2020/12/02 12:00初雪近し神戸のイチョウ

2496-20201201000241-5fc50991-8634-478d-bd40-2fe00a0a03ac.jpg

三井 健嗣さん
撮影日:2020年11月21日
場所:飯山市
前夜に雨と強風が吹き、家の近くのもみじの葉が全部散っていたのを見て、県の天然記念物である神戸のイチョウの様子が心配になり、早朝に出かけました。小雨が降り、寒かったのか誰もいない中、風で散ったイチョウの葉が幹の根元を埋め尽くしていました。藤棚のような葉をつけた大イチョウと黄色のじゅうたんに、初雪が近いことを感じました。

[北信エリア]



コメント

素晴らしい写真を拝見しました。正にベストタイミングですね。光り輝くイチョウの色や太い幹に元気を貰えます。私の菩提寺にも大きなイチョウの木があり、その季節には何度か訪れますが、中々この写真の様な写真は撮れません。脱帽です。

投稿日時:2020年12月03日 11:04 | トッツ—

コメント頂きありがとうございます。この大イチョウ、その雄大さをどうやれば伝わるか悩みます。たまたま前夜の風でイチョウの葉がたくさん散っていたので思い切って落ち葉の量で雄大さを表現しました。まだ散らずにいる葉とバランスよく撮れて幸運でした。菩提寺のイチョウ、きっと綺麗でしょうね。

投稿日時:2020年12月07日 15:44 | 三井健嗣

コメントの投稿

ページの一番上へ▲