4時も!5時も!

2018年01月11日 (木)

「4時も!シブ5時」シェフのヒトワザ!~フルーツディップ~

「今週の料理人」

sugiyamasan.jpg

杉山智美さん(東京ガス株式会社 「食」情報センター主幹)

「フルーツディップ」

0111.jpg

<材料(グリルで一度に調理可能な分量)> 

【バナナディップ】
バナナ:1本
グラニュー糖:小さじ1
クリームチーズ:50g

【ブルーベリーディップ】
ブルーベリー:100g
グラニュー糖:小さじ1
クリームチーズ:50g

【キウイディップ】
キウイフルーツ:1個
グラニュー糖:大さじ1
クリームチーズ:50g

【簡単ラスク】
フランスパン(約5mm厚さ):10枚
バター:10g
グラニュー糖:10g

<作り方>
(1)キウイを5mm厚さのいちょう形に切る。
(2)(1)と皮付きのブルーベリーをアルミホイルに乗せて、グラニュー糖をふる。バナナは皮付きのままでいい。
(3)グリル(両面焼きグリル)の手前から、キウイ・ブルーベリー・バナナの順で並べ、強火で焼く。
   (※トレイに水を張って使うタイプのグリルは、必ず水を入れて加熱してください。VTR中で使ったグリルは無水タイプです。)
   <※ヒトワザ!>グリルの使い方を考え抜いた並べ方。グリルを開け閉めするので、手前の温度が低くなりやすい。
    そのため、火が通りやすいキウイから順に手前から並べる

(4)キウイは約4分後、ブルーベリーは約7分後、バナナは約10分後に取り出す。
(5)キウイ・ブルーベリーは粗熱を取り、クリームチーズと混ぜ合わせ完成。
(6)バナナは皮をむき、中身をスプーンで取り出し、グラニュー糖・クリームチーズと混ぜ合わせ完成。
(7)バゲットにバターを薄く塗り、グラニュー糖をふる。
(8)(4)の作業が終了後、グリルが温かいうちに(7)を並べいれ、余熱で約3分間温める。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:16:50 | 固定リンク


2018年01月11日 (木)

1月12日(金)は 鈴木亮平さんにクリス松村がインタビューで迫る!

先週から始まった大河ドラマ「西郷どん」主演
人気俳優 鈴木 亮平さん

suzuki.jpg
子どもの頃憧れたというある職業の話や、朝ドラ「花子とアン」の裏話など、クリス松村ならではの質問が満載!
もちろん、「西郷どん」への思いもたっぷりと聞き出します。お楽しみに!!

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:16:50 | 固定リンク


2018年01月10日 (水)

「4時も!シブ5時」シェフのヒトワザ!~イタリアンオムレツ~

「今週の料理人」

sugiyamasan.jpg

杉山智美さん(東京ガス株式会社 「食」情報センター主幹)

「イタリアンオムレツ」

0110.jpg

<材料(直径20cmフライパン1台分・約4人分)>
卵:5個
ミニトマト:200g
プロセスチーズ:100g
ハム:100g

オリーブ油:大さじ4
塩:小さじ1/4
こしょう:少々

<作り方>
(1)ミニトマトはヘタをとり半分に、プロセスチーズ・ハムは1cm角に切る。
(2)ボールに卵をいれ溶きほぐす。
   <※ポイント!>卵は空気を含ませるように混ぜる。
(3)(2)に塩・こしょうを加え、味を整える。(1)の具材も加える。
(4)フライパンにオリーブ油を多めにいれ、強火にかける。約1分30秒予熱。
   <※ポイント!>予熱終了の見極め方は、卵を一滴落としいれ、すぐジュワーッと上がれば大丈夫。
(5)予熱が終了したら、(3)を流しいれ、全体に混ぜながら半熟状にする。
   <※ヒトワザ!>予熱と高温でふわふわオムレツに。
(6)半熟状になったら、ふたをして強火から中弱火にし、5~7分間加熱したら完成。

※付け合わせの野菜炒めも「予熱」がポイント
フライパンにサラダ油をいれ、強火で約1分30秒予熱してから、切った野菜を加える。
予熱と高温を活かし、短時間で調理をすることで、野菜の水分が流れず、しゃきしゃき食感に。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:16:50 | 固定リンク


2018年01月09日 (火)

「4時も!シブ5時」シェフのヒトワザ!~簡単ほたてシューマイ~

「今週の料理人」

sugiyamasan.jpg

杉山智美さん(東京ガス株式会社 「食」情報センター主幹)

「簡単ほたてシューマイ」

0109.jpg

<材料2人分>
豚ひき肉:200g
ほたて貝柱(缶詰):1缶 ※貝柱はフレークでもOK
シューマイの皮:16~20枚

白菜:4枚
ブロッコリー:4房
にんじん:50g

しょうゆ:小さじ1
酒:大さじ1
かたくり粉:大さじ1
塩:少々
こしょう:少々
水:120~150ml

<作り方>
(1)白菜をそぎ切り、にんじんを輪形に切り、ブロッコリーを一口サイズに切る。
(2)ボールに豚ひき肉と塩・酒・しょうゆ・こしょうを加え、汁けがなくなるまで混ぜる。
(3)(2)にほたて貝柱(缶詰)を汁ごと加え、かたくり粉を加えて粘りけが出るまで混ぜる。
(4)(3)を16~20等分にわけ、シューマイの皮で包む。
   <※ポイント!>皮は親指と人差し指で丸を作り、そこに皮をのせる。そこにタネを押し込むように入れ、包む。
(5)フライパンに、白菜を軸→葉の順で敷き、その上にシューマイ・にんじん・ブロッコリーを並べ、鍋肌から水を注ぎ、ふたをする。
(6)強火で沸騰するまで加熱。
   <※ヒトワザ!>ガラスのふたについた水滴が、勢いよく流れ始めたら沸騰の合図。
(7)沸騰したら、火を強火から中弱火に弱め、約10分間蒸したら完成。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:16:50 | 固定リンク


2017年12月27日 (水)

「4時も!シブ5時」シェフのヒトワザ!年末スペシャル~大根のカルパッチョ~

「今週の料理人」

kuriharasan.jpg

栗原はるみ(料理家)

「大根のカルパッチョ」

1227_2.jpg

<材料・作りやすい分量>
大根:7~8cm
塩:適宜
黒こしょう:適宜
オリーブ油:大さじ2~3
チーズ(ミモレット・パルメザン):各適宜
レモン:適宜

<作り方>
(1)大根は皮をむき、薄い輪切りにして皿に並べ、食べる直前まで冷蔵庫で皿ごと冷やしておく。
   <※ポイント!>みずみずしい大根がおすすめ。できるだけ薄く切るとよりおいしい。
(2)大根に塩、黒こしょう各少々をふり、オリーブ油をかけ、2種のチーズをピーラーで薄くスライスしながら全体にのせる。
   好みでレモンを絞りかける。

1227.jpg

栗原はるみさん、ごちそうさまでした!

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:16:50 | 固定リンク


2017年12月27日 (水)

「4時も!シブ5時」シェフのヒトワザ!年末年始スペシャル~まぐろのタルタル~

「今週の料理人」

kuriharasan.jpg

栗原はるみ(料理家)

「まぐろのタルタル」

1227_3.jpg

<材料・直径4~5㎝スコーン型4コ分>
まぐろ(赤身・刺身用さく):150g
ねぎ(みじん切り):大さじ2
しば漬け(青)(みじん切り):大さじ1
実ざんしょうのつくだ煮:小さじ1
塩:少々
だしじょうゆ:適宜
(しょうゆに削り節(かつおの厚削りタイプ)を入れてしばらくおいたもの)

【トッピング】
うずらの卵:適宜
カッテージチーズ:適宜
すだち:適宜
オリーブ油:適宜
黒こしょう:適宜

<作り方>
(1)まぐろは細かく刻んでからたたき、ボウルに入れる。
(2)ねぎ・しば漬けは細かいみじん切りにする。
(3)(1)のボウルにねぎ、しば漬け、実ざんしょうのつくだ煮、塩少々を加えて軽く混ぜ、
   器の上でスコーン型に詰めて、平らにならして型抜きする。
(4)好みのトッピングを上にのせ、だしじょうゆをかけていただく。

1227.jpg

栗原はるみさん、ごちそうさまでした!

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:16:50 | 固定リンク


2017年12月27日 (水)

「4時も!シブ5時」シェフのヒトワザ!年末スペシャル~トマトすき焼き~

「今週の料理人」

kuriharasan.jpg

栗原はるみ(料理家)

「トマトすき焼き」

1227_1.jpg

<材料2人分>
牛薄切り肉(すき焼き用):200~300g
ミディトマト:12コ(250g)

【割り下】
酒:2カップ 
しょうゆ:大さじ3
砂糖:大さじ2~3

卵:2コ
焼きもち:適宜

<作り方>
(1)割り下を作る。鍋に酒を入れて火にかけ、煮立ったら中火で約5~7分間、半量になるまで煮詰める。
   火を止め、砂糖、しょうゆを加えて混ぜる。
   <※ポイント!>酒はアルコールをしっかりとばして煮詰めると、コクや風味が増す
(2)トマトは洗ってヘタを取り、横半分に切る。
(3)牛肉は大きいものは食べやすく切る。
(4)鍋に割り下を適量入れて火にかけ、煮立ったらトマトを加え、牛肉を広げて入れ、好みの加減に火を通し、
   溶き卵につけながらいただく。途中、味が薄まったら割り下を足す。
(5)最後に焼きもちを入れるのがおすすめ。

1227.jpg

栗原はるみさん、ごちそうさまでした!

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:16:50 | 固定リンク


2017年12月20日 (水)

「4時も!シブ5時」シェフのヒトワザ!~冬野菜のクリーム煮~

「今週の料理人」

komodasan.jpg

菰田欣也(中国料理店 店主)

「冬野菜のクリーム煮」

1220.jpg

<材料2人分> 
白菜:3枚
大根:1/4コ
にんじん:1/3コ
さつまいも:1/3コ
かぶ:2個

バター:10g
牛乳:100cc
砂糖:大さじ1/2
塩:大さじ1/4
こしょう:適量
酒:大さじ1

水溶き片栗粉:(水1:片栗粉1)

<作り方>
(1)にんじんは8mm、大根は1cmのイチョウ切り。さつまいもは1cmの半月切り。かぶは皮をむかずに
   8等分~10等分のくし型に切る。白菜は4cmくらいのざく切りに。芯の部分は1.5cm幅の短冊切りにしておく。
(2)鍋にお湯を沸かし、固いものからゆでる。目安としては、にんじんを入れてから、さつまいもを入れ、
   約2分後にだいこん、さらに2分後にカブと白菜を入れる。カブが透き通ってきたら、野菜をザルにあげる。
   (※ゆで汁はソースに使うので400mlのこしておく。)
(3)<※ヒトワザ!>ザルにあげた野菜を熱いうちに、氷水に入れる。
   野菜の中心までひえたら、ザルにあげ、水をきっておく。野菜を冷やすことで味が入りやすくなる。
   また、煮くずれもふせぐことができる
(4)野菜のゆで汁(400ml)に、バターを溶かし、酒 砂糖 塩と、牛乳を加える。
   (※ゆで汁と牛乳の割合は4:1。好みで塩・コショウで味を整える。)
(5)ソースが温まったら野菜を鍋に戻し、煮立たせる。
   <※ポイント!>冷やした野菜は味がしみ込みやすく、長時間、煮込まなくてもよい。
(6)一旦火をとめ、水溶き片栗粉をゆっくり入れる。かき回して全体がなじんだら、火をつけてひと煮立ちすれば完成。
   <※ポイント!>片栗粉を入れる前に火をとめ、入れた後に必ず、ひと煮立ち。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:16:50 | 固定リンク


2017年12月19日 (火)

「4時も!シブ5時」シェフのヒトワザ!~エビと野菜の塩味炒め~

「今週の料理人」

komodasan.jpg

菰田欣也(中国料理店 店主)

「エビと野菜の塩味炒め」

1219.jpg

<材料2人分>
えび:6尾~8尾
ブロッコリー:1/3コ
カリフラワー:1/3コ
長ねぎ:1/2本
しょうが:1かけ
ハム:2枚
サラダ油:適量

【エビの下ごしらえ】
かたくり粉:適量
塩:適量
水:適量

【えびの下味】
酒:大さじ1 
塩:適量
こしょう:適量
かたくり粉:適量

【合わせ調味料】
鶏がらスープ:大さじ2
酒:大さじ1
砂糖:小さじ1/3
塩:小さじ1/5 
コショウ:少々
かたくり粉:小さじ1

<作り方>
(1)えびは殻と背わたを取り除いておく。塩とかたくり粉、水を加え軽く混ぜて、汚れを落とす。
   <※ヒトワザ!>かたくり粉でえびの汚れと匂いを除去!
           汚れが出てきたら、よく水で洗い、ペーパータオルなどで水をふきとる。
(2)えびに塩とコショウを加えて粘りが出るまでもみこむ。大さじ1の酒を加えてなじませたら、かたくり粉を入れる。
   <※ポイント!>かたくり粉でえびの水分をコーティング!
(3)長ねぎは1cmの斜め切り、しょうがは薄切り、ハムはみじん切りに。
   ブロッコリーとカリフラワーは小さく房に分け、さらに半分に大きさをそろえるように切る。調味料はすべてあわせておく。
(4)具材をゆでる。お湯にカリフラワーを入れ、約45秒、ブロッコリーの順に入れていき、さらに約40秒したらえびを入れる。
   <※ポイント!>えびはコーティングしている片栗粉が落ちないように、あまり動かさない
   えびをいれて50秒くらいしたら、ざるにあげておく。
(5)フライパンにサラダ油をあたため、長ねぎとしょうがを中火でいためる。香りがでてきたらハムを入れ、
   温まったら先ほどゆでた野菜とえびを入れる。合わせ調味料をいれて、軽くいためて馴染ませたら完成。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:16:50 | 固定リンク


2017年12月18日 (月)

「4時も!シブ5時」シェフのヒトワザ!~カリカリチキン北京ダック風~

「今週の料理人」

komodasan.jpg

菰田欣也(中国料理店 店主)

「カリカリチキン北京ダック風」

1218.jpg

<材料2人分>
鶏もも肉(皮つき):1/2枚(120g)
長ねぎ:1本
サンチュ:2枚
サンドイッチ用パン:2枚
塩・コショウ:少量
片栗粉:適量
サラダ油:大さじ1
甜麺醤(テンメンジャン):大さじ1
マーマレード:大さじ1

<作り方>
(1)鶏もも肉は均一の厚さになるよう肉を切り開き、筋切りをする。
   両面に塩・コショウをふってなじませ、片栗粉をまぶし、余分な粉を落とす。
   <※ポイント!> かたくり粉をつけて、カリカリ感UP!
(2)長ねぎは縦に1本切れ目を入れて開き、中心を取り除き、繊維を切るように斜め切りにする。
   <※ポイント!> 繊維を断つように切ると、食べたときの食感がよくなる。
(3)サンドイッチ用のパンは手で押し付けて、中の気泡をつぶし、ぺちゃんこにする。めん棒などでつぶしてもよい。
(4)甜麺醤とマーマレードを混ぜておく。
   <※ポイント!> マーマレードはいちごジャムや、はちみつでも代用可。
(5)サラダ油をひいたフライパンに、(1)の鶏肉を皮目を下にして、皿でおしつけて平らになるようにし中火で両面3~4分焼く。
   <※ヒトワザ!> 皿で上から押しつけて焼くことで肉が丸まらないで焼き面が広くカリカリの食感に。
(6)パンの上にサンチュとひとくちサイズに切った鶏肉、長ねぎをのせ、タレをかければ完成。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:16:50 | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2018年01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー


RSS

page top