4時も!5時も!

2017年09月06日 (水)

「4時も!シブ5時」シェフのヒトワザ!~トマト缶のレバにら炒め~

「今週の料理人」

aokisan.png

青木敦子(あおき・あつこ)(料理研究家)

0906reba.png

「トマト缶のレバにら炒め」

<材料(2人分)>
鶏レバー:100g
にら:1/2束
トマト缶:100g(1/4缶)
めんつゆ(2倍濃縮):大さじ2杯
塩こうじ:小さじ1 1/2杯
豆板醤(トーバンジャン):少々
オリーブ油:大さじ1杯

<作り方>
(1)鶏レバーは一口大に切り、水で洗ってよく水けをきる。にらは茎の部分を2~3cm、そのほかは5cm程度の長さに切る。
  〈※ポイント!〉 鶏レバーの栄養を損なわないよう、さっと洗うだけ。水分はしっかりととる。
(2)トマト缶をフォークで潰し、めんつゆ・塩こうじ・豆板醤(トーバンジャン)を加えて、トマト缶合わせだれを作る。
  〈※ヒトワザ!〉トマト缶とめんつゆ・塩こうじ・豆板醤(トーバンジャン)を混ぜ合わせて、合わせだれを作る。
          家庭に眠る意外な調味料の組み合わせで、トマト缶の味に変化を

(3)フライパンにオリーブ油を入れ、中火で鶏レバーの両面に焼き色がつくまで焼く。
           焼き色がついたら(2)で作成したトマト缶の合わせだれを加えて煮込む。
  〈※ポイント!〉 オリーブ油で炒める。加熱する際にトマトのリコピンの吸収率をアップさせ、全体の味をまとめる。
(4)一煮立ちしたら、にらを加える。火を止め余熱で軽く混ぜ合わせたら完成。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:16:50 | 固定リンク


2017年09月05日 (火)

「4時も!シブ5時」シェフのヒトワザ!~さばみそ煮缶のクロックムッシュ~

「今週の料理人」

aokisan.png

青木敦子(あおき・あつこ)(料理研究家)

0905saba.png

「さばみそ煮缶のクロックムッシュ」

<材料(2コ分)>
サンドイッチ用のパン:4枚      
さばみそ煮缶:1/2缶
ピザ用チーズ:30g
たまねぎ:1/8個
細ねぎ:適量
マヨネーズ:適量(大さじ1杯程度)

<作り方>
(1)さばみそ煮缶をボールに移し、フォークでほぐしていく。
(2)たまねぎ、細ねぎをみじん切りにし、(1)に加えて混ぜ合わせる。
  〈※ポイント!〉 たまねぎ・細ねぎは、より細かくみじん切りをすることでアリシンの効果アップ。
  〈※ヒトワザ!〉アリシンでさばみそ煮缶の栄養アップ。
          さばに含まれているビタミンB群とアリシンを一緒にとると、疲労回復効果アップ。

(3)サンドイッチ用のパンに(2)をのせ、適量のマヨネーズを絞り出し、ピザ用チーズをのせる。
(4)もう一枚のサンドイッチ用のパンでふたをし、フォークを使って端を押しながら閉じていく。
  〈※ポイント!〉 開かないようにフォークを使ってまわりを閉じる。
(5)フライパンで焼いていき、両面に焼き色がついたら完成。
  〈※ポイント!〉 油をひかず中火で焼いていく。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:16:50 | 固定リンク


2017年09月04日 (月)

「4時も!シブ5時」シェフのヒトワザ!~さんま缶の釜玉風うどん~

「今週の料理人」

aokisan.png

青木敦子(あおき・あつこ)(料理研究家)

0904sanma.png

「さんま缶の釜玉風うどん」

<材料(1人分)>
さんまかば焼き缶:1缶(約100g)
冷凍うどん:1玉
生たまご:1コ
カレー粉:小さじ1/4杯
ポテトチップス:7~8枚
すりごま:適量
七味とうがらし:適量

<作り方>
(1)さんまのかば焼き缶にカレー粉をふりかけ、缶の中で混ぜ合わせたものを汁ごと、食べるとき用の丼に入れる。
  〈※ヒトワザ!〉缶詰にカレー粉を入れることで缶の匂いを緩和。カレー粉のクルクミンという成分が肝機能の強化にも!
(2)(1)の丼に卵を割り入れて溶く。さんまの身を好みの大きさにほぐしながら、卵とよく混ぜ合わせる。
(3)鍋に湯を沸かして冷凍うどんを入れ、再び湯が沸騰したら麺をざるにあげて水けをきり、すぐ②の丼に加えてよく絡める。
  〈※ポイント!〉 麺がアツアツのうちにたれと絡めて釜玉風に。
(4)少し砕いたポテトチップスを加え、すりごま・七味とうがらしをお好みの量ふりかけたら、完成。
  〈※ポイント!〉 かば焼き缶の味が甘めのたれなので、ポテトチップスや七味とうがらしでお好みの辛さに。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:16:50 | 固定リンク


2017年08月30日 (水)

「4時も!シブ5時」シェフのヒトワザ!~究極の隠し味!梅酒入りキーマカレー~

「今週の料理人」

mizunosann.jpg

水野仁輔(みずの・じんすけ)(カレー研究家)

ki-ma.jpg

「究極の隠し味!梅酒入りキーマカレー」

<材料(4人分)>
豚ひき肉:200g
鶏ももひき肉:150g
にんにく(みじん切り):1かけ
しょうが(みじん切り):1かけ
梅酒:大さじ2
しょうゆ:小さじ2
サラダ油:大さじ2
水:適量
カレールー(市販):4皿分

<作り方>
(1)鍋に油を熱し、にんにくとしょうがを炒める。
  〈※ポイント!〉こんがりきつね色になるまで炒めると香りがたつ。
(2)豚ひき肉、鶏もも肉を加えて炒める。
(3)梅酒、しょうゆを加えて炒める。
  〈※ヒトワザ!〉梅酒の酸味、甘み、風味を肉にうつし、うまみUP!
(4)水を、材料の温度が下がりすぎないよう数回に分け、煮立てながら加える。ふたをしないで10分間煮込む。
  〈※ポイント!〉ふたをしないで静かに煮込むと肉がおいしくなる。
(5)火を止めてカレールーを溶かし、再び加熱して、とろみがついたら完成。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:16:50 | 固定リンク


2017年08月29日 (火)

「4時も!シブ5時」シェフのヒトワザ!~ほうれんそう・トマト・ベーコンの炒めカレー~

「今週の料理人」

mizunosann.jpg

水野仁輔(みずの・じんすけ)(カレー研究家)

itame.jpg

「ほうれんそう・トマト・ベーコンの炒めカレー」

<材料(2人分)>
ほうれんそう:1ワ
トマト:2コ
ベーコン:120g
バター:10g
黒こしょう:適量
カレールー(市販):2皿分
湯:200ml

<作り方>
(1)トマトとベーコンは大きめの一口大に切る。ほうれんそうはざく切りにしてサッと塩茹でする。
(2)カレールーを湯に溶かし、カレーソースを作る。
  〈※ヒトワザ!〉あらかじめルーを溶かしておくと、炒め物に合わせるだけでカレーができる!

so-su.jpg

(3)鍋にバターを入れ強火にかけ、ベーコンを炒める。ベーコンがカリッとしたら黒こしょうを多めにふる。
  〈※ポイント!〉スパイスは温かい油に入れると香りがたつ。
(4)トマトを加えやわらかくなったら、ほうれんそうを加えてサッと炒める。
(5)カレーソースを注いで煮込む。とろみが出たらできあがり。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:16:50 | 固定リンク


2017年08月28日 (月)

「4時も!シブ5時」シェフのヒトワザ!~あめ色たまねぎのチキンカレー~

「今週の料理人」

mizunosann.jpg

水野仁輔(みずの・じんすけ)(カレー研究家)

chikinn.jpg

「あめ色たまねぎのチキンカレー」

<材料(4人分)>
たまねぎ:1と1/2コ
鶏もも肉:400g
塩:少々
サラダ油:大さじ1
水:適宜
カレールー(市販):4皿分

【下準備】
(1)たまねぎは大きめのくし形に切り、一枚ずつバラバラにしてポリ袋に入れる。
(2)冷凍庫に入れ、3時間以上冷凍する。
  〈※ヒトワザ!〉冷凍すると炒めた時に水分が抜けやすく、短時間であめ色たまねぎに!

<作り方>
(1)鍋に油を入れ強火にかける。冷凍たまねぎを加え、塩をふって3分間放置、焼き色をつける。
  〈※ポイント!〉塩を加えると浸透圧で水分が早く抜ける。たまねぎは水分が抜けると甘みが強くなる。
(2)(1)に焼き色がついたらひっくり返し、時々混ぜながら10分間炒める。
tamanegi.jpg

(3)一口大に切った鶏もも肉を加え、焼き色をつける。
(4)水を、材料の温度が下がりすぎないよう数回に分け、煮立てながら加える。ふたをしないで弱火で20分間煮込む。
  〈※ポイント!〉ふたをしないで静かに煮込むと肉がおいしくなる。
(5)火を止めてカレールーを溶かし、再び加熱してとろみが出たら完成。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:16:50 | 固定リンク


2017年08月24日 (木)

「4時も!シブ5時」シェフのヒトワザ!~フルーツデザートギョーザ~

「今週の料理人」

yamamoto.png

パラダイス山元(ミュージシャン)

furuits.png
「フルーツデザートギョーザ」

<材料(ギョーザ12個分)> 
ギョーザの皮:12枚
水ようかん:100g   
モッツァレラチーズ:100g

(トッピング用フルーツ)
パイナップル、ブルーベリー、ぶどう、マンゴーなどお好みで

(フライパンで焼く場合)
サラダ油:小さじ2
熱湯:50ml

<作り方>
(1)水ようかんとモッツァレラチーズをつぶしながら、混ぜる。
(2)皮で(1)をつぼ型に包む。(※つぼ型の包み方:三日月型に包み、端と端をあわせる)
(3)トースターで約5分間、皮がかりっとし中のあんがとけるくらい加熱する。
   (フライパンで焼く場合)
   熱したフライパンにサラダ油をひき、ギョーザを並べる。焼き目がついたら、熱湯を入れ中火で蒸し焼きにする。
(4)焼きあがったら皿に並べ、上に好みのフルーツをのせて完成。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:16:50 | 固定リンク


2017年08月24日 (木)

「4時も!シブ5時」シェフのヒトワザ!~カリッとビーフ&ポークギョーザ~

「今週の料理人」

yamamoto.png

パラダイス山元(ミュージシャン)

yaki.png

「カリッとビーフ&ポークギョーザ」

<材料(ギョーザ25個分)> 
ギョーザの皮:25枚
豚ばら肉:200g   
牛ばら肉:200g
クミンシード:小さじ3   
油:大さじ1
熱湯:50ml
塩(岩塩がおすすめ):ひとつまみ
パクチー:1束

<作り方>
(1)肉をそれぞれ5ミリほどの細切りにし、あわせ、軽くチョップする。
(2)そこへクミンシード小さじ2を加え混ぜれば肉あんのできあがり。
(3)皮にたっぷり水をつけて肉あんを包む。
  〈※ポイント!〉皮は冷蔵庫から出して、30分ほど袋を開けずにおいておく。
(4)フライパンで残りのクミンシードを空炒りし、サラダ油をひきその上にギョーザを並べる。火加減は中火よりやや強め。
(5)ギョーザ同士がつかないように、さらに上からもサラダ油を少しまわしかける。
(6)ギョーザに焼き目がついたら、熱湯を入れて中火にしてフタをして、水分が完全に蒸発するまで蒸し焼きにする。
           このとき、フライパンをゆすり続ける。
(7)水分が蒸発したら、フタをはずし、さらに水気をとばす。
(8)フライパンより小さいサイズの皿を上に乗せて、ギョーザを抑えながら、油を切り、
           火傷をしないようにフライパンごとひっくり返し、皿にもる。
(9)塩をひとつまみふりかけ、パクチーを添えて完成。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:16:50 | 固定リンク


2017年08月24日 (木)

「4時も!シブ5時」シェフのヒトワザ!~はんぺんと桜えびのつるるん冷やしギョーザ~

「今週の料理人」

yamamoto.png

パラダイス山元(ミュージシャン)

sui.png

「はんぺんと桜えびのつるるん冷やしギョーザ」

<材料(ギョーザ20個分)> 
ギョーザの皮:20枚
はんぺん:1枚
桜えび:40~50g
チキンスープの素:小さじ2 
ライム(輪切り):適量

<作り方>
(1)はんぺんは手でつぶし、桜えびと混ぜる。
(2)皮にたっぷり水をつけ、はんぺんと桜えびのあんを皮で包む。
       〈※ポイント!〉皮は冷蔵庫から出して、30分ほど袋を開けずにおいておく。
  〈※ポイント!〉皮は端を重ねており、巾着のような包み方にすると皮のこしも味わえる。
  〈※ポイント!〉水ギョーザにおすすめの皮は、市販の厚めの皮。もち粉入りもおすすめ。
(3)鍋に湯を沸かし、包んだギョーザを1分間ゆでる。
  〈※ポイント!〉皮のこしを味わうなら、ゆですぎないようにする。
(4)ゆであがったギョーザを氷水に入れてしめる。
(5)器にゆで汁(200ml)とチキンスープの素(もと)(顆粒(かりゅう))を入れ溶かし粗熱をとる。
(6)冷やしたギョーザを氷ごと器に入れ、薄く輪切りにしたライムを添えたら完成。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:16:50 | 固定リンク


2017年08月03日 (木)

「4時も!シブ5時」シェフのヒトワザ!~洋食屋さんのオムライス~

「今週の料理人」

odasan.jpg

小田真規子(料理研究家)

omuraisu.jpg
「洋食屋さんのオムライス」

<材料(2人分)>
卵:4コ
マヨネーズ:大さじ2
塩・こしょう:少々
サラダ油:小さじ4

【ケチャップライス】
鶏もも肉:1/2枚(100g)
たまねぎ:1/4コ(50g)
サラダ油:大さじ1 
ケチャップ:大さじ5    
ごはん:350g
塩・こしょう:少々

<作り方>
【ケチャップライス】
(1)鶏もも肉は1.5cm角に切り、塩・こしょうをふる。たまねぎは1cm四方に切る。
(2)フライパンにサラダ油を中火で熱し、(1)を全体に広げ、そのままさわらずに焼く。
        〈※ポイント!〉焼くことで素材の水分が抜け、うまみが凝縮する。
(3)鶏肉に軽く焼き色がついたら、1分間炒める。
(4)フライパンの真ん中をあけ、ごはんを広げ入れる。軽く焼き色がついたら、1分間炒める。
(5)フライパンの真ん中をあけ、ケチャップをいれる。20秒間煮立たせながら混ぜたら、全体と合わせる。
        〈※ポイント!〉ケチャップも水分をとばし、うまみを凝縮させる。
(6)色が均一になったら、フライパン全体にごはんを広げ、「30秒間待つ→30秒間混ぜる」。これを3~4回繰り返し、
           塩・こしょうで味をととのえる。

【卵で包む】
(1)卵は1人分ずつ焼く。ボウルに卵2コを割り、卵黄をつぶして20秒ほど混ぜ、マヨネーズ・塩・こしょうを1/2量ずつ加え、
           ざっくり混ぜる。
  〈※ポイント!〉調味料を入れたら混ぜすぎない。
(2)フライパンにサラダ油を中火で熱し、(箸先で卵をつけてジュウとなるまで)上から(1)を一気に注ぐ。
(3)すぐにへらで大きく8~10回混ぜる。卵をフライパンよりひと回り小さい円にし、フライパンを傾けて奥側へ寄せる。
           1人分のケチャップライスをのせて火を止め、卵の周りをごはんにかぶせるように寄せる。皿に返して盛る。
(4)ペーパータオルをかぶせ、手で形を整える。お好みでケチャップをかけたら完成。
  〈※ヒトワザ!〉ペーパータオルで形を整えれば美しく仕上がる!


<小田さんの他のレシピ紹介はこちら>
→7月3日放送分 こんにゃくの青のり炒め煮
→7月4日放送分 手作りがんもどき

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:16:50 | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2017年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー


RSS

page top