2017年07月03日 (月)

「4時も!シブ5時」シェフのヒトワザ!~こんにゃくの青のり炒め煮~

「今週の料理人」

odasan.jpg

小田真規子(おだ・まきこ)(料理研究家)

「こんにゃくの青のり炒め煮」

konnyaku.jpg

 

【材料(2人分)】

こんにゃく:1枚(250g)
しょうゆ:大さじ2
ごま油:小さじ2
青のり:大さじ2

<作り方>
(1)こんにゃくはスプーンで一口大にちぎる。
  〈※ポイント!〉まな板の上で引き切ることで、表面積が大きくなり水分が抜けやすくなる。
(2)ペーパータオル(不織布タイプなら1枚、エンボスタイプなら3~4枚)を耐熱皿に広げ、(1)をのせて包む。
  〈※ポイント!〉開かないよう閉じたほうを下にする。
(3)(2)を、電子レンジ(600W)に2分間かける。
  〈※ヒトワザ!〉電子レンジにかけると、短時間でこんにゃくの水分とアクが抜ける!
(4)取り出したらペーパータオルを取り、耐熱皿の上でこんにゃくの粗熱をとる。(※やけどに注意)
(5)小さめの鍋に、こんにゃく、しょうゆ、ごま油を入れて中火にかけ、煮立たたせる。
  〈※ポイント!〉ごま油が高温になり、しょうゆの香ばしい風味が増す。
(6)調味料の汁気がなくなるまで、4~5分間炒める。
(7)火を止めたら青のりを入れ、絡めたらできあがり。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:16:50 | カテゴリ:4時も!5時も! | 固定リンク


  
2017年06月29日 (木)

シェフのヒトワザ!~炊飯器カオマンガイ~レシピ

「今週の料理人」
1704174jiwadasan.jpg
和田明日香(食育インストラクター)

炊飯器で!タイのチキンライス「カオマンガイ」
1704194ji.jpg

【材料】(4人分)
鶏もも肉(余分な脂肪・筋をキッチンばさみで取る)1枚(300g~)
(鶏肉の下味:酒 大さじ1、塩 小さじ1)
米 2合
水 2合分
チキンスープの素 大さじ1
ココナツオイル 大さじ1/2(※サラダ油でもOK)
しょうが(皮ごと薄切り)10g

(ねぎだれ)
サラダ油 大さじ3
ねぎ(みじん切り)1本
しょうが(みじん切り)20g
にんにく(みじん切り)20g
しょうゆ 大さじ1と1/2

(お好みで)
トマト
レタス
パクチー
スイートチリソース

【作り方】
(1)鶏もも肉はポリ袋に入れて酒・塩をふり、軽く揉む。
(2)米を洗って炊飯器にいれ、2合の目盛りまで水を入れたら、「大さじ5」の水を取る。
 チキンスープの素・ココナツオイル(またはサラダ油)・しょうが・(1)の鶏肉を入れて炊く。
 (メニューを選択できる炊飯器の場合、「炊き込みごはんモード」を選択)
(3)炊いている間にねぎだれ作り。フライパンにサラダ油を熱し、ねぎ・しょうが・にんにくを入れて全体がクタクタになるまで、弱火~中火でよく炒める。
 全体がきつね色になったらしょうゆを加えて火を強め、ひと煮立ちしたら完成。
(4)お皿に炊き上がったごはんと、食べやすく切った鶏肉を盛り、お好みでトマトやレタス、パクチーなどをトッピング。(3)のねぎだれやスイートチリソースを添え、完成。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:18:10 | カテゴリ:レシピ紹介 | 固定リンク


  
2017年06月28日 (水)

「ゆーちゃむのGO!GO!キッチン ポッサム」レシピ

美肌料理「ポッサム」

170628_po-ssam.jpg

【材料】(4名分)
豚肉ブロック 700g
ねぎ 1本
にんにく 5片
赤みそ 大さじ2 
こしょう 適宜
インスタントコーヒー 5g
水 2リットル
パプリカ 2個  
きゅうり 1本  
ニラ 1束
かいわれ菜 適宜
りんご 1個

【作り方】
<ポッサム>
(1)湯を沸かし、こしょう、ねぎ、にんにく、みそ、インスタントコーヒーを入れる
(2)沸騰したら豚肉のブロックを入れ、1時間中火で加熱
(この間に野菜ロールをつくる)
(3)1時間したら、冷まして1センチ幅に切る

<野菜ロール>
※前日/大根の酢漬けを準備
大根を薄めの輪切りにし、酢、みりん、砂糖(1:1:1)を混ぜたつけ汁に一晩漬け込む

(1)ニラの半量を10秒ほど湯がく
(2)野菜とりんご、残りのニラを同じ長さで細切りする
(3)酢漬け大根の上に野菜とりんごをのせて巻き、ゆでたニラで結ぶ
(4)野菜ロールとポッサムを一緒に盛り付けて完成

※好みでアミえびやコチュジャンをつけて食べる
ごま油に塩を加えたタレもオススメ

170628_fansan.jpg

 

韓国の美肌料理 ポッサム
教えてくれたファンさんです!
ありがとうございました(^o^)

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:18:10 | カテゴリ:レシピ紹介 | 固定リンク


  
2017年06月28日 (水)

「4時も!シブ5時」シェフのヒトワザ!~鶏のビステッカ~

「今週の料理人」

arima.png

有馬邦明

「鶏のビステッカ」

tori.png


【材料(2人分)】

鶏モモ肉:2枚

(マリネ液)
オレンジ果汁:2コ分
魚しょう:大さじ1
日本酒:50cc
にんにく(スライス):4~5枚
粒黒こしょう(刻む):少々
とうがらし:1本
ローズマリー:適量
ねぎ(斜め切り):15cm分

(付け合せ)
にんじん(輪切り):5cm分
だいこん(輪切り):5cm分

<作り方>
(1)マリネ液の材料をすべて合わせて火にかけ沸かす。ある程度沸いたら付け合せ用のだいこんとにんじんも入れ一緒に炊き込む。
(2)(1)のマリネ液のあら熱が取れたら鶏モモ肉を30分漬けておく。

 ※注意:あら熱をとらないまま漬けると、肉が固くなる!冷まして漬ける。

(3)マリネ液と一緒に鶏モモ肉を皮の面を下にしてフライパンにいれ、火をつけ中火くらいで焼いていく。
(4)マリネ液が沸騰したら、火力を落としアルミ箔をかぶせ弱火で蒸し焼きにする。
(5)肉に火が通ったらアルミ箔をはずし強火にしてマリネ液を煮詰め、煮詰まってきたら肉をひっくり返してさらに煮詰める。
(6)マリネ液を取り出し、再び肉をひっくり返し皮に焼き目がつくまで焼いたら、マリネ液とともに器に盛る。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:16:50 | カテゴリ:4時も!5時も! | 固定リンク


  
2017年06月27日 (火)

「4時も!シブ5時」シェフのヒトワザ!~みそカルボナーラ~

「今週の料理人」

arima.png

有馬邦明

「みそカルボナーラ」

karubo.png

 【材料(2人分)】

【A】
みそ:小さじ2
卵黄:2コ分
生クリーム:大さじ2
粉チーズ:小さじ2
黒こしょう:適量

パスタ:200g
水:2L
塩:20g
粒黒こしょう(刻む):少々

<作り方>
(1)ボールに【A】の材料を入れてよく混ぜる。
(2)パスタを1%の塩分濃度の沸騰した湯で、袋に書かれたゆで時間通りにゆでる。
(3)水を切った(2)のパスタを(1)のボールに入れてあえるだけ。加熱しない!
(4)器に盛りイタリアンパセリと粒黒こしょうを加える。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:16:50 | カテゴリ:4時も!5時も! | 固定リンク


  
2017年06月27日 (火)

「TWICE」登場!

こちらのカワイイ女性達、誰だかご存知ですか?

170627_twice.jpg

韓国の大人気K−POPグループ「TWICE」(トゥワイス)です。
先日、シブ5時が単独インタビューしました。
20歳前後のこんなに可愛い女の子達に囲まれかなりビビり気味ですが、
オジサン頑張ってきました。

私もよく知らなかったのですが、メンバー9人のうち韓国出身は5人だけで、
1人が台湾、そして3人が日本出身という「多国籍アイドル」です。

韓国の芸能事務所で練習生としてレッスンを積んでオーディションに合格し
2年前にデビューすると、リリースする曲が軒並み1位に。
このほど日本デビューとなりましたが、その前からSNSなどで知名度は
高かったそうです。

韓国での合宿生活の様子や多国籍メンバーの工夫など、タップリ語ってくれました。
インタビューは近日放送予定です。
ご期待下さーい。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:14:32 | カテゴリ:出演者ブログ | 固定リンク


  
2017年06月26日 (月)

「4時も!シブ5時」シェフのヒトワザ!~パプリカのパッサート~

「今週の料理人」

arima.png

有馬邦明

「パプリカのパッサート」

papurika.png

【材料(2人分)】

赤パプリカ:3コ
じゃがいも:2コ 
たまねぎ:1/4コ 
にんにく:1/2かけ 
ミルク:50cc 
ブロード(イタリアのだし※):300cc 
バター:10g
塩:適量 
オリーブ油:適量
パルミジャーノ(すりおろす):適量 
黒こしょう:少々

<作り方>
(1)パプリカ、じゃがいも、たまねぎを乱切りにする。
(2)鍋にオリーブ油少量、バター、つぶしたにんにくをいれ、鍋を傾けながら弱火にかける。
(3)オリーブ油の表面に泡が出てきてにんにくの香りがしてきたら、たまねぎ、じゃがいも、
   パプリカをくわえ鍋に焼け付いた感じになるまで炒める。
(4)(3)にブロードを加えてフタをしてじゃがいもが柔らかくなるまでゆっくり煮込む。
(5)(4)のあら熱がとれたらミルクを加えミキサーでピューレ状にする。
(6)裏ごしをしながら鍋に戻す。再び火にかけ軽く温めながら塩を入れ味を整える。
(7)器にもり、パルミジャーノをのせ、オリーブ油、黒こしょうを合わせる。

※ブロードは、仕込みの段階で出た肉の骨や筋、野菜のくずなどを水とともに鍋に入れ
 沸騰しない程度の弱火でゆっくり煮込んだイタリア風のだし

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:16:50 | カテゴリ:4時も!5時も! | 固定リンク


  
2017年06月23日 (金)

シェフのヒトワザ!~キッチンばさみで「ジャジャッとチャンプルー」~レシピ

「今週の料理人」
1704174jiwadasan.jpg
和田明日香(食育インストラクター)

キッチンばさみで「ジャジャッとチャンプルー」
1704174ji01.jpg

【材料】(4人分)
にら 1/2ワ
とうみょう 1/2パック
もやし 1/2袋(50g)
豚バラ肉(しゃぶしゃぶ用)100g
(豚肉の下味:酒・しょうゆ 各小さじ1/2)
厚揚げ 1/2枚(90g)
卵 1コ
サラダ油 適量

(味付け用)
みりん・しょうゆ・チキンスープの素  各小さじ1
削り節 一つかみ

【作り方】
(1)豚肉はパックのまま酒としょうゆをふってなじませ、下味をつける。
(2)フライパンにサラダ油をひいて中火にかけ、(1)をよく炒める。
(3)豚肉からしっかり脂が出たら、厚揚げをキッチンばさみで2cm角に切って加える。
 にらをキッチンばさみで4cm長さに切りながら加える。
 とうみょうはキッチンばさみで種の部分を切り落とし、長さを半分にカットしながら加える。もやしも加える。
(4)手早く炒めて全体に油がまわったら、フライパンの隅をあけて卵を割りいれ、スクランブル上に固めてから、全体と混ぜる。
(5)フライパンの隅をあけて味付けの材料を、みりん・しょうゆ・チキンスープの素の順に入れ、顆粒を溶かして混ぜ、強火にして具と炒め合わせる。
(6)削り節を手で握って細かくしながら加え、ジャジャッと混ぜたら完成。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:18:20 | カテゴリ:レシピ紹介 | 固定リンク


  
2017年06月22日 (木)

「きょうのギョちそう カツオの洋風のり巻き」レシピ

「カツオの洋風のり巻き」
170622_norimaki.jpg

【材料】 
カツオ 200g  

<漬け汁の調味料>
しょうゆ 大1 
みりん大 1/2
しょうが(すりおろし) 10g

ズッキーニ 1/4本  
パプリカ 1/4個  
ゴマ 適宜
のり 2枚
麦ごはん 600g 

<酢飯の調味料>
酢 60cc(大4) 
砂糖 18g(大2)
塩 6g(小1)

【作り方】
(1)米と麦を入れ普通に炊く
(2)炊き上がったらボールにうつし、酢飯の調味料を入れて混ぜ、すり鉢状に広げて冷ます。
   途中、酢飯の上下をかえしておく
(3)カツオはさっと皮目を焼き、残りの面もさっと焼いて薄切にする
(4)漬け汁につけて味をなじませる
(5)2枚ののりを半分に切って4枚にし、酢飯も4等分にする
(6)のりの端をあけて酢飯を広げ、具材(野菜、カツオ、ごま)をのせて巻く。4本分作る

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:18:10 | カテゴリ:レシピ紹介 | 固定リンク


  
2017年06月22日 (木)

シェフのヒトワザ!~サラダ風カラフル野菜ギョーザ~レシピ

「今週の料理人」
17041001.jpg
パラダイス山元(ミュージシャン)

「サラダ風カラフル野菜ギョーザ」
17041102.jpg

【材料】ギョーザ9個×2(2人分) 
ギョーザの皮 18枚
卵 6個

(トッピングの野菜)
ミニトマト 6個
ぶなしめじ 18本
ブロッコリー 6カット

【作り方】
(1)ブロッコリーとぶなしめじを茹でて冷まし、ミニトマトもあわせて冷蔵庫で冷やしておく。
(2)卵3個分で入り卵をつくる。味付けは不要。
(3)いり卵を包む。三日月型に包み両端をあわせて、つぼのような形に整える。
(4)フライパンに油をひき強火にし、ギョーザを並べる。
(5)少し煙が出てきたら、熱湯を加え、ふたをする。
(6)水分が少なくなってきたら、皿に盛り付ける。
(7)野菜をトッピングする。
(8)塩、ドレッシング、マヨネーズなどをつけていただく。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:18:10 | カテゴリ:レシピ紹介 | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2017年12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バックナンバー


RSS

page top