2020/03/26 18:00春の訪れ・「ほとけのざ」

20200324225615.jpg

小山 晴夫さん
撮影日:2020年3月21日
場所:小諸市 
浅間山の麓を日課のウォーキング中、土手に懐かしい花が群れて咲いているのを見つけました。「ほとけのざ」別名(さんがいぐさ)です。同じ名前の春の七草とは違い食べられませんが、花の蜜は吸えます。花びらを抜いて根元の蜜を吸うと、わずかですが甘さを舌に感じました。子供のころ、甘さを求め次々に吸って遊んだものでした。暖かい土手で遊んだ、幼いころを思い出しました。

 

[東信エリア]



コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲