2017年06月14日 (水)

「ゆーちゃむのGO!GO!キッチン ピザ」レシピ

「ビスマルク」

20171614_bismarck.jpg

【材料】(1人分)
食パン(8枚切り) 2枚
ハム 3枚 
マッシュルーム 2個
黒オリーブ 4個
モッツアレラチーズ 75g 
パルメザンチーズ 大さじ1/2
パプリカ(細切り) 1/4 
バジル 3枚


【作り方】
(1)食パンの耳を切り落とし、2枚並べて端を1センチ程重ね、めん棒でのばしながらつなげる。
(2)ハム、薄切りにしたマッシュルーム、黒オリーブ、モッツアレラチーズをのせ、真ん中にくぼみをつくり、生卵を割り入れる。
(3)生卵を隠すようにハムをのせる。
(4)オリーブオイルを少しかける。
(5)オーブントースターで5分間、表面のチーズがこんがり色づくまで焼く。
(6)器に盛り、パルメザンチーズとオリーブオイルをかけて完成。


「ロールマルゲリータ」

20170614_margherita.jpg

【材料】(1人分)
食パン(8枚切り) 2枚
トマトソース 適量 
モッツアレラチーズ 75g
パルメザンチーズ 大さじ1/2  
バジル 3枚

【作り方】
(1)食パンの耳を切り落とし、2枚並べて端を1センチ程重ね、めん棒でのばしながらつなげる。
(2)トマトソースをぬる。
(3)モッツアレラチーズとバジルをのせる。
(4)生地を巻く。
(5)ラップでくるみ、おさえて形をなじませる。
(6)6等分にカットする。
(7)オーブントースターで5分間、こんがり色づくまで焼く。

20170614_yamamoto.jpg

ピザ専門店「ピッツェリア エ トラットリア ダ  イーサ」店主の山本尚徳さんと一緒に(^O^)

山本さん、ありがとうございました!

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:18:10 | カテゴリ:レシピ紹介 | 固定リンク


  
2017年06月14日 (水)

シェフのヒトワザ!~いかだんご~レシピ

「今週の料理人」

20170614_kurihara.jpg

栗原友(料理人)

「いかだんご」

20170614_ikadango_re.jpg

【材料(約8コ分)】
するめいか:200g(ゲソは使わない)
にんじん:30g
いんげん:3本
たまねぎ(小):1/4コ(約40g)
かたくり粉:大さじ1
卵白:1コ分
塩:小さじ1/2
揚げ油:適量

【作り方】
(1)いかは皮をむき、身を開いてよく洗い、内側の皮をむく。きょうのヒトワザ!ペーパータオルで水分をふき取ると、薄い皮が寄るので、それを取る。そうすることで揚げた時の油はねが軽減される。
(2)包丁でいかを大きめに切ったら、2本の包丁でたたく。包丁の腹を使って粘りを出しながらたたくと、タネがまとまりやすくなる。(細かくしすぎない)
(3)にんじん、いんげん、たまねぎを約3ミリ幅くらいのみじん切りにしておく。
(4)ボウルにいか、にんじん、いんげん、たまねぎ、かたくり粉、卵白、塩を入れてよく混ぜ合わせる。
(5)180度に熱した油にスプーンで落とし入れ、表面がきつね色になるまで揚げたら、油を切って出来上がり。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:18:10 | カテゴリ:レシピ紹介 | 固定リンク


  
2017年06月14日 (水)

「4時も!シブ5時」シェフのヒトワザ!~夏野菜のホイコーロー~

「今週の料理人」

0612-2.jpg

陳建太郎

0612-4.jpg
「夏野菜のホイコーロー」

【材料(2人分)】

豚バラ肉:120g
キャベツ:1/4コ
ゴーヤー:1/4本
太ねぎ:1/3本分
青とうがらし:1本
すだち:1/2コ

(調味料)
塩:小さじ1/2
砂糖:小さじ1/2
紹興酒:大さじ1/2
オイスターソース:小さじ1
こしょう:少々
水:大さじ2
かたくり粉:適量
塩:一つまみ
サラダ油:適量

<作り方>
(1)キャベツは一口大、ゴーヤーは3~4mm幅の薄切り、青とうがらしは斜め小口切り、太ねぎは斜め薄切りにする
(2)豚バラ肉は一口大に切り、かたくり粉をうすく付ける。調味料を混ぜ合わせておく
(3)大目のお湯に塩一つまみ、サラダ油を少量加えキャベツ、ゴーヤーをサッとゆでてざるにあげる
(4)フライパンにサラダ油を熱し(2)の豚バラ肉の両面を丁寧に焼く
(5)太ねぎと青とうがらしを加えて炒め、香りが出たらキャベツ、ゴーヤーを加える
(6)(5)に(2)の混ぜ合わせた調味料を鍋はだから加え、強火でさっと炒め皿に盛る

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:16:50 | カテゴリ:4時も!5時も! | 固定リンク


  
2017年06月13日 (火)

「4時も!シブ5時」シェフのヒトワザ!~陳家のマーボー豆腐~

「今週の料理人」

0612-2.jpg

陳建太郎

0612-3.jpg

「陳家のマーボー豆腐」

【材料(2人分)】
絹ごし豆腐:1丁(300g)
豚ひき肉:100g
長ねぎ:15cm分
あさつき:適量

(調味料A)
おろしにんにく:小さじ1
トウバンジャン:大さじ1
テンメンジャン:大さじ1
顆粒(かりゅう)スープの素(もと):小さじ1/2
水:140cc

(調味料B)
オイスターソース:小さじ1
紹興酒:大さじ1/2
しょうゆ:大さじ1/2
こしょう:少々
水溶きかたくり粉:大さじ2
ラー油:大さじ1/2~1
サラダ油:適量

<作り方>
(1)フライパンにサラダ油を熱し豚ひき肉をパラパラになるまで炒める
(2)火を止めて、(調味料A)のおろしにんにく、トウバンジャン、テンメンジャンを加えて炒め、
   香りがたってきたら水に溶いたスープを加える
(3)塩一つまみを加えた湯にちぎった豆腐をいれてゆでる
(4)(2)のベースに水を切った(3)の豆腐を混ぜいれ、火をつけて調味料Bを加えて豆腐をつぶしながら混ぜひと煮立ちさせる
(5)火を止めて、みじん切りした長ねぎをいれて、水溶きかたくり粉を加えて全体にいきわたらせる
(6)火をつけて、かたくり粉にしっかり火を通し、サラダ油大さじ1とラー油、あさつきを加えて皿に盛る

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:16:50 | カテゴリ:4時も!5時も! | 固定リンク


  
2017年06月12日 (月)

「4時も!シブ5時」シェフのヒトワザ!~酢豚~


「今週の料理人」

0612-2.jpg

陳建太郎

0612-1.jpg

「酢豚」

【材料2人分】
豚肩ロース肉:150g
にんじん:1/4本
ピーマン:1個
たまねぎ:1/4個

(豚肩ロース肉下味)
紹興酒:小さじ1/2
しょうゆ:少々
塩:少々
こしょう:少々

(酢豚調味料)
トマトケチャップ:大さじ2
グレープフルーツジュース:大さじ1
しょうゆ:少々
砂糖:大さじ1
酢:大さじ2
塩:少々
水:大さじ3
水溶きかたくり粉:大さじ1/3~1/2
サラダ油:適量
塩:一つまみ
かたくり粉:大さじ1

<作り方>
(1)豚肩ロース肉を5mm幅に切り<下味>を入れかたくり粉をつけ、酢豚調味料は混ぜ合わせておく
(2)にんじんは薄切り、ピーマンとたまねぎはくし切りにし、塩一つまみとサラダ油少々を入れたお湯でゆでてざるにあげる
(3)フライパンにサラダ油を熱し(1)の豚肉に水を軽くふって、両面焼き色がつくまで焼き一旦取り出す
(4)(3)のフライパンに(1)で混ぜ合わせた酢豚調味料を沸かして火を止め、水溶きかたくり粉でとろみをつけ再び火をつける
(5)(4)に、(2)と(3)の材料を入れて混ぜ合わせサラダ油を少々いれ、器に盛る

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:16:50 | カテゴリ:4時も!5時も! | 固定リンク


  
2017年06月09日 (金)

さかなクンとアナゴちゃんとハマの漁師!

20170609_1.jpg

さかなクンが日本各地の漁師町を訪ねて、旬の魚や郷土料理を紹介する
「さかなクンとぎょぎょ魚ななかまたち」今回は東京湾のアナゴ!今から夏が旬で
す。

20170609_2.jpg

20170609_3.jpg
横浜で66年にわたって漁師をしている鈴木達治(すずき・たつじ)さんとロケをし
ました!
実は鈴木さんは、8年前、魚の調査のために、さかなクンを船に乗せ、
さらには、とれたてのアナゴで作った天ぷらをご馳走した方なんです!
さかなクンはその優しさが忘れられず!!!鈴木さんのために、直筆の似顔絵付き大
漁旗をプレゼントしました!
鈴木さんの反応は、、、「こんないい男じゃねえよ!」照れながらも大喜びしていま
した!

20170609_4.jpg
さかなクンが「シブ5時」に出演してくれる時、毎回、楽屋貼りの紙に絵を描いてく
れるんです!
鈴木さんとアナゴの絵。カワイイですね!!

20170609_5.jpg
 さかなクンは、鈴木さんの船に乗せてもらった後に、急きょ、メガマウスが見つ
かった館山へ向かいました。
 これからも「シブ5時」は、さかなクンといろんなお魚を追いかけていきます!
 

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:12:26 | カテゴリ:出演者ブログ | 固定リンク


  
2017年06月08日 (木)

「さかなクンが作った あなごのレシピ」

「あなごのピカタ」

20170608_anago.jpg

【材料】(2人分)
まあなご(開いたもの)2匹(約150g)
塩 少々
こしょう 少々
小麦粉 適量
卵 2個
粉チーズ 大さじ2
パセリ(みじん切り) 大さじ2
油 大さじ3

・付け合わせ
グリーンアスパラガス 4本
塩・こしょう・サラダ油 少々
トマト(小) 1/2個

【作り方】
(1)あなごは皮目を上にしてまな板に置き、塩をたっぷりふって包丁でしごき、ボウルに入れて洗い、水気をふく
  ※臭みの元となるぬめりをとる
(2)4センチくらいに切って塩、こしょうをし下味をつける。5分くらい置く
(3)ボウルに卵を溶き、粉チーズ、パセリを混ぜる
(4)(2)に小麦粉をまぶし、(3)の衣をたっぷりつける
(5)フライパンに油を入れ、片面2分くらいずつ4~5分 弱火で焼く。器に盛る
(6)グリーンアスパラを切ったものを塩、こしょうし、ソテーする。トマトは4等分にし、(5)の器に盛る

※アナゴのかわりとして白身魚を使っても美味しいです

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:18:10 | カテゴリ:出演者ブログ | 固定リンク


  
2017年06月08日 (木)

「4時も!シブ5時」シェフのヒトワザ!~なすとトマト炒め~

「今週の料理人」

0606_1.jpg

ウー・ウェン(料理研究家)

0608.jpg

「なすとトマト炒め」

【材料4人分】 
なす:4コ
トマト:1コ
にんにく:1かけ(たたく)
塩:小さじ1/4
黒こしょう:少々
かたくり粉:小さじ1/2(大さじ1の水で溶く)
ごま油(白):大さじ2

【なすを買うときのポイント】
・皮の色が濃いものがみずみずしい

<作り方>
(1)なすは皮をむき、2~3mmの薄切りにして、縦にせん切りにする。
   〈※ヒトワザ!〉
   縦にせん切りにすると、なすの水分が逃げず、ジューシーに仕上がる。
(2)フライパンにごま油を入れて中火にかけ、なすを入れてしんなりとするまで炒める。
(3)一口大の乱切りにしたトマトを入れ、炒め合わせる。
(4)たたいたにんにくを入れて香りをつけ、塩、こしょうで味つけし、最後に水溶きかたくり粉でとろみをつける。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:16:50 | カテゴリ:4時も!5時も! | 固定リンク


  
2017年06月07日 (水)

「4時も!シブ5時」シェフのヒトワザ!~たたききゅうりのスープ~

「今週の料理人」

0606_1.jpg

ウー・ウェン(料理研究家)

0607.jpg

「たたききゅうりのスープ」

【材料4人分】 

きゅうり:3本
卵:2コ
みょうが:2コ(小口切り) 
桜えび(乾):5g
水:4カップ
塩:小さじ1/2
かたくり粉:大さじ1(大さじ2の水で溶く)
こしょう:少々
ごま油(白):大さじ1

【きゅうりを買うときのポイント】
・トゲがしっかりしているものが新鮮
・重い方が水分がたっぷりと詰まっている

【作り方】
(1)きゅうりは所々皮をむき、包丁でたたいて3cmの長さに切る。
         〈※ポイント〉
        きゅうりは加熱すると皮が変色するので、部分的にむく。
         〈※ヒトワザ!〉
        たたくと全体にヒビが入り味が絡みやすくなる。不揃いの食感なので食べ飽きない。
      〈※ポイント〉
   大きめに切るときゅうりの水分がスープに流れ出ない。
(2)鍋に水と桜えびを入れ、強火にかけ、沸騰したらふたをして弱火で5分ほど煮る。
(3)きゅうりを入れる。
   〈※ポイント〉
   加熱しすぎると皮が変色するので、ふたはしない。
(4)ひと煮立ちしたら塩を入れ、水溶きかたくり粉でとろみをつける。
(5)沸騰している鍋に溶き卵を流し入れ、こしょう、ごま油で香りをつけたら火を止め、最後にみょうがをのせて完成。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:16:50 | カテゴリ:レシピ紹介 | 固定リンク


  
2017年06月06日 (火)

「4時も!シブ5時」シェフのヒトワザ!~チンゲンサイと豚肉炒め~

「今週の料理人」

0606_1.jpg

ウー・ウェン(料理研究家)

0606_2.jpg

「チンゲンサイと豚肉炒め」

【材料4人分】 
チンゲンサイ:3コ
豚バラ肉:200g(食べやすい大きさに切る)
酒:大さじ1
塩:一つまみ
こしょう:少々

<合わせ調味料>
しょうゆ:大さじ1
はちみつ:小さじ1

【チンゲンサイを買うときの目利きポイント】
 小さくて色の濃いものが香りも濃い

【作り方】
(1)チンゲンサイは根元を切り落とし、一枚ずつはがす。
   茎の部分は一口大のそぎ切りにし、葉は切らずにそのまま使う。
   <※ポイント>
   そぎ切りにすると、切り口の面積が増え火の通りも早くなり、味もよく絡む。
   <※ヒトワザ!>
   葉は切るとしんなりしすぎてしまうので、切らない。
(2)合わせ調味料をつくる。
(3)フライパンに豚バラ肉を入れてから火にかける。油は使わず、じっくり温めて豚肉の脂を引き出す。
(4)豚肉から脂が出たら酒をふり、合わせ調味料を加え、10秒間混ぜずに待つ。
   <※ポイント>
   味が絡みやすいように、10秒待って余計な水分を蒸発させる。
(5)軽く混ぜたら、チンゲンサイの茎を加えて30秒炒め、葉も加えて30秒炒める。塩、こしょうで味を調え、完成。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:16:50 | カテゴリ:レシピ紹介 | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2017年10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バックナンバー


RSS

page top