シブ5時

2019年06月20日 (木)

シェフのヒトワザ!~青じそのジェノベーゼそうめん~

「本日の料理人」

natsuisan201906.jpg

夏井景子(料理研究家)

aojisosoumen.jpg

「青じそのジェノベーゼそうめん」

<材料1人分>
青じそ:10枚
くるみ(無塩):大さじ2
ツナ(缶詰/油漬け):1/2缶
オリーブ油:大さじ2
塩:小さじ1/3
酢:大さじ1/2
そうめん:100g

【トッピング】
なす(揚げたもの):1/2本
トマト:1/2コ
スナップえんどう(ゆで):2本

<作り方>
(1)青じそとくるみはなるべく細かいみじん切りにし、大きめのボウルに入れる。
(2)(1)にオリーブ油、塩、油をきったツナ、酢を加えてよく混ぜる。
   <※ヒトワザ!>隠し味に「酢」。くるみやオリーブ油、ツナの油をさっぱりとさせ、引き締まった味に。
(3)(2)に、ゆでて冷やしたそうめんを加え、よくあえる。
(4)器に盛り、揚げなす、トマトなどお好みの野菜をトッピングして完成。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:17:55 | 固定リンク


2019年06月19日 (水)

シェフのヒトワザ!~夏野菜のマーボー麺~

「本日の料理人」

natsuisan201906.jpg

夏井景子(料理研究家)

mabomen.jpg

「夏野菜のマーボー麺」

<材料1人分>
豚ひき肉:100g
きゅうり:1/2本
トマト:1/2コ
にんにく(みじん切り):1/2かけ分
しょうが(みじん切り):1/3かけ分
細ねぎ(小口切り):適量
そうめん:100g
ごま油:小さじ2
豆板醤(トーバンジャン):小さじ1/4
きび糖:小さじ1
しょうゆ:小さじ1
みそ:小さじ1と1/2
水:80ml
かたくり粉:小さじ1
黒こしょう:適量

<作り方>
(1)きゅうりは縦半分にし、斜め薄切りに。トマトはザク切りにする。
(2)フライパンにごま油をしき、豆板醤、にんにく、しょうがを入れ、強火で炒める。
   香りが出てきたら、豚ひき肉を加えて中火にし、色が変わるまで炒める。
(3)きゅうりを加え、しんなりするまで、4分ほど炒める。
   <※ヒトワザ!>具の主役はきゅうり。しっかり炒めると、青臭さが抜け、豚肉の脂となじむ。
(4)トマトを加えて炒める。
   <※ポイント!>トマトは加熱しすぎない
(5)きび糖、しょうゆ、みそ、水を加え、水でみそを溶く。
   黒こしょうをふり、水溶きかたくり粉を加え、ひと煮立ちしたら、ゆでたそうめんにのせる。
(6)お好みで細ねぎを散らして完成。全体をあえながら召し上がれ。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:17:55 | 固定リンク


2019年06月14日 (金)

シェフのヒトワザ!~すき焼き風ふわふわオムレツ~

「本日の料理人」

teradasan201906.jpg

寺田真二郎(料理研究家)

sukiyakiomuretsu.jpg

「すき焼き風ふわふわオムレツ」

<材料4人分> 
卵:4個
はんぺん:1枚
えのきだけ(4等分):1/3袋
だし(顆粒かりゅう):小さじ1
サラダ油:大さじ1と1/2

【トッピング用】
牛肉(薄切り):100g(5cm幅)
ねぎ:1/2本(斜め薄切り)
水溶き片栗粉(水、片栗粉):各小さじ1/4

しょうゆ:小さじ2
砂糖:小さじ2
みりん:小さじ1

青じそ:2枚(半分に切る)
いりごま(白):適量
マヨネーズ:適量

<オムレツの作り方> 
(1)ボウルに卵、えのきだけ、だしを入れて、混ぜる。
(2)はんぺんを袋のまま細かくつぶし、(1)に加えて混ぜる。
(3)サラダ油を中火にかけたフライパンで熱し、(2)をいれる。
(4)混ぜずにごく弱火にし、フタをして片面を5分焼く。
(5)裏返し、さらにふたをし3分焼けば、ふわふわオムレツの完成。
fuwafuwaomuretsu.jpg
(6)お好みで、青じそ、すき焼き味の肉、ごま、マヨネーズをトッピング

<トッピング:すき焼き味の肉の作り方>
(1)フライパンにサラダ油をいれ、牛肉とねぎを炒め、牛肉に焼き色がついたら、
   砂糖、みりん、しょうゆで味付けする。
(2)ふつふつとしてきたら、水溶きかたくり粉を加え、とろみをつけ、肉につやを出す。
   ※少量の水溶きかたくり粉を加えると、水っぽさも抑えることができる。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:17:55 | 固定リンク


2019年06月12日 (水)

シェフのヒトワザ!~インスタント麺で作るイタリアンあんかけかた焼きそば~

「本日の料理人」

teradasan201906.jpg

寺田真二郎(料理研究家)

katayakisoba.jpg

「インスタント麺で作るイタリアンあんかけかた焼きそば」

<材料4人分> 
インスタント麺(塩味):2袋
トマトの水煮缶(カットタイプ):300g
ツナ缶(小):1缶
カット野菜:1袋
にんにく(すりおろし):小さじ1
水:760ml
水溶きかたくり粉(水、かたくり粉):各大さじ3
オリーブ油:大さじ6
粉チーズ:適量
ドライバジル:適量

<作り方> 
(1)フライパンでインスタント麺の表示の分量の水で麺をゆでる。
   ※ゆで時間は表示のゆで時間の半分
(2)ゆであがったら、鍋にざるをセットして、麺とゆで汁に分ける。
   ※ゆで汁は捨てずに残しておく。
(3)フライパンにオリーブ油をいれ中火で熱し、麺を広げて揚げ焼きにする。
(4)両面がこんがり焼けたら、食べやすく4等分に切り、器に盛る。
(5)残しておいたゆで汁にトマトの水煮、ツナ、にんにく、インスタント麺のスープの素をいれ中火にかけ、
   沸騰させたら、カット野菜を加える。
(6)野菜がしんなりする前に水溶きかたくり粉でとろみをつける。
   ※早めに水溶きかたくり粉を加えると、野菜のシャキシャキ感が残る。
(7)(6)に火が通ったら、揚げ焼きした麺にかけ、仕上げに粉チーズをトッピングして、完成。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:17:55 | 固定リンク


2019年06月07日 (金)

シェフのヒトワザ!~煮込みハンバーグ~

「本日の料理人」

makosan.jpg

Mako(家庭料理研究家)

nikomi.jpg

「煮込みハンバーグ」

<材料4人分>
【ハンバーグのタネ】
合いびき肉(牛・豚):500g
たまねぎ(中):1コ
にんじん:1/2本
にんにく:1かけ
卵:1コ
牛乳:50cc
パン粉:1/2カップ
塩:小さじ1/2
黒こしょう:小さじ1
しょうゆ:適量
ナツメグ:適量

【ソース】
カットトマト(缶):400g
赤ワイン:200cc
ケチャップ:大さじ4
とんかつソース:大さじ3
ローリエ:2枚
バター:20g

オリーブ油:適量

<作り方>
(1)たまねぎはみじん切り、にんじん・にんにくはすりおろす。
(2)大きめのボウルに(1)のたまねぎ・にんじん・にんにくを入れ、
   卵・牛乳・パン粉・塩・黒こしょう・しょうゆ・ナツメグを加えて、全体をよく混ぜ合わせる。
(3)しっかり混ざった(2)のボウルにひき肉を入れ、練りすぎないように混ぜる。
   <※ヒトワザ!> つなぎの材料を先に混ぜて、肉は練りすぎない!
   ⇒練りすぎないことで肉が縮まず、ふっくら仕上がる
(4)混ざったタネを、好みの大きさに分けて成型する。
(5)やや深めのフライパンにオリーブ油を中火で熱し、タネを入れ片面にしっかり焼き目がつくように焼く。
(6)タネを裏返したら、フライパンにソースの材料(カットトマト・赤ワイン・ケチャップ・とんかつソース・ローリエ)
   を入れ、沸騰させたらふたをして弱火で10分ほど煮る。
(7)仕上げにバターを溶かしたら、盛り付けて完成。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:17:55 | 固定リンク


2019年06月06日 (木)

シェフのヒトワザ!~進化する定食屋の味・ぷりぷりえびチリソース~

「本日の料理人」

hishidasan.jpg

菱田アキラ(定食屋 店主)

ebichiri.jpg

「進化する定食屋の味・ぷりぷりえびチリソース」

<材料2人分>
むきえび:24尾(約300g)

【A】
塩・こしょう:適量
卵白:1個分
かたくり粉:小さじ2
サラダ油:小さじ1

【チリソースの材料】
サラダ油(ソース用):大さじ6
トマトケチャップ:大さじ3
豆板醤(トーバンジャン):大さじ1
にんにく(みじん切り):2かけ分
しょうが(みじん切り):2かけ分(20g)
塩・こしょう(ソース用):適量
砂糖:大さじ2
顆粒(かりゅう)チキンスープの素(もと):小さじ1
水:1カップ

【水溶きかたくり粉】
水:小さじ1
かたくり粉:小さじ1

ねぎ(みじん切り):60g
溶き卵:2個分
酢:大さじ1

<作り方>
(1)えびの背わたを除き、冷水で洗ったら、水けをしっかりと切る。
(2)えびをボールに入れ、【A】を加えてもみ込む。
   <※ポイント!>卵白の衣がえびの水分をキープしてくれる。
(3)下味をつけたえびを「油通し」、140℃のたっぷりの油に30秒間くぐらせる。
   <※ヒトワザ!>「油通し」でえびのうまみを閉じ込める。プリプリした食感に!
    ※140℃の油は、菜箸の先から細かい泡が出始める程度。
(4)フライパンにサラダ油を入れ弱火で熱し、トマトケチャップ、豆板醤を加えて1分間いためる。
(5)にんにく、しょうがのみじん切りを入れ、香りがたったら水でのばす。
(6)塩・こしょう・砂糖・顆粒チキンスープの素を加え、中火で熱する。
(7)煮立ったら、えび、ねぎのみじん切り、【水溶きかたくり粉】を加えて混ぜる。
(8)ソースにとろみがついたら、溶き卵を回し入れ、酢を加えてサッと混ぜて完成。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:17:55 | 固定リンク


2019年06月05日 (水)

シェフのヒトワザ!~進化する定食屋の味・ボリューム満点ごろごろ肉シューマイ~

「本日の料理人」

hishidasan.jpg

菱田アキラ(定食屋 店主)

shuumai.jpg

「ボリューム満点ごろごろ肉シューマイ」

<材料:2人分(大6個分)>
豚肩ロース(塊):450g
たまねぎ:1/8個(約25g)
厚めのシュウマイの皮:6枚
かたくり粉:小さじ1

【A】
オイスターソース:大さじ1
砂糖:大さじ1
ごま油:大さじ1/2
しょうが(すりおろし、しぼる):小さじ1
塩:小さじ1
こしょう:少々

<作り方>
(1)豚肩ロース(塊)を1センチ角に刻む。
(2)刻んだ豚肉をボールに入れ、【A】加えて混ぜる。
   <※ポイント!>肉は一定方向に混ぜる。
   <※ポイント!>ボールのまわりに付着する脂肪が出来上がりのサイン。文字が書けるくらいになったらOK。
(3)(2)の肉ダネを叩きつけて空気を抜く。
(4)たまねぎを5ミリ角に切り、片栗粉をまぶす。
   <※ヒトワザ!>片栗粉をたまねぎで狙い打ちコーティング。肉の味を際立たせる!
(5)たまねぎを肉ダネにサッと混ぜ合わせる。
   <※ポイント!>かたくり粉のコーティングがたまねぎから取れないように、3~4回軽く混ぜ合わせればOK。
(6)冷蔵庫で30分間冷やす。
(7)肉ダネを6等分し、シュウマイの皮に包む。皮から大きくはみ出すように肉ダネをのせる。
    ※バターナイフを使うと包みやすい。
   <※ポイント!>はみ出した肉ダネにくびれを作り、熱を通りやすくする。
(8)強火で12分間蒸して完成。
   <※ポイント!>蒸し器の底に油を塗ってから蒸す。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:17:55 | 固定リンク


2019年05月31日 (金)

シェフのヒトワザ!~パパがつくる家庭料理 豚のしょうが焼き~

「本日の料理人」

okadasan.jpg

岡田太郎(“料理パパ”・俳優)

shougayaki.jpg

「パパがつくる家庭料理 豚のしょうが焼き」

<材料2人分> 
豚肉(2,3ミリの厚さのロース):6枚
塩:少々
こしょう:少々
小麦粉:大さじ2

【タレ】
しょうゆ:大さじ4
みりん:大さじ4
お酒:大さじ4
しょうが(すりおろし):お好み
パイナップルジュース:大さじ2 
昆布茶:小さじ2

<作り方>
(1)豚肉は少し厚めがおすすめ。塩・こしょうを軽くふり、小麦粉をまぶしておく。
(2)タレの材料をすべて容器に入れ、混ぜておく。
(3)油を引いたフライパンで、豚肉の片面を焼く。
(4)軽く焦げ目がついたら、裏返し、そこへタレを加え、加熱する。
(5)タレを絡ませ、肉に火が通ればOK。
(6)器に付け合わせの野菜を添え、焼きあがった豚肉を盛りつければ完成。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:17:55 | 固定リンク


2019年05月30日 (木)

シェフのヒトワザ!~BBQ料理 ハッセルバックポテト~

「本日の料理人」

takedasan201905.jpg

たけだバーベキュー(アウトドア料理研究家・芸人)

poteto.jpg

「たけだバーベキューのBBQ料理 ハッセルバックポテト」

<材料 じゃがいも1個分> 
じゃがいも(大き目):1個
ズッキーニ(薄く半月切り):1/4個
なす(薄く半月切り):1/4本
ミニトマト(薄切り):2個
ベーコン(スライスされたもの1センチ幅にカット):1枚
ローズマリー:適量
塩:少々
黒こしょう:少々
オリーブ油:大さじ1
パルメザンチーズ:大さじ1

<作り方>
(1)じゃがいもに2ミリ間隔で薄く切り目を入れ、蛇腹状態にする。
waribashi.jpg

jyagaimo1.jpg
※わりばし2本でじゃがいもを支えて切ると下の部分まで切り落とさずに切れる。
(2)切り目が入ったじゃがいもにズッキーニ、なす、ミニトマト、ベーコンを挟む。
(3)アルミホイルの上にのせて、塩、黒こしょうで味付けし、オリーブ油をまわしかけ、香りづけにローズマリーを添える。
(4)(3)をアルミホイルでしっかり包み、BBQグリルの上に置いて焼く。
(5)焼けたら、パルメザンチーズを振って完成。
※焼き時間の目安は25分間。中まで火を通す。
※家庭で作る場合は、魚焼きグリルやオーブンでもOK。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:17:55 | 固定リンク


2019年05月29日 (水)

シェフのヒトワザ!~BBQ料理 牛肉のスタッフドロール~

「本日の料理人」

takedasan201905.jpg

たけだバーベキュー(アウトドア料理研究家・芸人)

sutaffudororu.jpg

「たけだバーベキューのBBQ料理 牛肉のスタッフドロール」

<材料:ステーキ肉1枚分> 
牛肉(ステーキ肉):1枚
※肩ロース、ランプ肉など薄く伸ばせる部位
マッシュルーム(薄切り):6個
ピザ用チーズ:60グラム
バジル:8枚
塩:少々
黒こしょう:少々

竹串:6本程度
アルミ製の鍋(使い切りタイプ):1個(肉を覆えるサイズ)

<作り方>
(1)牛肉をラップにのせて、空き瓶やミートハンマーなどで薄く伸ばす。
※空き瓶を使用する場合は、割れないように注意
(2)(1)に塩、黒こしょうをふる。
(3)(2)にマッシュルーム、バジル、ピザ用チーズをのせる。
(4)包むように巻いて竹串でとめる。
(5)表面に焼き目をつける。
konro.jpg
※BBQグリルの場合は強火ゾーンで表面に焼き目をつける。
(6)焼き目をつけたら、弱火で中まで火が通るように加熱する。
aruminabe.jpg
※BBQグリルでは弱火ゾーンに移し、アルミ製鍋でフタをして、中まで火が通るようにじっくり20分程度加熱。
(7)中まで火が通ったら、串ごとにカットして完成。

※BBQグリルを使う場合、炭ありの強火ゾーン、炭なしの弱火ゾーンを作っておくと火加減が調整できて便利。
※家庭で作る場合は、魚焼きグリルやオーブンでもOK。
※竹串はあらかじめ水に20分ほどつけておくと燃えにくい。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:17:55 | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

バックナンバー


RSS

page top