レシピ紹介

2018年12月07日 (金)

シェフのヒトワザ!~大根とさけのグラタン~

「本日の料理人」

teradasan1812.jpg

寺田真二郎(料理研究家)

sakeguratan.jpg

「大根とさけのグラタン」

<材料2人分> 
生さけ(切り身):2きれ
だいこん:10センチ
たまねぎ:1/2個
にんにく:1かけ

【グラタンソース用】
牛乳:300ml
薄力粉:大さじ1と1/2
コンソメ(顆粒):大さじ1
塩:適宜
黒こしょう:適宜
白ワイン:大さじ1
バター:20g
オリーブ油:小さじ2
ピザ用チーズ:適宜

<作り方>
(1)ボウルに薄力粉、コンソメ、牛乳大さじ2を入れて泡立て器でよく混ぜ、残りの牛乳を加え、さらに混ぜる。
(2)大根を厚手のポリ袋に入れる。麺棒などでたたき、ひびを入れてから手で一口大に割る。
   割った大根を耐熱容器に入れラップをしてレンジで6分加熱する。
(3)さけに塩、黒こしょうを少々ふり、薄力粉を薄くまぶす。
(4)フライパンでオリーブ油とにんにくを弱火で熱し、さけを両面を焼き、いったん取り出しておく。
(5)そのフライパンにたまねぎ、バター、白ワインを入れて中火で炒め、たまねぎがしんなりするまで炒める。
   ※白いソースにするために焦がさないようにする。
(6)(5)に(2)のだいこんと(1)を加え、混ぜながらしっかりとろみをつける。
(7)(6)に(4)のさけを入れて、塩で味を調える。
(8)グラタン皿に盛り付け、チーズをのせ、トースターでこんがり焼いたら完成。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:18:10 | 固定リンク


2018年12月05日 (水)

シェフのヒトワザ!~いかと長芋の磯炒め~

「本日の料理人」

teradasan1812.jpg

寺田真二郎(料理研究家)

ikatonagaimo.jpg

「いかと長芋の磯炒め」

<材料2人分> 
するめいか(胴、えんぺら、足):1杯
長芋(1cm幅の半月切り):150g
にんにく(みじん切り):1かけ
赤パプリカ(1cm角):1/4個
パセリ(みじん切り):適量
オリーブ油:小さじ2
バター:10g
のりのつくだ煮:大さじ1
料理酒:小さじ1
塩:少々
黒こしょう:少々

<作り方>
(1)いかは、内臓や軟骨を取り除き、胴体は1cmの輪切り、えんぺらと足は食べやすいサイズに切る。
(2)いかを熱湯で表面の色が変わるまで10秒ほどサッとゆでる。
   水気をしっかりきり、塩を少々ふり下味をつける。
(3)フライパンにオリーブ油、にんにく、長芋を入れ、弱火で熱し、両面をこんがりと焼く。
   ※弱火でじっくり焼くと長芋がふっくら焼ける。
(4)火を強め、バター、料理酒で溶いたのりのつくだ煮、ゆでたいかを入れ、さっとあえる。
(5)彩りにパプリカ、パセリを加え、塩と黒こしょうで味を調えれば完成。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:18:10 | 固定リンク


2018年11月30日 (金)

シェフのヒトワザ!~ほたてと大根の洋風炊き合わせ~

「本日の料理人」

takitasama.png

滝田美智子(たきたみちこ)(料理研究家)

0927.png

「ほたてと大根の洋風炊き合わせ」

<材料4人分> 
あわ:50g
大根:1/3本
帆立て貝柱の水煮缶(ほぐし):1缶
洋風だし:500ml
塩、こしょう:少々
ローリエ:1枚
パセリ(みじん切り):少々
オリーブ油:少々

<作り方>
(1)大根は4~5cm厚さの輪切りにして4等分に切り、10分間下ゆでする。あわは洗ってざるにあげておく。
(2)鍋に湯を沸かし、洋風だしの素を加え、スープを作る。
(3)ほぐした帆立て貝柱の水煮缶を汁ごと入れて煮立て、大根を加えて軟らかくなるまで煮る。
(4)あわを加え、さらに10分間弱火で煮る。
(5)(3)を器に盛り、オリーブ油を少々回しかけ、パセリのみじん切りをちらして完成。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:18:10 | 固定リンク


2018年11月28日 (水)

シェフのヒトワザ!~韓国"美肌"料理 ひき肉の白菜巻き鍋~

「本日の料理人」

fansan201711.jpg

ファン・インソン(韓国料理研究家)

hakusaimaki.jpg

「韓国“美肌”料理 ひき肉の白菜巻き鍋」

<材料2人分> 
合いびき肉:400g
白菜:4枚
にら:8本
にんじん:1/2個

【ひき肉の下味用】
粉とうがらし:大さじ3
青とうがらし(みじん切り):3本
にんにく(おろす):大さじ2
しょうが(おろす):小さじ1/2
みそ:小さじ2
しょうゆ:大さじ2
ごま油:大さじ1
砂糖:小さじ1
こしょう:小さじ1

【だし用】
昆布:1枚
水:1リットル

<作り方>
(1)白菜とにらをゆでる。
   ※ポイント!にらは10秒、白菜は1分。
(2)ひき肉に下味をつける。下味用の調味料や材料を入れ、混ぜる。
(3)下味のついたひき肉を白菜で包む。
   <※ポイント!>ひき肉が隠れるようにしっかり包む。 
(4)包んだ白菜をにらで十字に結ぶ。
(5)水に昆布を入れ10分間つけておく。そこに(4)の白菜巻きを入れ、にんじん(好みで型抜きするとかわいい)も加える。
   <※ポイント!>この時点ではまだ加熱しない。
(6)この後、加熱。中火でフタをして20分ほどゆでれば、完成。
   <※ポイント!>水から入れることでゆっくり加熱され濃いだしがでる。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:18:10 | 固定リンク


2018年11月08日 (木)

シェフのヒトワザ!~皮下脂肪を焼ききってヘルシーに! 鶏もも肉のカリカリ焼き~

「本日の料理人」

oginosan11-2.jpg

荻野伸也(フランス料理店シェフ)

karikari.jpg

「皮下脂肪を焼ききってヘルシーに! 鶏もも肉のカリカリ焼き」

<材料4人分>
鶏もも肉:2枚(約600g)
塩:適宜
オリーブ油(またはサラダ油):大さじ4
ゆで卵:2コ
ポン酢しょうゆ:適宜

<作り方>
(1)鶏もも肉の両面に多めに塩をふる。
   <※ポイント!>包丁で切り込みなどは入れない。
(2)フライパンにオリーブ油を入れ、中火にかける。油が冷たいうちに鶏もも肉の皮を下にして置く。温まったら弱火に。
   <※ヒトワザ!>たっぷりの油+弱火でじっくり焼き、鶏もも肉の皮下脂肪を焼ききると、皮はカリカリでカロリーもオフ!
(3)フライ返しで時々押さえ、皮を均一に焼く。
   <※ポイント!>途中で裏返すと火が中心まで通らず、身も固くなってしまうので、皮だけをじっくりと焼く。脂はふき取らない。
(4)皮から身の部分にかけて半分以上白くなったら、表面の生の部分に、
   フライパンの中の熱い油をスプーンですくってかける。(※やけどに注意!)
(5)裏返したら火を止めて2分間待ち、余熱で火を通す。
(6)食べやすい大きさにカットし、刻んだゆで卵とポン酢しょうゆをかけて召し上がれ。

【荻野流ワンポイント筋トレ】
~腹筋と体幹を鍛える運動~

oginosantraining2.jpg

(1)イスに浅く座る
(2)足を上げる

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:18:10 | 固定リンク


2018年11月07日 (水)

シェフのヒトワザ!~フライパンで作る 鶏むね肉のホットサンド~

「本日の料理人」

oginosan11.jpg

荻野伸也(フランス料理店シェフ)

hotsand.jpg

「フライパンで作る 鶏むね肉のホットサンド」

<材料1人分>
鶏むね肉:50g
食パン(8枚切り):2枚
トマト:50g
バジル:4枚
スライスチーズ(溶けるタイプ):2枚
オリーブ油:(1)大さじ4 (2)大さじ1(裏返したあとに加える)

<作り方>
(1)トマトは横に薄切りにし、食パン(1枚)にのせる。鶏むね肉もトマトと同じ薄さにそぎ切りにし、トマトの上にのせる。
   <※ポイント!>鶏むね肉は生のまま挟む。火が通る間にパンに肉汁が染み、ジューシーになる。
(2)(1)にバジル、スライスチーズをのせて、もう1枚の食パンを重ねる。
   <※ポイント!>チーズの塩気があるので味付けいらず
(3)フライパンにオリーブ油(大さじ4)を入れて弱火にかけ、油が冷たいうちに(2)を置く。
   鍋をのせ、中に手を入れて均一に圧力をかけて焼く。
   <※ヒトワザ!>鍋底で潰して鶏むね肉に火を通す!むね肉はパンに挟まれ間接的に火が入るため、パサつかない。
(4)きつね色になったら裏返し、オリーブ油(大さじ1)を足して鍋をのせ、弱火で焼く。
   <※ポイント!>裏返したら鍋はのせるだけでよい
(5)両面がこんがりと焼けたら完成。
   <※ポイント!>パンの中心をフォークで刺し、すぐに手の甲にあてる。あたたかければ火は通っている。

【荻野流ワンポイント筋トレ】
~太ももの後ろの筋肉を動かして代謝UP!~

oginosantraining1.jpg

(1)イスの前に背筋を伸ばして立つ
(2)ゆっくりとイスに座る

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:18:10 | 固定リンク


2018年10月26日 (金)

シェフのヒトワザ!~牛ひき肉ときのこのチーズソースひやむぎ~

「本日の料理人」

natsuisan.jpg

夏井景子(料理研究家)

1023.jpg

「牛ひき肉ときのこのチーズソースひやむぎ」

<材料1人分>
ひやむぎ(乾):100g
牛ひき肉:100g
しめじ:1/2個
にんにく:1/2個
ブルーチーズ:15g
牛乳:100ml
しょうゆ:小さじ1
塩:小さじ1/6
オリーブ油:小さじ1
黒こしょう:適量

<作り方>
[ひやむぎをゆでる]
(1)ひやむぎは指定の時間より約1分間短くゆでる。
   <※ヒトワザ!>ゆで時間を約1分間短くすることで、ソースとあえたときの余熱で、ひやむぎが絶妙の歯ごたえに。
(2)ざるに上げ、水にさらし、ぬめりをとる。

[牛ひき肉ときのこのチーズソースを作る]
(3)にんにくは薄切りに、しめじは石づきを切り、ほぐす。
(4)フライパンにオリーブ油を入れてから火にかけ、にんにくを中火で炒める。
(5)ほんのりきつね色になったら、弱火にする。にんにくの香りが出てきたら、牛ひき肉・しめじを入れ、炒める。
(6)そこにブルーチーズを入れ、溶けるまで炒める。
(7)牛乳、しょうゆ、塩を入れ、ひと煮立ちさせたら火を止め、ソースの完成。

[ひやむぎとソースをあえる]
(8)(7)にひやむぎを加えて、あえる。
   <※ポイント!>余熱でソースとひやむぎをあえる。
(9)器に盛りつけ、黒こしょうをふりかけたら完成。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:18:10 | 固定リンク


2018年10月24日 (水)

シェフのヒトワザ!~きのこ肉山鍋~

「本日の料理人」

yasuisan.jpg

安井レイコ(料理研究家・「日本鍋文化研究所」顧問研究員)

kinokonabe1.jpg

「きのこ肉山鍋」

<材料4人分>
豚バラ肉:300g
きのこ(まいたけ・えのきだけ・しめじなど合わせて):200g
白菜:600g
もやし:200g
煮干し:5本
塩:小さじ1
しょうゆ:大さじ1
水:600ml

ポン酢しょうゆ:適量
豆板醤(トーバンジャン):適量
ゆずこしょう:適量

<作り方>
(1)白菜はざく切りにし、きのこは石づきを除いて小房に分けておく。煮干しは頭とワタを除く。
(2)土鍋に白菜を平らに敷き、煮干しを入れる。鍋の中央にもやしを山盛りにし、
   豚バラ肉でおさえるようにしてもやしを覆い、「肉の山」を作る。
(3)塩、しょうゆ、水を入れ、山のふもとを隠すようにきのこを差し込む。
   <※ヒトワザ!>水は少量!白菜がひたひたになる程度でOK。
   加熱すると野菜ときのこから水分が出るので、うまみが凝縮する。
   <※ポイント!>火にかける前に「肉山」を食卓に出すと、場が盛り上がる。
kinokonabe.jpg
(4)軽くおさえるようにしてふたを乗せ、強火で沸騰させる。ふたが閉まったら、弱火で10分間煮て、完成。
   <※ポイント!>火が通るときのこと野菜のかさが減り、ふたが閉まる。
(5)豚肉は食べやすいよう、キッチンバサミで切る。
   お好みで、ポン酢しょうゆや豆板醤、ゆずこしょうを添えて召し上がれ。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:18:10 | 固定リンク


2018年10月23日 (火)

シェフのヒトワザ!~パンプキン パスタ鍋~

「本日の料理人」

yasuisan.jpg

安井レイコ(料理研究家・「日本鍋文化研究所」顧問研究員)

panpukinnabe.jpg

「パンプキン パスタ鍋」

<材料4人分>
かぼちゃ:350g
スパゲッティ:100g
たまねぎ:100g
マッシュルーム:4~5コ(60g)
キャベツ:200g
にんじん:50g
ブロッコリー:50g
ウインナーソーセージ:6本
固形スープの素(洋風):1コ
塩:小さじ1/2
みそ:大さじ2
水:1000ml

【しめの材料】
牛乳:100ml
粉チーズ:大さじ2
黒こしょう:少々

<作り方>
(1)かぼちゃは種とワタを除き、よく洗う。耐熱皿に入れ、
   ふんわりとラップをし電子レンジ(500W)に3分間かけ、小さめの一口大に切る。
   <※ポイント!>小さめに切ると、かぼちゃがスープに溶け出しておいしさUP。
(2)たまねぎはくし型に切り、マッシュルームは半分に切る。キャベツはザク切りにし、
   ブロッコリーは小房に分け、にんじんはお好みで型を抜く(もしくは輪切りにする)。
   <※ポイント!>かぼちゃとスパゲッティ以外の食材はお好みで
(3)土鍋にたまねぎを入れ、その上にスパゲッティを半分に折って入れる。その上に、キャベツ、マッシュルーム、
   かぼちゃ、にんじん、固形スープの素、塩、みそ、水を入れ、ふたをして強火で沸騰させる。
   (スパゲッティどうしがくっつかないよう、時々そっと混ぜる)
   <※ヒトワザ!>スパゲッティは野菜で挟んで煮込む!しっかり水に浸るので、火がムラなく通る。
   <※ポイント!>スパゲッティが鍋底に焦げ付かないよう、水分の多い野菜を一番下に敷くとよい。
(4)沸騰したら、ウインナーソーセージ、ブロッコリーを入れて5~6分間煮て完成。

karuboshime.jpg

<しめ(カルボナーラ風)の作り方>
(1)具を半分ほど食べたら、牛乳を入れて全体を混ぜ、粉チーズ、黒こしょうを加えて、沸騰させる。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:18:10 | 固定リンク


2018年10月19日 (金)

シェフのヒトワザ!~おもてなし料理 ふわふわスフレオムライス~

「本日の料理人」

teradasannamae.jpg

寺田真二郎(料理研究家)

omuraisunamae.jpg

「おもてなし料理 ふわふわスフレオムライス」

<材料4人分> 
【チキンライス用 材料】
米:2合(30分水に浸水させておく)
洋風スープの素(顆粒):大さじ1
とんかつソース:小さじ1

ケチャップ:大さじ3
(※炊き上げる際に大さじ1、炊き上がったら大さじ2を加える)

鶏もも肉(1センチ角):150g
たまねぎ(みじん切り):1/2個
マッシュルーム(薄切り):4個
オリーブ油:小さじ1
白ワイン:大さじ1
卵:4個
牛乳:大さじ1
塩:適量
黒こしょう:適量

【デミグラス風ソース 材料】
ケチャップ:大さじ6
とんかつソース:大さじ3
洋風スープの素(顆粒):小さじ1
バニラアイス:大さじ3
たまねぎ(薄切り):1/4個
水:240ml

<ふわふわスフレオムライスの作り方>
(1)炊飯器にチキンライス用の材料とケチャップ大さじ1を入れて、水を2合の目盛りまで注ぎ混ぜる。
(2)フライパンにオリーブ油を中火で熱し、塩、黒こしょうをふった鶏肉を加え炒める。
   焼き色がついたら、たまねぎ、マッシュルームを加え炒める。
(3)しんなりしたら白ワインを入れ、ふつふつしたら、炊飯器の米の上にのせて炊く。
   ※炊き上がりにムラができるので、混ぜなくてOK
(4)炊きあがったら、ケチャップ大さじ2を加え混ぜ、耐熱皿に盛る。
(5)卵は卵黄と卵白に分け、それぞれボウルにいれる。
   ⇒卵白は、塩小さじ1/8を加え、つのが立つまでしっかりと泡立てる。
   ⇒卵黄は「牛乳」を加えて混ぜる。
   ※牛乳でのばすことで、混ぜたときに、卵白のメレンゲの泡をつぶしません!
(6)(5)の卵白と卵黄を合わせ、ゴムベラで切るように優しく混ぜたら、チキンライスにのせる。
   ※多少色ムラがあってもOK。混ぜすぎるとふんわり感がなくなるので、注意。   
(7)200℃に温めたオーブンで10分間焼き上げ、デミグラス風ソースをかければ完成。

<デミグラス風ソースの作り方>
(1)鍋にデミグラスソースの材料を入れて、中火でとろみがつくまで煮詰めれば完成。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:18:10 | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2018年12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

バックナンバー


RSS

page top