2021/02/02 18:00真冬の飯山田園風景

3212-20210129155434-6013b12a-9914-4e20-9405-36fb0a0a040e.jpg

斉藤 康郎さん
撮影日:2021年1月21日
場所:飯山市
近所の冬の田んぼ風景です。関田山脈麓のこの地域は、新潟県側からの季節風に乗って多量の雪が運ばれてきます。何回か積雪があった晴天の午後は、雪と田んぼが作り出す独特の景色を見せてくれます。

[北信エリア]



コメント

斉藤 康郎さま

初めまして。近所の田んぼの風景なんですか?こんなに素晴らしい風景がお近くとは、まぁ!素敵。光と影の織りなすホワイト&ブルーグレイの中、ず~っと続く白いその先まで、歩いてみたくなります。
『飯山』まだ訪れた事が無い土地ですが、写真家の方の作品で、飯山だという緑にあふれた季節の、田んぼが折り重なる写真を最近拝見しました。もしかしたら同じ場所なのですね。太陽が向こうの森に隠れていました。
遠く離れていては観られないお写真を、本当にありがとうございます。忘れられない光景になりました。 白鳳

投稿日時:2021年02月04日 11:48 | 白鳳

モノクロに近い、少ない色彩で、遠近感のある素晴らしい写真を拝見しました。日本の原風景を感じさせてくれます。正面の農道に足跡らしきものが途中まで続いているのがまた良いですね。飯山は、映画「阿弥陀堂だより」を見てから、その風景に感動し春・秋と3回程写真を取りに出かけましたが、冬の風景も良いですね。 

投稿日時:2021年02月04日 16:25 | トッツ—

斉藤 康郎さま

すてきな写真ですね!雪の飯山の静寂が伝わってくるようです…

投稿日時:2021年02月05日 10:29 | 山本

白鳳さん、コメントありがとうございました。
この撮影場所は、春夏の稲の緑、秋の稲穂の黄金色と、四季折々に違った姿を見せてくれます。確かに、田んぼの並びに沿って走る広域農道からこの情景がいつでも見られるのは幸せなことだと思います。
また、飯山から新潟県十日町方面に緩やかに標高が落ちていく中で、5月下旬の鍋倉山麓の、一面を覆う残雪、その中から立ち上げる太いブナの幹、青空に映えるブナ若葉は見ごたえ十分です。是非訪れてみてください。

トッツーさん、コメントありがとうございました。
おっしゃる通り、モノクロの色彩的にはシンプルな雪景色ですが、いつも15時頃にこのような景色が出現し、ここを通る度に周りに注意しながら車のスピードを落としてしまいます。
この景色も、地域の皆さんによる田んぼ整備や、神社下草刈りなどの努力によるところも大きいと思います。
冬の飯山、主要道路の除雪は完璧です。是非おいでください。

山本さん、コメントありがとうございました。
雪がしんしんと降り積もる夜は、この場所を含め、ことさら静かさを感じます。
でも早い時で、午前3時頃から道路の除雪が始まり、静寂が破れますが、不思議なもので特に睡眠不足にはなりません。
静かな飯山と、力強い除雪作業中の飯山を訪れてみてください。

投稿日時:2021年02月07日 16:31 | 斉藤康郎

コメントの投稿

ページの一番上へ▲