2018年03月07日 (水)

「4時も!シブ5時」シェフのヒトワザ!SP~男の簡単おもてなし料理 鶏肉の黒酢あん炒め~

「今週の料理人」

teradasan0307.jpg

寺田真二郎(料理研究家)

男の簡単おもてなし料理「鶏肉の黒酢あん炒め」

<材料2人分>
鶏もも肉:200g(2cm角に切る)
セロリ:1/2本(斜め薄切り)
かたくり粉:大さじ1/2
塩:少々
黒こしょう:少々
サラダ油:小さじ2
もずく酢(黒酢タイプ):2パック(100g)
しょうゆ:大さじ1/2
酒:大さじ1/2
かたくり粉:小さじ1
しょうが(すりおろし):小さじ1/2

<作り方>
(1)鶏肉に塩、黒こしょう少々、かたくり粉をまぶす。
(2)(黒酢あんの合わせ調味料を作る)
   ボウルにしょうゆ、酒、かたくり粉、しょうがすりおろしを合わせたら、もずく酢パックを汁ごと加え、混ぜる。
   <※ポイント!> 先に片栗粉を調味料にいれておくととろみが簡単につく
(3)フライパンにサラダ油を中火で熱し、鶏肉を炒め火を通す。
(4)フライパンにセロリと(2)の合わせ調味料を加え、とろみがついたら、塩、黒こしょうで味を調えて完成。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:16:30 | カテゴリ:シブ5時 | 固定リンク


  
2018年03月07日 (水)

「4時も!シブ5時」シェフのヒトワザ!SP~男の簡単おもてなし料理 炊飯器 ローストビーフ~

「今週の料理人」

teradasan0307.jpg

寺田真二郎(料理研究家)

男の簡単おもてなし料理「炊飯器 ローストビーフ」

<材料3~4人分>
牛もも肉(ブロック):400g
塩:小さじ1/2
黒こしょう:小さじ1
にんにく(すりおろし):大さじ1/2
オリーブ油:小さじ2

【ゆずこしょうバターソース】
バター:10g
ポン酢しょうゆ:大さじ4
ゆずこしょう:小さじ1/2

<作り方>
(1)常温に1時間ほど出しておいた牛もも肉をビニル袋に入れ、塩、黒こしょう、にんにくを入れて1分ほどもみこむ。
(2)フライパンにオリーブ油を中火で熱し、牛肉の表面がこんがりしてくるまで焼き、器に取り出し1分ほど置く。
(3)ジッパー付き保存袋に(2)の牛肉をいれ、空気をしっかりと抜いて、口を閉じる。
(4)熱湯(分量外)を炊飯器の半分くらいいれ、袋のまま牛肉を入れる。炊飯器の保温ボタンを押し、40分おく。
   <※ヒトワザ!> 炊飯器「保温」の温度(約70度)が、肉のうまみをこわさずキープ
(5)炊飯器から取り出して、袋のまま氷水につけ、30分ほど冷ます。
   <※ポイント!>できたての状態で切ると肉汁が流れ出てしまうので、落ち着かせるために冷やす。
(6)お好みの厚さに切り分けて、盛り付けて完成。

●お好みでソースづくり
寺田流ソースは「ゆずこしょうバターソース」
上記のソースの材料をフライパンに入れ、混ぜながら1分煮詰めるだけで完成。

※留意事項※
・炊飯器の調理使用について
炊飯器は必ず「保温」モードで使う。「炊飯」モードなど煮沸するような状態の釜の中に袋を入れないこと。
(故障等の原因となる可能性があります)
(参考:独立行政法人 製品評価技術基盤機構)
・生肉の加熱について
生の牛肉を低温加熱するが(炊飯器の保温は、一般平均で約70度)
(1)事前に表面をしっかり焼く (2)約70度で40分加熱する調理のため、新鮮な生肉に繁殖可能な菌は、
ほとんど問題ないレベルまで除去できる。
(参考:厚生労働省)

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:16:30 | カテゴリ:シブ5時 | 固定リンク


  
2018年03月06日 (火)

「ゆーちゃむのGO!GO!キッチン フィンガーフード」レシピ

180306_1.jpg
「フィンガーフード」

【材料】えびとブロッコリーの寒天よせ(直径3.5cm 8個分)※写真右の丸いもの 
水 130ml
コンソメスープの素 1/2個
(顆粒の場合は小さじ2/3)
塩 少々     
粉寒天 1g
ゆでえび 8尾
ブロッコリー 1/2房

【作り方】
(1)ブロッコリーは、塩を少々入れた湯でゆでて、型に入る大きさに小さく切る。
(2)型にまず、えび、次にブロッコリーを入れる。
 ※型から抜いた時のことを考えて順に入れる。
(3)鍋に水と粉寒天を入れてよく混ぜる。
(4)(3)にコンソメスープの素を入れてから火をつけ、混ぜながらスープを溶かす。沸騰したら火を止める
(5)型の中に(4)のスープを注ぎ入れる。
 ※寒天は室温でも固まるので、熱いうちに容器にそそぐ。
(6)固まったら、型から抜いて皿に盛れば完成。


【材料】ソーセージとポテトのフィンガーフード(8個分)※写真左の串刺し
ソーセージ(太いもの) 1本
じゃがいも 1個
紅生姜 お好み
パセリ(飾り用) 少々

【作り方】
(1)ソーセージはゆでて1cmの厚さの輪切りにする。
(2)じゃがいもは良く洗い、ラップをして電子レンジ(500Wで4~5分)にかけてやわらかくし、皮をむく。
(3)加熱したじゃがいもをボウルに入れてつぶす。
(4)紅しょうがをみじん切りにし、じゃがいもと混ぜる。
(5)じゃがいもがなめらかに混ざる程度に紅しょうがのつけ汁を加える。
(6)(5)のじゃがいもをソーセージの太さに合わせて丸め、カットしたソーセージではさみ、ようじで固定する。
(7)パセリを上に飾れば完成。


【材料】4色のフィンガーフード(10cm ショットグラス 4個分)※写真奥のグラス
クリームチーズ 大さじ4
ゆでたとうもろこし 大さじ4(冷凍、缶詰可)
スモークサーモン 8枚
ミニトマト 大さじ4
パセリ(飾り用) 少々

【作り方】
(1)クリームチーズ、スモークサーモン、ミニトマトをとうもろこしと同じくらいの大きさにカットしておく。
(2)グラスに、とうもろこし、スモークサーモン、クリームチーズ、トマトの順に入れ、4色の層になるようにする。
(3)一番上にパセリを飾れば完成。
  ※クリームチーズは、器の側面などにつきやすいので、なるべく上に入れる方が扱いやすい。


【材料】きゅうりと大根のツリーのフィンガーフード(4個)
(※ゆーちゃむ作)
180306_2.jpg

きゅうり 1本
大根 きゅうりと同じくらいの大きさ分
魚肉ソーセージ 1本
チーズ(一口サイズ) 8個
塩 こしょう 適宜
ピンクペッパー(粒) お好み

【作り方】
(1)きゅうり1本をピーラーで長く、スライスする。
(2)大根も同じくうすく長くスライスする。
(3)魚肉ソーセージと、チーズを一口サイズにカットする。
(4)スライスしたきゅうりは折り幅を少しずつ変えて、長めのようじに刺し、ツリーの形のように整え、先端にチーズと魚肉ソーセージを刺しこむ。
(5)だいこんも同じようにする。
(6)それぞれ、塩、こしょうを軽くふれば完成。
 ※お好みで大根にはピンクペッパーを飾る。

180306_3.jpg
レシピを教えてくださった、丸山さんです!
ありがとうございました(^o^)/


180306_4.jpg
おまけ:料理中のゆーちゃむ

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:18:10 | カテゴリ:レシピ紹介 | 固定リンク


  
2018年03月06日 (火)

「旅するおむすび屋さん」inスタジオパーク

今日放送した、「旅するおむすび屋さん」収録後に、
菅本さんのおすすめおむすびをいただきました!

 omusubi1.jpg

炒めたベーコンと日高昆布を混ぜ込んだ「べーこんぶおむすび」は、
北海道に行った時に、日高昆布をもっと一般に広めたいと活動する人から教わったものなんだとか。

omusubi2.jpg
(写真 左がべーこんぶおむすび)

初めての味に、ハリーさんも大喜び!!

omusubi3.jpg

おいしいおむすびを食べながら、みんなで談笑。

omusubi4.jpg

菅本さんの人柄も、人気の秘密かもしれないと思った出演者陣でした。

菅本さん、ありがとうございました!ごちそうさまでした!

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:16:50 | カテゴリ:シブ5時 | 固定リンク


  
2018年03月01日 (木)

「ゆーちゃむのGO!GO!キッチン びゃんびゃん麺」レシピ

180301_1.jpg
「びゃんびゃん麺」

【材料】
〈麺(2人分)〉
強力粉 300g
水 165ml
塩 0.6g

〈トッピングの野菜(1人分)〉
もやし 60g
にんじん 15g(細切り)
小松菜 1/2束

〈薬味など〉
ねぎ お好み(白髪ねぎ)
しょうが お好み(みじん切り)
にんにく お好み(みじん切り)
白ごま お好み
花椒(ホワジャオ) お好み
粉とうがらし お好み
ごま油 お好み

〈たれ(1人分)〉
黒酢 大さじ1
しょうゆ 大さじ1
サラダ油 大さじ2


【作り方】
(1)水に塩を溶かし、強力粉に加えてこねる。
(2)1分程度こねて、全体が混ざったら、ボールにラップをして30分ほど生地を置く。
(3)30分後、軽くこねて10等分(30gずつ)にし、表面にサラダ油を塗り、さらに1時間寝かせる。
(4)1時間後、麺棒などで5ミリの厚さに伸ばす。
(5)長い辺に麺棒を平行にして生地の中央にくぼみをつける。
(6)生地の両端を下から支えて持ち、台にたたきつけるように生地を伸ばす。
(7)ある程度伸びたら、中央のくぼみをつけた部分を裂く。
(8)伸ばした麺は、沸騰した湯で3分間ゆでる。
(9)ゆであがったら、麺と麺がくっついてしまわないように水に軽くさらす。
(10)ゆでもやしを器に盛り、その上に麺を盛りつけ、ゆでた小松菜やにんじんなど好みの野菜を添える。
(11)しょうゆと黒酢を上からかける。
(12)お好みで、薬味をのせ、最後に熱したサラダ油をかけたら完成。
   ※よく混ぜてお召し上がりください。

180301_2.jpg
レシピを紹介してくれた李さんです!
ありがとうございました!!(^О^) 

おまけ
180301_3.jpg
麺を伸ばすのに失敗したゆーちゃむ

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:18:10 | カテゴリ:レシピ紹介 | 固定リンク


  
2018年02月28日 (水)

「4時も!シブ5時」シェフのヒトワザ!~刺身の甘酒じめ~

「今週の料理人」

tateno.jpg

舘野真知子(料理研究家・管理栄養士)

「刺身の甘酒じめ」

sashimi.jpg

<材料・各2人分>
※甘酒は市販のものを使用(米こうじでできたストレートタイプ/砂糖・食塩 無添加)

【たいの甘酒じめ】
たい(刺身用):75g
甘酒:大さじ1
塩:小さじ1/3
レモン:適宜

【いかの甘酒じめ】
いか(刺身用/細切り):75g
甘酒:大さじ1
塩:小さじ1/3
しょうが(すりおろす):小さじ1/2
青ねぎ(小口切り):少々

【まぐろの甘酒じめ】
まぐろ(刺身用):75g
甘酒:大さじ1/2
しょうゆ:小さじ1
ごま油:小さじ1
白ごま:小さじ1/2

<作り方>
(1)たいは食べやすい大きさに切り、甘酒と塩を加えてよく混ぜる。いかは甘酒と塩を加えてよく混ぜる。
   まぐろは食べやすい大きさに切り、甘酒としょうゆを加えてよく混ぜる。
(2)(1)を冷蔵庫で30分間以上ねかせる。
   <※ヒトワザ!>甘酒をあえたら冷蔵庫へIN!甘酒に含まれる糖の浸透圧で、
   アミノ酸などの甘酒のうまみ成分が、刺身に吸い込まれる。
(3)たいはお好みでレモンを添える。いかはしょうがをあえ、器に盛りつけ、青ねぎをのせる。
   まぐろはごま油をあえ、器に盛りつけ、白ごまをふる。
(4)まぐろは温かいごはんにのせて「づけ丼」にしてもおいしい。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:16:50 | カテゴリ:シブ5時 | 固定リンク


  
2018年02月27日 (火)

「4時も!シブ5時」シェフのヒトワザ!~甘酒卵焼き~

「今週の料理人」

tateno.jpg

舘野真知子(料理研究家・管理栄養士)

「甘酒卵焼き」

0227.jpg

<材料2人分>
卵:3コ
甘酒(市販/米こうじでできたストレートタイプ/砂糖・食塩 無添加):大さじ4
塩:小さじ1/3 
サラダ油:適量
(お好みで)
青じそ:2枚
大根おろし:大さじ2
しょうゆ:少々

<作り方>
(1)ボウルに卵を割り、塩、甘酒を加えてよく混ぜる。
   <※ヒトワザ!>甘酒にはアミノ酸が多く含まれているので、だしの代わりとして使う。
(2)卵焼き器にサラダ油を加えてあたため、余分な油を拭き取る。
(3)(1)の1/3を流し入れる。
   <※ポイント!>甘酒は沈みやすいので、卵液は混ぜてから流し入れる。
   <※ポイント!>甘酒は焦げやすいので、弱火で焼く。
(4)半熟になったら奥から手前に巻き込む。焼いた卵を奥に寄せ、空いた部分に油少々を塗り、
   再度(1)の1/3を流し入れ焼く。もう一度くり返して焼き上げる。
   <※ポイント!>卵液を流し入れる時は、そのつど混ぜる。
(5)焼きあがったら食べやすい大きさに切り、青じそ、大根おろしを添え、お好みでしょうゆをかける。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:16:50 | カテゴリ:シブ5時 | 固定リンク


  
2018年02月26日 (月)

「ギョちそう 田崎真也さんが作った『甘塩だらのブランダード』」レシピ

buranda.jpg
「甘塩だらのブランダード」

【材料】
甘塩だら 切り身2枚
シャドークイーン(紫じゃがいも) たらの半分ぐらいの量
 ※なければ普通のじゃがいもでOK
牛乳 50~70ml
生クリーム(乳脂肪45%程度) 大さじ1
おろしにんにく
オリーブオイル 大さじ1 
塩、こしょう 適量

【作り方】
(1)甘塩だらの皮と骨をとりのぞき、下ゆでしてほぐしておく。
(2)じゃがいもの皮をむき、適当な大きさに切ってボイルしておく。
(3)鍋に牛乳、たら、じゃがいもを入れて火にかけ、全体を軽く潰すようにして混ぜ合わせる。
(4)途中、おろしにんにく、塩、こしょうで味を調える。
(5)ガーリックトーストを添えていただく。


※このメニューに合うワイン:カシスの白(南フランスのワイン)

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:18:10 | カテゴリ:レシピ紹介 | 固定リンク


  
2018年02月09日 (金)

シェフのヒトワザ!~あわのクラッカー添えサラダ~

「今週の料理人」

takitasama.png

滝田美智子(たきたみちこ)(料理研究家)

0926.png

「あわのクラッカー添えサラダ」

【材料】(4人分) 
〈あわクラッカー〉
あわ(炊いたもの):100g
※あわをしっかり洗って、白米と同じ水加減で、塩を少量加えて炊く
粉チーズ:10g

〈サラダ〉
マッシュルーム:4コ
葉野菜(サニーレタス、ルッコラ等):150g

〈あわドレッシング〉
市販のドレッシング200mlに、炊いたあわを大さじ1加える

【作り方】
(1)炊いたあわに粉チーズを混ぜる。
(2)ラップを敷き、その上に(1)を少しずつのせ、もう一枚ラップをかぶせる。麺棒で2~3mm厚さに伸ばす。
(3)フライパンにオリーブ油をひき、薄く伸ばしたあわを両面がカリッとするまで焼く。
0926_2.png
(4)サラダ用のマッシュルームは薄切り、葉野菜は食べやすい大きさにちぎっておく。
(5)皿に葉野菜とマッシュルーム、(3)のクラッカーを盛り合わせ、あわドレッシングをかけて完成。
   ※粉チーズのかわりにごまや青のりを混ぜると違う風味が楽しめる。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:18:10 | カテゴリ:レシピ紹介 | 固定リンク


  
2018年02月07日 (水)

2月9日(金)の会いたい!は、キムラ緑子さんと鈴木明子さんの豪華二本立て、必見のエピソード満載です!

今、ドラマや映画で活躍の 
演技派女優 キムラ緑子さん

0202_2.jpg

50代で大ブレイク!バラエティーに出るようになった話。
新しく挑戦しているタップダンスやアクションについて、
輝き続ける、キムラさんの意外な素顔に迫ります。

二本目は、平昌オリンピック直前スペシャル!

バンクーバー、ソチの冬季オリンピックで活躍した
フィギュアスケート 鈴木明子さん

suzuki_akiko.jpg

オリンピック舞台裏の話や、今回の平昌出場選手への期待をクリス松村と語る!
どうぞお楽しみに。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:18:14 | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2018年07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バックナンバー


RSS

page top