤
Russ CASE (tp), Hymie SCHERTZER, Jack CRESSEY (as), Larry BINYON, Paul RICCI (ts), Dave BOWMAN (p), Carl KRESS (g), Haig STEPHENS (b), Johnny BLOWERS (d), unknown (strings), Salvador “Toots” CAMARATA (arr, dir), Billie HOLIDAY [Eleanora FAGAN] (voc)


【ENDTM】The Hi-Lo’s, I Thought about You (2:10)
Jimmy VAN HEUSEN作曲/Johnny MERCER作詞(1939年)/1955年録音/Starlite社1363Gene PUERLING, Clark BURROUGHS, Bob MORSE, Bob STRASEN (voc), Frank COMSTOCK (arr, dir), orchestra

 


15時台
使用蓄音機:EMG社マークIX1932年)「トラベリング・ホーン」


OPTMCount BASIE (1904-1984), One O’Clock Jump(3:02)
William “Count” BASIE+Eddie DURHAM+Buster SMITH作曲(1937年)/1942年1月21日録音/OKeh社6634(CO32274-1)盤
Wilbur "Buck" CLAYTON, Harry “Sweets” EDISON, Al KILLIAN, Ed LEWIS (tp), Eli ROBINSON, Robert SCOTT, William "Dicky" WELLS (tb), Earl WARREN (as), Talmadge "Tab" SMITH (ss, as), Carlos "Don" BYAS (ts, cl), George "Buddy" TATE (ts), Ronald "Jack" WASHINGTON (as, bs), William "Count" BASIE (p), Freddie GREEN (g), Walter PAGE (b), Jonathan "Jo" JONES (d)


1Cab CALLOWAY (1907-1994) and his Orchestra, Saint Louis Blues (2:59)
W.C. HANDY(1873-1958)作詞作曲(1914年)/1930年7月24日録音/Brunswick社4936(E-33355-A)盤、再版80016A盤
R.Q. DICKERSON, Lammar WRIGHT, Reuben REEVES (tp), De Priest WHEELER [Harry WHITE] (tb), William THORNTON BLUE (cl, as), Andrew BROWN (as, cl, bcl), Walter THOMAS (ts, as, bs), Earres PRINCE (p), Morris WHITE (bj), Jimmy SMITH (tu, b), Leroy MAXEY (d), Cab CALLOWAY (voc)


2Jelly Roll MORTON (1890-1941), King Porter Stomp (2:54)
Jelly Roll MORTON作曲(1905/1924)/1939年12月14日録音/General社4005(R2565)
Jelly Roll MORTON [Ferdinand LAMOTHE] (p)


3James P. JOHNSON (1894-1955), Ain’t Misbehavin’(2:59)
Thomas “Fats” WALLER(1904-1943)作曲/Harry BROOKS(1895-1970)+Andy RAZAF(1895-1973)作詞(1929)/1944年6月28日録音/Decca社23594A(72314-A)盤
James P. JOHNSON (p), Eddie DOUGHERTY (d)


4Duke ELLINGTON (1899-1974) and his Famous Orchestra, Take the “A” Train(2:54)
Billy STRAYHORN(1915-1967)作曲(1941)/1941年2月15日、米カリフォルニア州ロサンジェルス録音/Victor Records社 27380-A盤
Wallace JONES, Rex STEWART, Ray NANCE (tp), Lawrence BROWN, Joe NANTON, Juan TIZOL (tb), Barney BIGARD (cl,ts), Johnny HODGES (as), Otto HARDWICKE (cl,as), Ben WEBSTER (ts), Harry CARNEY (cl,as,bar), Duke ELLINGTON (p), Fred GUY (g), Jimmy BLANTON (b), Sonny GREER (ds,ch)
この曲のみ使用蓄音機:H.M.V. Deluxe Model1011927年)


5 Charlie PARKER(1920-1955)’s Ree Boppers, Billie’s Bounce(3:08)
Charlie PARKER作曲(1945)/1945年11月26日録音/Savoy社573A(5850-5)盤
Miles DAVIS (tp), Charlie PARKER (as), John "Dizzy" GILLESPIE (p), Dillon "Curley" RUSSELL (b), Max ROACH (d)


6Tempo Jazz Men, ‘Round About Midnight (2:49)
Thelonious MONK(1917-1982)+Charles “Cootie” WILLIAMS(1911-1985)作曲(1944)/Bernie HANIGHEN作詞(1944年)/1946年2月5日録音/Dial社1003A(D-1005A)盤
John “Dizzy” GILLESPIE (tp), Lucky THOMPSON (ts), Milt JACKSON (vb), Al HAIG (p), Ray BROWN (b), Stan LEVEY (d)


7Count BASIE (1904-1984), Tickle Toe (2:35)
Lester YOUNG(1909-1959)作曲(1940年)/1940年3月19日録音/Columbia社35521(wco26656-A)盤
Ed LEWIS, Wilbur “Buck” CLAYTON, Harry “Sweets” EDISON, Al KILLIAN (tp), Dan MINOR, William “Dicky” WELLS, Vic DICKENSON (tb), Earl WARREN (as), Lester YOUNG, Buddy TATE (ts), Ronald “Jack” WASHINGTON (bss, as), William “Count” BASIE (p), Freddie GREEN (g), Walter PAGE (b), Jonathan “Jo” JONES (d)


ENDTM】Louis ARMSTRONG (1901-1971) and his Orchestra, Tiger Rag(3:11)
Original Dixieland Jass Band作曲/1934年11月7日録音/Vox社16058A(1479WPP)盤、原盤Brunswick社A500490
Louis ARMSTRONG, Jack HAMILTON, Leslie THOMPSON (tp), Lionel GUIMARES (tb), Peter DUCONGE, Henry TYREE, Alfred PRATT (reeds), Herman CHITTISON (p), Maceo JEFFERSON (g), German ARAGO (b), Oliver TINES (d)


6月16日(土)に京都府長岡京市で行う「ラジオ深夜便のつどい」の観覧募集のお知らせです。

出演は、

▼「明日へのことば」講演会に

京都大学・総長でゴリラ研究の第一人者、山極 壽一さん

▼『アンカーを囲むつどい』は

遠藤 ふき子アンカー と 三宅 民夫アンカー。

▼さらには、京都放送局アナウンサーによる朗読会も行われます。

作品は、司馬遼太郎が長岡京市とゆかりのある細川ガラシャの半生を描いた短編小説、「胡桃に酒」です。

 6月16日(土)午後1時開演予定で、会場は、京都府長岡京市の長岡京記念文化会館です。

 

観覧をご希望の方は、

往復はがきに、お名前、郵便番号、住所、電話番号を書いてお申し込みください。

 応募多数の場合は抽選の上、1枚で2人まで入場可能な整理券をお送りします。

 

宛先は、

郵便番号 617ー0824 

長岡京記念文化会館「ラジオ深夜便のつどい」係

締め切りは5月25日(金)必着です。

 

詳しいことは、NHK京都放送局のホームページをご覧いただくか、

電話 075・251・1111までお問い合わせください。