あしたをつかめ 平成若者仕事図鑑

no.166 大学職員

インタビュー
インタビュー

インタビューを見るためには、Windows Media Player 9以上が必要です。

「キャンパスライフを応援します」 大学職員と聞いて、どんな仕事を想像しますか?
大学にいる、ただ事務をするだけの人と思ったら大間違い。大学教授たちとは違った角度から学生たちを支え育てる、教育者でもあります。
今回の主人公の松本育恵さん(26歳)は、大分県別府市にある大学の職員3年生。学生課で課外活動全般をサポートしています。
しかし、仕事は甘くありません。「サークルの補助金をあげて」「遠征用のバスを買って」など、学生からの要望が毎日のように殺到。相談に乗ろうにも、約束の時間を守れない学生たち。さらに、国際交流を理念とする大学なのに、日本人の学生は留学生と距離を置いてしまいがち。そんな学生たちを、時に厳しく、時に温かく支えようと奮闘する松本さんの姿を伝えます。

楽しい大学生活を支える“縁の下の力持ち”すべては学生のために!

■大学職員とは? ■大学職員になるには?■ 収入・待遇は?■ 仕事の味

-----

◇大学職員とは?  全国の国公立大学や私立大学で働く人たちです。

「事務系」 総務・人事・広報・財務・学生の支援・研究の支援・図書情報サービス・大学病院など
「技術系」 施設の管理・研究の補助など

 ちなみに、大学教授たちは「教員」と呼ばれ、大学職員とは区別されています。 ◇全国の状況・今の状況  全国に大学は1200(短大含む)。大学職員の数は約19万人。
 少子化が進む現在、大学職員は大学の魅力を高める実行力が求められています。

研究資金を得るために企業と研究を提携する。
授業の質を高めるために他大学の有名な教授を引き抜く
タオルやレトルトカレーなど大学のオリジナルグッズを充実させる

など、大学職員たちは様々な工夫をこらしています。 ◇ どんな人が向いているの?  大学には幅広い仕事があるので、こういう人が向いているとは一概には言えません。
 むしろ様々なタイプの人が大学の運営には必要です。
 強いて言えば、学生や教員たちを、裏方として支え応援することに、やりがいを感じられる人が向いていると言えるかもしれません。

□↑トップへ戻る□

■大学職員になるには? ■大学職員とは?
■ 収入・待遇は?■ 仕事の味

-----

◇ どうすれば大学職員に? 大学職員になるために特別な資格は必要ありませんが、大学ごとに実施される採用試験を受けなくてはいけません。採用試験は、国立大学と公立・私立大学で異なります。

【国立大学の場合】
 全国統一の1次筆記試験を通過後、大学ごとに面接など。
 ※1次筆記試験の倍率は5〜7倍

【公立大学の場合】
 大学が所属する各地方自治体ごとに筆記・面接試験。

【私立大学の場合】
 大学ごとに独自に筆記・面接の試験。
※松本さんの大学の場合 採用倍率は16.6倍(2008年度) ◇ ステップアップの道すじ  大学職員になると、3〜4年ごとに様々な部署を異動して、大学職員としての幅広い能力を身につけていくことになります。学生と接する部署であろうとなかろうと、常に学生のために仕事をしている、という意識を持つことが大切です。

【国立大学】係員→主任→係長→課長補佐→課長→部長
【私立大学】事務職員→課長補佐→課長→次長→部長
(松本さんの勤める大学)

 その後、理事、事務局長などとして、大学の組織全体の運営にかかわるケースもあります。ステップアップのために、文部科学省や他大学への出向する研修制度もあります。

□↑トップへ戻る□

■ 収入・待遇は? ■大学職員とは?■大学職員になるには?■ 仕事の味

-----

◇収入のめやす  大学ごとで異なります。
(参考)松本さんの勤める私立大学の場合、初任給は189,100円
※年齢給。住宅手当、交通手当などは別途。 ◇大学職員のある一日

松本さんの一日(5月)
ある一日

◇生活サイクルと休日  最も忙しいのは4月〜5月。新入生がたくさん入学してくるからです。
 基本的に授業のない土日が休みですが、休日でも学園祭などイベントのある日は大学に出てくることもあります。
 松本さんの場合、たくさんの学生と接しているため、休日に外に遊びに出かけても学生に目撃されてしまうことも多いとか。

□↑トップへ戻る□

■ 仕事の味 ■大学職員とは?■大学職員になるには?■ 収入・待遇は?

-----

◇おいしさ  自分が関わった学生から感謝される時が一番嬉しい瞬間です。
 特に卒業式の日は学生が窓口にお礼を言いに来てくれる事が多く、それこそ涙が出てしまうと言います。
 社会に出た卒業生たちの活躍を聞く事も大きな楽しみです。 ◇苦さ  窓口にやって来た学生は必ず対応しなくてはいけないので、昼間は自分の仕事がほとんど進みません。そのため、夜遅くまで残って会議の資料を作ったり、学生から提出された書類のチェックをする事もしばしばです。

□↑トップへ戻る□

NHK日本放送協会