2018年4月

2018年04月26日 (木)

シェフのヒトワザ!~パパがつくる家庭料理・ナポリタン~

「本日の料理人」

okadasan.jpg

岡田太郎(“料理パパ”・俳優)

naporitan.jpg

「パパがつくる家庭料理・ナポリタン」

<材料1人分> 
パスタ:100g
ソーセージ:40g
ピーマン:1個
パプリカ(赤):半個
たまねぎ:30g

ケチャップ:大さじ2
オイスターソース:小さじ1
はちみつ:小さじ1

<作り方>
(1)野菜とソーセージを食べやすいサイズに切っておく。
(2)まずは、ソーセージをバターで炒める。
(3)そこへたまねぎ、ピーマンを入れて炒める
(4)野菜に火が通ったら、ケチャップを入れる。最初にケチャップを入れて加熱することできつい酸味を飛ばす。
(5)ケチャップに火が通ったら、隠し味のオイスターソースとはちみつを加え、味を調える。
(6)最後にゆでたパスタを加えて、あえればナポリタンの完成。

tamanegiokada.jpg

「たまねぎドレッシング」

<材料>
ベーコン:4枚
たまねぎ:半個
にんにく:3片
マッシュルーム:5個
にんじん:半個
オリーブ油:大さじ4
バター:5g
ポン酢しょうゆ:大さじ4

<作り方>
(1)野菜とベーコンをみじん切りにする。
(2)フライパンにオリーブ油を入れて(1)を炒め、バターを加える。
   ※最初ににんにくとベーコンを炒めると風味がよい。
(3)野菜がしんなりしてきたら、ポン酢しょうゆを加え、ひと煮立ちさせて完成。
   ※お好みで冷ましても、熱いままサラダにかけてもOK

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:18:10 | カテゴリ:レシピ紹介 | 固定リンク


2018年04月20日 (金)

シェフのヒトワザ!~煮込みハンバーグ~

「本日の料理人」

makosan.jpg

Mako(家庭料理研究家)

nikomi.jpg

「煮込みハンバーグ」

<材料4人分>
【ハンバーグのタネ】
合いびき肉(牛・豚):500g
たまねぎ(中):1コ
にんじん:1/2本
にんにく:1かけ
卵:1コ
牛乳:50cc
パン粉:1/2カップ
塩:小さじ1/2
黒こしょう:小さじ1
しょうゆ:適量
ナツメグ:適量

【ソース】
カットトマト(缶):400g
赤ワイン:200cc
ケチャップ:大さじ4
とんかつソース:大さじ3
ローリエ:2枚
バター:20g

オリーブ油:適量

<作り方>
(1)たまねぎはみじん切り、にんじん・にんにくはすりおろす。
(2)大きめのボウルに(1)のたまねぎ・にんじん・にんにくを入れ、
   卵・牛乳・パン粉・塩・黒こしょう・しょうゆ・ナツメグを加えて、全体をよく混ぜ合わせる。
(3)しっかり混ざった(2)のボウルにひき肉を入れ、練りすぎないように混ぜる。
   <※ヒトワザ!> つなぎの材料を先に混ぜて、肉は練りすぎない!
   ⇒練りすぎないことで肉が縮まず、ふっくら仕上がる
(4)混ざったタネを、好みの大きさに分けて成型する。
(5)やや深めのフライパンにオリーブ油を中火で熱し、タネを入れ片面にしっかり焼き目がつくように焼く。
(6)タネを裏返したら、フライパンにソースの材料(カットトマト・赤ワイン・ケチャップ・とんかつソース・ローリエ)
   を入れ、沸騰させたらふたをして弱火で10分ほど煮る。
(7)仕上げにバターを溶かしたら、盛り付けて完成。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:18:10 | カテゴリ:レシピ紹介 | 固定リンク


2018年04月18日 (水)

シェフのヒトワザ!~パパがつくる家庭料理 豚のしょうが焼き~

「本日の料理人」

okadasan.jpg

岡田太郎(“料理パパ”・俳優)

shougayaki.jpg

「パパがつくる家庭料理 豚のしょうが焼き」

<材料2人分> 
豚肉(2,3ミリの厚さのロース):6枚
塩:少々
こしょう:少々
小麦粉:大さじ2

【タレ】
しょうゆ:大さじ4
みりん:大さじ4
お酒:大さじ4
しょうが(すりおろし):お好み
パイナップルジュース:大さじ2 
昆布茶:小さじ2

<作り方>
(1)豚肉は少し厚めがおすすめ。塩・こしょうを軽くふり、小麦粉をまぶしておく。
(2)タレの材料をすべて容器に入れ、混ぜておく。
(3)油を引いたフライパンで、豚肉の片面を焼く。
(4)軽く焦げ目がついたら、裏返し、そこへタレを加え、加熱する。
(5)タレを絡ませ、肉に火が通ればOK。
(6)器に付け合わせの野菜を添え、焼きあがった豚肉を盛りつければ完成。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:18:10 | カテゴリ:レシピ紹介 | 固定リンク


2018年04月13日 (金)

シェフのヒトワザ!~甘酒で!ほうれんそうの白あえ~

「本日の料理人」

tateno.jpg

舘野真知子(料理研究家・管理栄養士)

hourenso.jpg

「甘酒で!ほうれんそうの白あえ」

<材料2人分>
ほうれんそう:100g
にんじん:1/4本 

【白あえ衣】
木綿豆腐:1/2丁
甘酒(市販/米こうじでできたストレートタイプ/砂糖・食塩 無添加):大さじ4
みそ:大さじ1と1/2 
すりごま(白):大さじ1

<作り方>
(1)木綿豆腐はペーパータオルで包み、皿などのおもしをして30分間ほどおき、水けをきる。
(2)にんじんはせん切りにし、塩ひとつまみ(分量外)を加えた湯で2分間ゆでる。にんじんをざるにあげたら、
   同じ鍋でほうれんそうをサッとゆで、冷水にさらし、水けをきって4㎝幅に切る。切ったあとも水けをしっかり絞る。
(3)甘酒は鍋に入れ、中火にかけて、半量になるまで煮詰める。
   <※ヒトワザ!>甘酒は煮詰めてうまみアップ!甘みが濃くなり、白あえ衣の舌触りがよくなる。
(4)ボウルに木綿豆腐を入れ、フォークでつぶす。みそ、(3)の甘酒、すりごまを加えてフォークでよく混ぜ合わせる。
   <※ポイント!>甘酒の糖の働きでふわっと仕上がるため、すり鉢いらず。
(5)全体がふわふわになったら、(2)を加えてあえ、できあがり。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:18:10 | カテゴリ:レシピ紹介 | 固定リンク


2018年04月05日 (木)

シェフのヒトワザ!~養生料理・春野菜のスープ~

「本日の料理人」

idosan.jpg

井戸理恵子(民俗情報工学研究科・節句料理研究家)

「養生料理・春野菜のスープ」

haruyasai.jpg

<材料4人分> 
かぶ:5個
キャベツ:1/2個
セロリ: 2本
オリーブ油:大さじ1
グレープシードオイル:大さじ1
昆布(だし用):20g
水:1リットル
塩:お好み
こしょう:お好み

【かぶのマリネとキャベツの塩昆布あえの調味料】
酢:大さじ1
しょうゆ:大さじ1
塩こんぶ:大さじ1
ごま油:大さじ1

<作り方>
(1)鍋に水と昆布と塩を入れて2時間置き、昆布だしを作る。
   ※急ぎの場合は昆布を煮出してもOK。
(2)かぶは葉を取り、6等分のくし形に切る
   ※葉はみじんぎりにし、梅肉とごま油であえると1品に。
(3)キャベツは芯を取り、大きめのざく切りにする。
(4)セロリは葉を取り、薄切りにする。
(5)昆布だしに切った野菜を入れて加熱する。
   ※キャベツの芯やセロリの葉もだしになるので入れる。
(6)野菜が煮崩れない程度に加熱したら、具材にする野菜を残して、一部、かぶとキャベツを取り出す。
(7)スープは塩、こしょうで味を調え、最後にオリーブ油とグレープシードオイルを混ぜた油を加えてひと煮たちさせたら完成。

●かぶは、酢じょうゆをかけれてかぶのマリネにする。
●キャベツは、ごま油であえた塩昆布をかけて、キャベツの塩昆布あえにする。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:18:10 | カテゴリ:レシピ紹介 | 固定リンク


2018年04月04日 (水)

シェフのヒトワザ!~養生料理・たけのこの辛味みそ豚肉炒め~

「本日の料理人」

idosan.jpg

井戸理恵子(民俗情報工学研究科・節句料理研究家)

「養生料理・たけのこの辛味みそ豚肉炒め」

takenoko.jpg

<材料4人分> 
たけのこ:300g
豚肉(ロース):200g
赤とうがらし(輪切り):お好み
わさび菜:50g

砂糖:大さじ1
みりん:大さじ1
みそ:大さじ1と1/2
にんにく(おろし):小さじ1/2

<作り方>
(1)ゆでたたけのこを小さめのいちょう切りにする。
(2)赤とうがらしの輪切りを炒めた油で、たけのこをさっと炒める。
(3)(2)に砂糖、みそを入れて炒め、さらにみりんを加えさっとあえるように炒めたら、たけのこの辛味みその出来上がり。
(4)豚肉に少し塩を振り、たけのこやみその甘みが残っているフライパンで炒める。
(5)火が通ったら、おろしにんにくを加え、軽くまぜれば豚肉炒めの出来上がり。
(6)器にわさび菜などの旬の葉野菜を敷き、その上に豚肉を盛り付け、最後にたけのこの辛味みそをのせれば完成。
   ※お好みで、さんしょうをふりかけるのもおすすめ。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:18:10 | カテゴリ:レシピ紹介 | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2018年04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

バックナンバー


RSS

page top