2018年11月

2018年11月30日 (金)

シェフのヒトワザ!~ほたてと大根の洋風炊き合わせ~

「本日の料理人」

takitasama.png

滝田美智子(たきたみちこ)(料理研究家)

0927.png

「ほたてと大根の洋風炊き合わせ」

<材料4人分> 
あわ:50g
大根:1/3本
帆立て貝柱の水煮缶(ほぐし):1缶
洋風だし:500ml
塩、こしょう:少々
ローリエ:1枚
パセリ(みじん切り):少々
オリーブ油:少々

<作り方>
(1)大根は4~5cm厚さの輪切りにして4等分に切り、10分間下ゆでする。あわは洗ってざるにあげておく。
(2)鍋に湯を沸かし、洋風だしの素を加え、スープを作る。
(3)ほぐした帆立て貝柱の水煮缶を汁ごと入れて煮立て、大根を加えて軟らかくなるまで煮る。
(4)あわを加え、さらに10分間弱火で煮る。
(5)(3)を器に盛り、オリーブ油を少々回しかけ、パセリのみじん切りをちらして完成。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:18:10 | カテゴリ:シブ5時 | 固定リンク


2018年11月28日 (水)

シェフのヒトワザ!~韓国"美肌"料理 ひき肉の白菜巻き鍋~

「本日の料理人」

fansan201711.jpg

ファン・インソン(韓国料理研究家)

hakusaimaki.jpg

「韓国“美肌”料理 ひき肉の白菜巻き鍋」

<材料2人分> 
合いびき肉:400g
白菜:4枚
にら:8本
にんじん:1/2個

【ひき肉の下味用】
粉とうがらし:大さじ3
青とうがらし(みじん切り):3本
にんにく(おろす):大さじ2
しょうが(おろす):小さじ1/2
みそ:小さじ2
しょうゆ:大さじ2
ごま油:大さじ1
砂糖:小さじ1
こしょう:小さじ1

【だし用】
昆布:1枚
水:1リットル

<作り方>
(1)白菜とにらをゆでる。
   ※ポイント!にらは10秒、白菜は1分。
(2)ひき肉に下味をつける。下味用の調味料や材料を入れ、混ぜる。
(3)下味のついたひき肉を白菜で包む。
   <※ポイント!>ひき肉が隠れるようにしっかり包む。 
(4)包んだ白菜をにらで十字に結ぶ。
(5)水に昆布を入れ10分間つけておく。そこに(4)の白菜巻きを入れ、にんじん(好みで型抜きするとかわいい)も加える。
   <※ポイント!>この時点ではまだ加熱しない。
(6)この後、加熱。中火でフタをして20分ほどゆでれば、完成。
   <※ポイント!>水から入れることでゆっくり加熱され濃いだしがでる。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:18:10 | カテゴリ:レシピ紹介 | 固定リンク


2018年11月08日 (木)

シェフのヒトワザ!~皮下脂肪を焼ききってヘルシーに! 鶏もも肉のカリカリ焼き~

「本日の料理人」

oginosan11-2.jpg

荻野伸也(フランス料理店シェフ)

karikari.jpg

「皮下脂肪を焼ききってヘルシーに! 鶏もも肉のカリカリ焼き」

<材料4人分>
鶏もも肉:2枚(約600g)
塩:適宜
オリーブ油(またはサラダ油):大さじ4
ゆで卵:2コ
ポン酢しょうゆ:適宜

<作り方>
(1)鶏もも肉の両面に多めに塩をふる。
   <※ポイント!>包丁で切り込みなどは入れない。
(2)フライパンにオリーブ油を入れ、中火にかける。油が冷たいうちに鶏もも肉の皮を下にして置く。温まったら弱火に。
   <※ヒトワザ!>たっぷりの油+弱火でじっくり焼き、鶏もも肉の皮下脂肪を焼ききると、皮はカリカリでカロリーもオフ!
(3)フライ返しで時々押さえ、皮を均一に焼く。
   <※ポイント!>途中で裏返すと火が中心まで通らず、身も固くなってしまうので、皮だけをじっくりと焼く。脂はふき取らない。
(4)皮から身の部分にかけて半分以上白くなったら、表面の生の部分に、
   フライパンの中の熱い油をスプーンですくってかける。(※やけどに注意!)
(5)裏返したら火を止めて2分間待ち、余熱で火を通す。
(6)食べやすい大きさにカットし、刻んだゆで卵とポン酢しょうゆをかけて召し上がれ。

【荻野流ワンポイント筋トレ】
~腹筋と体幹を鍛える運動~

oginosantraining2.jpg

(1)イスに浅く座る
(2)足を上げる

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:18:10 | カテゴリ:レシピ紹介 | 固定リンク


2018年11月07日 (水)

シェフのヒトワザ!~フライパンで作る 鶏むね肉のホットサンド~

「本日の料理人」

oginosan11.jpg

荻野伸也(フランス料理店シェフ)

hotsand.jpg

「フライパンで作る 鶏むね肉のホットサンド」

<材料1人分>
鶏むね肉:50g
食パン(8枚切り):2枚
トマト:50g
バジル:4枚
スライスチーズ(溶けるタイプ):2枚
オリーブ油:(1)大さじ4 (2)大さじ1(裏返したあとに加える)

<作り方>
(1)トマトは横に薄切りにし、食パン(1枚)にのせる。鶏むね肉もトマトと同じ薄さにそぎ切りにし、トマトの上にのせる。
   <※ポイント!>鶏むね肉は生のまま挟む。火が通る間にパンに肉汁が染み、ジューシーになる。
(2)(1)にバジル、スライスチーズをのせて、もう1枚の食パンを重ねる。
   <※ポイント!>チーズの塩気があるので味付けいらず
(3)フライパンにオリーブ油(大さじ4)を入れて弱火にかけ、油が冷たいうちに(2)を置く。
   鍋をのせ、中に手を入れて均一に圧力をかけて焼く。
   <※ヒトワザ!>鍋底で潰して鶏むね肉に火を通す!むね肉はパンに挟まれ間接的に火が入るため、パサつかない。
(4)きつね色になったら裏返し、オリーブ油(大さじ1)を足して鍋をのせ、弱火で焼く。
   <※ポイント!>裏返したら鍋はのせるだけでよい
(5)両面がこんがりと焼けたら完成。
   <※ポイント!>パンの中心をフォークで刺し、すぐに手の甲にあてる。あたたかければ火は通っている。

【荻野流ワンポイント筋トレ】
~太ももの後ろの筋肉を動かして代謝UP!~

oginosantraining1.jpg

(1)イスの前に背筋を伸ばして立つ
(2)ゆっくりとイスに座る

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:18:10 | カテゴリ:レシピ紹介 | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2018年11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

バックナンバー


RSS

page top