2008/08/26 17:47幽玄

20080812150317.jpg  

ペンネーム:GO_WEST
撮影日:2008年 8月 11日
場所:旧武石村、お千が淵
暑いと毎年ここにやって来ます。鬱蒼とした暗いところですが、日が差し込むと 滝の飛沫に光線が映えます。

[東信エリア]



コメント

撮るしんの写真毎日みています。
久しぶりに私の好きな作品に出会いました。全体が黒基調の落ち着いた色合いがまず気に入りました。次に滝の白さと、斜光の色合いの微妙な違いが表現されました。時間を掛けた滝の白さを、飛ばさず最高の適正露出と画角で、最高の作品になりました。
また、良い作品を見せてください。 よろしく

投稿日時:2008年08月17日 20:33 | ヒラリン

GO-WESTさん、芸術的な涼風の表現で家にいて味わえるとは感謝です。日の差し込みと滝の飛沫はなんとも言えない味わいですね。
武石村には滝が多いのでしょうか?巣栗渓谷も同じところでしょうか?自然の良さが表れていますね。満腔の謝意です。

投稿日時:2008年08月18日 10:01 | 石松 五郎

ヒラリンさん、石松さん、コメント頂き有難うございます。
正しくは、「お仙ヶ淵」でしたね。訂正させていただきます。

ここは巣栗渓谷の一角でして、先のゴブリンさんのお写真と同じ場所ですが、滝壺まで降りて撮影してみました。私の記憶が正しければ、失恋の悲しみのあまり、お仙という女性が身を投げたとされる伝説の場所です。

投稿日時:2008年08月18日 21:08 | GO_WEST

今朝の連続ドラマ「おひさま」の最後に出てきたお仙ケ淵の写真を見てネットでいろいろ見ていたら、このページに行き着きました。私も写真好きですのでひきつけられました。8/11の撮影とのことですが、何時頃撮られたものですか?又、このような光芒はよく見られるのでしょうか?

投稿日時:2011年08月31日 14:19 | 松井 弘

松井さん、コメント頂きありがとうございます。
撮影データ確認したところ、午後4時近くでした。地形的にお昼過ぎの方が光の条件が良かったかと思います。
遊歩道で滝壺まで下りると、周りは木々で覆われ鬱蒼とした世界に入ります。長秒露出で撮影するにはとても条件が良いです。怒濤の流れで、水しぶきが絶えることはありませんので、「おひさま」の光が差し込めば光芒が頻繁に現れます。

投稿日時:2011年08月31日 22:13 | GO_WEST

早速にご返事ありがとうございます。ネットで巣栗渓谷の情報を色々と探しました。川崎市に住んでいるので朝出ても昼頃になるでしょう。午後の光で撮れるなら間に合いそうですね。尋ねてみたくなりました。

投稿日時:2011年09月04日 17:37 | 松井 弘

コメントの投稿

ページの一番上へ▲