シブ5時

2018年04月18日 (水)

シェフのヒトワザ!~パパがつくる家庭料理 豚のしょうが焼き~

「今週の料理人」

okadasan.jpg

岡田太郎(“料理パパ”・俳優)

shougayaki.jpg

「パパがつくる家庭料理 豚のしょうが焼き」

<材料2人分> 
豚肉(2,3ミリの厚さのロース):6枚
塩:少々
こしょう:少々
小麦粉:大さじ2

【タレ】
しょうゆ:大さじ4
みりん:大さじ4
お酒:大さじ4
しょうが(すりおろし):お好み
パイナップルジュース:大さじ2 
昆布茶:小さじ2

<作り方>
(1)豚肉は少し厚めがおすすめ。塩・こしょうを軽くふり、小麦粉をまぶしておく。
(2)タレの材料をすべて容器に入れ、混ぜておく。
(3)油を引いたフライパンで、豚肉の片面を焼く。
(4)軽く焦げ目がついたら、裏返し、そこへタレを加え、加熱する。
(5)タレを絡ませ、肉に火が通ればOK。
(6)器に付け合わせの野菜を添え、焼きあがった豚肉を盛りつければ完成。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:18:10 | 固定リンク


2018年04月13日 (金)

シェフのヒトワザ!~甘酒で!ほうれんそうの白あえ~

「今週の料理人」

tateno.jpg

舘野真知子(料理研究家・管理栄養士)

hourenso.jpg

「甘酒で!ほうれんそうの白あえ」

<材料2人分>
ほうれんそう:100g
にんじん:1/4本 

【白あえ衣】
木綿豆腐:1/2丁
甘酒(市販/米こうじでできたストレートタイプ/砂糖・食塩 無添加):大さじ4
みそ:大さじ1と1/2 
すりごま(白):大さじ1

<作り方>
(1)木綿豆腐はペーパータオルで包み、皿などのおもしをして30分間ほどおき、水けをきる。
(2)にんじんはせん切りにし、塩ひとつまみ(分量外)を加えた湯で2分間ゆでる。にんじんをざるにあげたら、
   同じ鍋でほうれんそうをサッとゆで、冷水にさらし、水けをきって4㎝幅に切る。切ったあとも水けをしっかり絞る。
(3)甘酒は鍋に入れ、中火にかけて、半量になるまで煮詰める。
   <※ヒトワザ!>甘酒は煮詰めてうまみアップ!甘みが濃くなり、白あえ衣の舌触りがよくなる。
(4)ボウルに木綿豆腐を入れ、フォークでつぶす。みそ、(3)の甘酒、すりごまを加えてフォークでよく混ぜ合わせる。
   <※ポイント!>甘酒の糖の働きでふわっと仕上がるため、すり鉢いらず。
(5)全体がふわふわになったら、(2)を加えてあえ、できあがり。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:18:10 | 固定リンク


2018年04月05日 (木)

シェフのヒトワザ!~養生料理・春野菜のスープ~

「今週の料理人」

idosan.jpg

井戸理恵子(民俗情報工学研究科・節句料理研究家)

「養生料理・春野菜のスープ」

haruyasai.jpg

<材料4人分> 
かぶ:5個
キャベツ:1/2個
セロリ: 2本
オリーブ油:大さじ1
グレープシードオイル:大さじ1
昆布(だし用):20g
水:1リットル
塩:お好み
こしょう:お好み

【かぶのマリネとキャベツの塩昆布あえの調味料】
酢:大さじ1
しょうゆ:大さじ1
塩こんぶ:大さじ1
ごま油:大さじ1

<作り方>
(1)鍋に水と昆布と塩を入れて2時間置き、昆布だしを作る。
   ※急ぎの場合は昆布を煮出してもOK。
(2)かぶは葉を取り、6等分のくし形に切る
   ※葉はみじんぎりにし、梅肉とごま油であえると1品に。
(3)キャベツは芯を取り、大きめのざく切りにする。
(4)セロリは葉を取り、薄切りにする。
(5)昆布だしに切った野菜を入れて加熱する。
   ※キャベツの芯やセロリの葉もだしになるので入れる。
(6)野菜が煮崩れない程度に加熱したら、具材にする野菜を残して、一部、かぶとキャベツを取り出す。
(7)スープは塩、こしょうで味を調え、最後にオリーブ油とグレープシードオイルを混ぜた油を加えてひと煮たちさせたら完成。

●かぶは、酢じょうゆをかけれてかぶのマリネにする。
●キャベツは、ごま油であえた塩昆布をかけて、キャベツの塩昆布あえにする。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:18:10 | 固定リンク


2018年04月04日 (水)

シェフのヒトワザ!~養生料理・たけのこの辛味みそ豚肉炒め~

「今週の料理人」

idosan.jpg

井戸理恵子(民俗情報工学研究科・節句料理研究家)

「養生料理・たけのこの辛味みそ豚肉炒め」

takenoko.jpg

<材料4人分> 
たけのこ:300g
豚肉(ロース):200g
赤とうがらし(輪切り):お好み
わさび菜:50g

砂糖:大さじ1
みりん:大さじ1
みそ:大さじ1と1/2
にんにく(おろし):小さじ1/2

<作り方>
(1)ゆでたたけのこを小さめのいちょう切りにする。
(2)赤とうがらしの輪切りを炒めた油で、たけのこをさっと炒める。
(3)(2)に砂糖、みそを入れて炒め、さらにみりんを加えさっとあえるように炒めたら、たけのこの辛味みその出来上がり。
(4)豚肉に少し塩を振り、たけのこやみその甘みが残っているフライパンで炒める。
(5)火が通ったら、おろしにんにくを加え、軽くまぜれば豚肉炒めの出来上がり。
(6)器にわさび菜などの旬の葉野菜を敷き、その上に豚肉を盛り付け、最後にたけのこの辛味みそをのせれば完成。
   ※お好みで、さんしょうをふりかけるのもおすすめ。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:18:10 | 固定リンク


2018年03月30日 (金)

シェフのヒトワザ!~養生料理・うどのきんぴら~

「今週の料理人」

idosan.jpg

井戸理恵子(民俗情報工学研究科・節句料理研究家)

「養生料理・うどのきんぴら」

kinpira.jpg

<材料4人分> 
うど:1本
ねぎ:2本
にんじん(中):2本
赤とうがらし:1本
米油:適量
オリーブ油:適量

しょうゆ:大さじ1
砂糖:小さじ1
みりん:大さじ1
さんしょう:お好み

【ねぎのマリネ】
しょうゆ:大さじ1
酢:大さじ1 
【にんじんのナムルの調味料】
しょうゆ:大さじ1
にんにく(おろし):小さじ1

<作り方>
(1)ねぎは2センチの輪切りに、にんじんは長さ5センチで細切りにしておく。
(2)うどは、ピーラーなどで皮を取り除き、長さ5センチで細切りにし、酢水で軽くさらす。
   ※繊維に逆らって切ると食べやすくなる。
(3)赤とうがらしを油に入れて、さっとなじませたら、ねぎを入れて炒める。
   ※米油とオリーブ油を混ぜて使うと風味が変わるので、おすすめ。
(4)ねぎに焦げ目がついたら、ねぎを取り出す。
(5)同じ油ににんじんを入れて、さっと炒めたら、にんじんを取り出す。
(6)ねぎとにんじんを炒めた油でうどを炒める。
(7)うどに火が通ったら、砂糖、しょうゆ、みりんを加え全体を混ぜ合わせる。最後に、さんしょうをふって完成。

●ねぎは、熱いうちに酢じょうゆであえてマリネにする。
●にんじんは熱いうちにおろしにんにくとしょうゆであえてナムルにする。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:18:10 | 固定リンク


2018年03月09日 (金)

「4時も!シブ5時」本日最終回!!一緒に盛り上げよう!

4時もシブ5時は本日が最終回!ということで、
ぜひあなたもスタジオパークで生放送に参加しませんか?
MCジョン・カビラさんがスタジオパークのお客さんに生インタビュー!!
テーマは「あなたのこの春の挑戦はなんですか?」

kabirasan.png

もちろんFAX・メールでも大募集!たくさんの方のご参加お待ちしています♪


※スタジオパークは入場料が必要です。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:10:00 | 固定リンク


2018年03月07日 (水)

「4時も!シブ5時」シェフのヒトワザ!SP~男の簡単おもてなし料理 炊飯器 ローストビーフ~

「今週の料理人」

teradasan0307.jpg

寺田真二郎(料理研究家)

男の簡単おもてなし料理「炊飯器 ローストビーフ」

<材料3~4人分>
牛もも肉(ブロック):400g
塩:小さじ1/2
黒こしょう:小さじ1
にんにく(すりおろし):大さじ1/2
オリーブ油:小さじ2

【ゆずこしょうバターソース】
バター:10g
ポン酢しょうゆ:大さじ4
ゆずこしょう:小さじ1/2

<作り方>
(1)常温に1時間ほど出しておいた牛もも肉をビニル袋に入れ、塩、黒こしょう、にんにくを入れて1分ほどもみこむ。
(2)フライパンにオリーブ油を中火で熱し、牛肉の表面がこんがりしてくるまで焼き、器に取り出し1分ほど置く。
(3)ジッパー付き保存袋に(2)の牛肉をいれ、空気をしっかりと抜いて、口を閉じる。
(4)熱湯(分量外)を炊飯器の半分くらいいれ、袋のまま牛肉を入れる。炊飯器の保温ボタンを押し、40分おく。
   <※ヒトワザ!> 炊飯器「保温」の温度(約70度)が、肉のうまみをこわさずキープ
(5)炊飯器から取り出して、袋のまま氷水につけ、30分ほど冷ます。
   <※ポイント!>できたての状態で切ると肉汁が流れ出てしまうので、落ち着かせるために冷やす。
(6)お好みの厚さに切り分けて、盛り付けて完成。

●お好みでソースづくり
寺田流ソースは「ゆずこしょうバターソース」
上記のソースの材料をフライパンに入れ、混ぜながら1分煮詰めるだけで完成。

※留意事項※
・炊飯器の調理使用について
炊飯器は必ず「保温」モードで使う。「炊飯」モードなど煮沸するような状態の釜の中に袋を入れないこと。
(故障等の原因となる可能性があります)
(参考:独立行政法人 製品評価技術基盤機構)
・生肉の加熱について
生の牛肉を低温加熱するが(炊飯器の保温は、一般平均で約70度)
(1)事前に表面をしっかり焼く (2)約70度で40分加熱する調理のため、新鮮な生肉に繁殖可能な菌は、
ほとんど問題ないレベルまで除去できる。
(参考:厚生労働省)

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:16:30 | 固定リンク


2018年03月07日 (水)

カビラ流 缶詰ビーンズサラダ

「カビラ流 缶詰ビーンズサラダ」

<材料>
キドニービーンズ(水煮/缶詰):1個
ミックス豆(水煮/缶詰):1個
コーン(缶詰/小):1個

紫たまねぎ:1/2個
セロリ:2/3本
きゅうり:1本

(※以下はお好みの量で)
米酢              
すし酢(米酢:すし酢は1:1)    
オリーブ油           
しょうゆ            
さとう             
にんにく(みじん切り)  
レモン(汁)          

<作り方>
(1)野菜(きゅうり、紫たまねぎ、セロリ)を、あらみじん切りにする。
(2)缶詰(キドニービーンズ・ミックス豆・コーン)をざるにあけて水けをきる。
(3)サラダボウルに(1)(2)をあけ、その他の材料を加えて全体をよく混ぜれば完成。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:16:30 | 固定リンク


2018年03月07日 (水)

「4時も!シブ5時」シェフのヒトワザ!SP~男の簡単おもてなし料理 チーズ入り マッシュポテト~

「今週の料理人」

teradasan0307.jpg

寺田真二郎(料理研究家)

男の簡単おもてなし料理「チーズ入り マッシュポテト」

<材料2人分>
じゃがいも:200g
牛乳:大さじ6
バター:15g
洋風スープの素:小さじ1/2
塩:少々
こしょう:少々
モッツァレラチーズ:50g(1cm角に切る)
ピザ用ミックスチーズ:50g

<作り方>
(1)じゃがいもを皮のままよく洗い、大きめの一口大に切り、サッと洗ったら、耐熱ボウルにいれる。
   ラップをしレンジ(600w)で5分~6分加熱し、裏ごしをする。(皮をはがしながら)
(2)小鍋に牛乳、バター、(1)のじゃがいもをいれ、弱火で熱し、バターが溶けるまで混ぜる。
(3)バターが溶けたら、チーズを2種類いれ、混ぜながら溶かす。洋風スープの素、塩、こしょうで味を調えて完成。
   <※ヒトワザ!> チーズのW使いで、コクUP&のび~るマッシュポテトに!

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:16:30 | 固定リンク


2018年03月07日 (水)

「4時も!シブ5時」シェフのヒトワザ!SP~男の簡単おもてなし料理 鶏肉の黒酢あん炒め~

「今週の料理人」

teradasan0307.jpg

寺田真二郎(料理研究家)

男の簡単おもてなし料理「鶏肉の黒酢あん炒め」

<材料2人分>
鶏もも肉:200g(2cm角に切る)
セロリ:1/2本(斜め薄切り)
かたくり粉:大さじ1/2
塩:少々
黒こしょう:少々
サラダ油:小さじ2
もずく酢(黒酢タイプ):2パック(100g)
しょうゆ:大さじ1/2
酒:大さじ1/2
かたくり粉:小さじ1
しょうが(すりおろし):小さじ1/2

<作り方>
(1)鶏肉に塩、黒こしょう少々、かたくり粉をまぶす。
(2)(黒酢あんの合わせ調味料を作る)
   ボウルにしょうゆ、酒、かたくり粉、しょうがすりおろしを合わせたら、もずく酢パックを汁ごと加え、混ぜる。
   <※ポイント!> 先に片栗粉を調味料にいれておくととろみが簡単につく
(3)フライパンにサラダ油を中火で熱し、鶏肉を炒め火を通す。
(4)フライパンにセロリと(2)の合わせ調味料を加え、とろみがついたら、塩、黒こしょうで味を調えて完成。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:16:30 | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2018年04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

バックナンバー


RSS

page top