2018年06月21日 (木)

シェフのヒトワザ!~酢豚~

「今週の料理人」

0612-2.jpg

陳建太郎

0612-1.jpg

「酢豚」

<材料2人分>
豚肩ロース肉:150g
にんじん:1/4本
ピーマン:1個
たまねぎ:1/4個

【下味】
紹興酒:小さじ1/2
しょうゆ:少々
塩:少々
こしょう:少々

【酢豚調味料】
トマトケチャップ:大さじ2
グレープフルーツジュース:大さじ1
しょうゆ:少々
砂糖:大さじ1
酢:大さじ2
塩:少々
水:大さじ3
水溶きかたくり粉:大さじ1/3~1/2
サラダ油:適量
塩:一つまみ
かたくり粉:大さじ1

<作り方>
(1)豚肩ロース肉を5mm幅に切り【下味】を入れかたくり粉をつけ、【酢豚調味料】は混ぜ合わせておく
(2)にんじんは薄切り、ピーマンとたまねぎはくし切りにし、塩一つまみとサラダ油少々を入れたお湯でゆでてざるにあげる
(3)フライパンにサラダ油を熱し(1)の豚肉に水を軽くふって、両面焼き色がつくまで焼き一旦取り出す
(4)(3)のフライパンに(1)で混ぜ合わせた【酢豚調味料】を沸かして火を止め、水溶きかたくり粉でとろみをつけ再び火をつける
(5)(4)に、(2)と(3)の材料を入れて混ぜ合わせサラダ油を少々いれ、器に盛る

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:18:10 | カテゴリ:レシピ紹介 | 固定リンク


  
2018年06月20日 (水)

シェフのヒトワザ!~韓国料理 美肌のりまき~

「今週の料理人」

fansan201806.jpg

ファン・インソン(韓国料理研究家)

norimaki.jpg

「韓国料理 美肌のりまき」

<材料1人分> 
ご飯:1人分
のり:8枚
ごま油:大さじ1
コチュジャン:大さじ1
レタスなどの葉もの野菜:4枚
みずな:4束
豚バラ肉(厚め):4枚
手作りキムチ:お好み

<作り方>
(1)手作りキムチをつくる。
(2)厚めの豚バラ肉を両面こんがりと焼く。
(3)ごはんに味付けをする。半分のごはんは、ごま油であえる。
(4)残りのごはんは、ごま油とコチュジャンであえる。
(5)のりの上に(3)のごはんを薄くのばす。
(6)(5)の上にサンチュと水菜をのせ、その上に手作りキムチの白菜をのせ、焼いた肉をのせて巻く。
(7)(4)のごはんをのりの上に薄くのばし、(6)ののりまきを巻く。
(8)すぐに食べない場合は、えごま油をのりに塗るとのりがしわにならずつやもできて見た目がきれいに仕上がる。
(9)お好みの幅にカットすれば完成。

kimuchi.jpg

「手作りキムチ」

<材料 白菜1/4個分> 
白菜:1/4個
りんご:1/2個
にんじん:1/3本
たまねぎ:1/2個

【タレ材料】
砂糖:大さじ1
しょうゆ:大さじ2
酢:大さじ1
みりん:大さじ2
にんにく(おろし):大さじ2
ごま油:大さじ2
粉とうがらし(キムチ用):大さじ5
白ごま:大さじ1

<作り方>
(1)白菜を一口サイズに切り、塩水に5分間漬ける。
(2)にんじんは細切り、たまねぎとりんごは一口大に切る。
(3)タレの材料を混ぜまる。
(4)白菜は塩水からあげて、水分を取る。
(5)白菜、にんじん、たまねぎ、りんごをボウルに入れタレをあえる。
(6)白ごまをふればサラダ感覚の手作りキムチ完成。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:18:10 | カテゴリ:シブ5時 | 固定リンク


  
2018年06月15日 (金)

シェフのヒトワザ!~なすとトマト炒め~

「今週の料理人」

0606_1.jpg

ウー・ウェン(料理研究家)

0608.jpg

「なすとトマト炒め」

<材料4人分> 
なす:4コ
トマト:1コ
にんにく:1かけ(たたく)
塩:小さじ1/4
黒こしょう:少々
かたくり粉:小さじ1/2(大さじ1の水で溶く)
ごま油(白):大さじ2

【なすを買うときのポイント】
・皮の色が濃いものがみずみずしい

<作り方>
(1)なすは皮をむき、2~3mmの薄切りにして、縦にせん切りにする。
   〈※ヒトワザ!〉 縦にせん切りにすると、なすの水分が逃げずジューシーに仕上がる。
(2)フライパンにごま油を入れて中火にかけ、なすを入れてしんなりとするまで炒める。
(3)一口大の乱切りにしたトマトを入れ、炒め合わせる。
(4)たたいたにんにくを入れて香りをつけ、塩、こしょうで味つけし、最後に水溶きかたくり粉でとろみをつける。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:18:10 | カテゴリ:レシピ紹介 | 固定リンク


  
2018年06月14日 (木)

シェフのヒトワザ!~陳家のマーボー豆腐~

「今週の料理人」

0612-2.jpg

陳建太郎

0612-3.jpg

「陳家のマーボー豆腐」

<材料2人分>
絹ごし豆腐:1丁(300g)
豚ひき肉:100g
長ねぎ:15cm分
あさつき:適量

【調味料A】
おろしにんにく:小さじ1
トウバンジャン:大さじ1
テンメンジャン:大さじ1
顆粒(かりゅう)スープの素(もと):小さじ1/2
水:140cc

【調味料B】
オイスターソース:小さじ1
紹興酒:大さじ1/2
しょうゆ:大さじ1/2
こしょう:少々
水溶きかたくり粉:大さじ2
ラー油:大さじ1/2~1
サラダ油:適量

<作り方>
(1)フライパンにサラダ油を熱し豚ひき肉をパラパラになるまで炒める
(2)火を止めて、調味料Aのおろしにんにく、トウバンジャン、テンメンジャンを加えて炒め、
   香りがたってきたら水に溶いたスープを加える
(3)塩一つまみを加えた湯にちぎった豆腐をいれてゆでる
(4)(2)のベースに水を切った(3)の豆腐を混ぜいれ、火をつけて調味料Bを加えて豆腐をつぶしながら混ぜひと煮立ちさせる
(5)火を止めて、みじん切りした長ねぎをいれて、水溶きかたくり粉を加えて全体にいきわたらせる
(6)火をつけて、かたくり粉にしっかり火を通し、サラダ油大さじ1とラー油、あさつきを加えて皿に盛る

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:18:10 | カテゴリ:レシピ紹介 | 固定リンク


  
2018年06月13日 (水)

シェフのヒトワザ!~韓国料理 軟骨チム~

「今週の料理人」

fansan201806.jpg

ファン・インソン(韓国料理研究家)

chimu.jpg

「韓国料理 軟骨チム」

<材料4人分> 
軟骨:300g
にんじん:1本
じゃがいも:4個
甘栗:8個
糸とうがらし:少々(お好み)
松の実:少々(お好み)

【タレ】
しょうゆ:大さじ4
オイスターソース:大さじ1
みりん:大さじ8
にんにく(おろし):大さじ2
水あめ または オリゴ糖:大さじ2
砂糖:小さじ1
ごま油:小さじ1
こしょう:少々
青とうがらし(小口切り):2本分
しょうが(おろし):小さじ1/2
みそ:小さじ1
水:350ml

<作り方>
(1)にんじんを一口サイズに切る。
(2)じゃがいもは煮崩れないように皮のまま使う。小さめのサイズがおすすめ。
(3)軟骨は水で軽く洗って骨の破片などを洗い落とし、水気を切る。
(4)炊飯器の内釜にタレの材料を入れて混ぜる。
(5)タレにじゃがいも、にんじん、軟骨、甘栗を入れて軽く混ぜる。
(6)炊飯器の自動炊飯で炊く。
   ※使用上の注意を守って使用して下さい。
(7)炊きあがったら、器に盛り付け、ワイン漬け大根、松の実、糸とうがらしなどで飾れば完成。

suduke.jpg

「ワイン漬けだいこん」

<材料4人分> 
だいこん:1/2本
酢:150ml
砂糖:150ml
赤ワイン:150ml
水:150ml
ローリエ:1枚

<作り方>
(1)だいこんを5ミリの輪切りにする。
(2)花の形などの型でだいこんを切り抜くと、華やかになる。
(3)ワイン、酢、水、砂糖を1:1:1:1で混ぜ、ローリエを入れる。
(4)(3)のワイン漬けの汁にだいこんを一晩漬ける。早く食べる場合は、常温で10分間漬け込めばワイン漬けだいこんの完成。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:18:10 | カテゴリ:レシピ紹介 | 固定リンク


  
2018年06月08日 (金)

シェフのヒトワザ!~焼き長いもとアスパラガスのおひたし~

「今週の料理人」

1705014ji01.jpg

山田英季(料理家)

1705024ji02.jpg

「焼き長いもとアスパラガスのおひたし」

<材料2人分> 
長いも:100~120g
アスパラガス:2本

【漬け汁】
酢:大さじ1
白だし:大さじ2
水:100CC
しょうゆ:適宜
かたくり粉:適宜
ごま油:適宜

<作り方>
(1)長いもは皮付きのまま1センチくらいの厚さに輪切り、アスパラガスは皮をそぎ4等分にカットする
(2)切った長いもをしょうゆに絡ませ、かたくり粉をまぶす
(3)ボールに酢、白だし、水をいれおひたしの漬け汁をつくる
(4)フライパンにごま油をひき(2)の長いもを両面こんがり焼く
(5)(3)のフライパンの隙間にごま油をくわえ、アスパラガスを焼く
(6)(3)の漬け汁に、フライパンから直接長いもとアスパラガスを投入して15分程度ひたしたら完成
   (長いもとアスパラガスは熱いままでOK)

1705024ji03.jpg
「スナップエンドウのおひたし」

<材料2人分> 
スナップエンドウ:1袋(約100g)
漬け汁:(長いもと同じ)

<作り方>
(1)スナップエンドウの筋をとり、1~1分半ゆでて、漬け汁にそのまま投入し15分程度ひたす。

「ごぼうと油揚げのおひたし」

<材料2人分>
ごぼう:1/4本
油揚げ:1/2枚
漬け汁:(長いもと同じ)

<作り方>
(1)ごぼうは3センチくらいの細切り、油揚げは短冊形に切り、1~1分半ゆでて、漬け汁にそのまま投入し15分程度ひたす。
   (ごぼうと油揚げは一緒にゆでてOK)

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:18:10 | カテゴリ:レシピ紹介 | 固定リンク


  
2018年06月07日 (木)

シェフのヒトワザ!~サプライズ肉料理 豚バラリング~

「今週の料理人」

takedasan201805.jpg

たけだバーベキュー(アウトドア料理研究家)

nikuring.jpg

 danmen.jpg 

「豚バラ肉の肉リング」

<材料 バウムクーヘン直径15センチ分> 
バウムクーヘン:15センチ程度 
豚バラ肉:12枚(長め)
塩:少々
黒こしょう:少々

<作り方>
(1)バウムクーヘンに豚バラ肉を巻く。中身が隠れるように肉を少しずつ重ねて巻く。
(2)巻き上がったら、塩、黒こしょうで味付けする。
(3)魚焼きグリルで、10分間焼く。
   両面にこんがりと焼き目がつき、肉に火が通れば完成。

※片面焼きの場合は途中裏返す。
※バナナやマスカットの肉巻きも同じように調理。

「豚バラ肉巻き(バナナ)」

<材料 バナナ1本分> 
バナナ:1本
豚バラ肉:2枚(長め)
塩:少々
黒こしょう:少々

「豚バラ肉巻き(マスカット)」

<材料 マスカット1粒分> 
マスカット:1粒
豚バラ肉:1枚(長め)
塩:少々
黒こしょう:少々

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:18:10 | カテゴリ:レシピ紹介 | 固定リンク


  
2018年06月06日 (水)

シェフのヒトワザ!~サプライズ肉料理 シシカバブ~

「今週の料理人」

takedasan201805.jpg

たけだバーベキュー(アウトドア料理研究家)

shishikababu.jpg

「アルミホイルのシシカバブ」

<材料4本分> 
合いびき肉:150g
たまねぎ:1/2個
パプリカ(赤):1/2個
塩:少々
こしょう:少々

【味付け】
カレー粉:小さじ1
にんにく(おろし):小さじ1

アルミホイル 

<作り方>
(1)パプリカを5ミリ角に切る。
(2)たまねぎをみじん切りにする。
(3)ボウルに合いびき肉とカットした野菜を入れ、塩、こしょう、にんにく、カレー粉を加える。
(4)肉に粘りが出まで混ぜる。
(5)アルミホイルで串を4本つくり、肉だねを包むためのアルミホイルを4枚用意する。
   どちらもサラダ油をぬっておく。
(6)アルミホイルの串に(4)の肉だねを巻き付ける。
   ※肉だねが手につかないようにサラダ油を手につけるとよい
(7)それぞれアルミホイルで包み、両端をキャンディのようにねじって閉じる。
(8)天板の上にアルミホイルで包んだ肉だねをのせて、トースターで15分間加熱する。
   ※肉汁が出るので天板は必ず利用する

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:18:10 | カテゴリ:レシピ紹介 | 固定リンク


  
2018年06月04日 (月)

『お別れです。』

いまから3年4か月前。平成27年2月。シブ5時に初めて出演しました。
正式放送の1か月前の、パイロット番組。松尾、寺門両アナウンサーと一緒でした。それから出演回数はおよそ170回。
視聴者の方から、叱咤激励の電話や手紙、メールなどをいただくと喜んだり、落ち込んだりの繰り返し。
最初の頃は態度が大きいと、ずいぶん叱られましたが、自分では少しは改めたと思っているのですが・・。

通常のニュース解説に加え、お笑い芸人とともに出前授業。高校を訪問、選挙や基地問題について勉強しました。

「ニュースがわかるようになる検定」。SexyZoneの5人と語り合いました。何時間語り合ったかなあ。
国会や広島平和公園、東京都庁などにもご一緒し、年齢の離れた友達感覚、楽しい時間でした。

さらに「アダチのトツゲキ解説」。夜間学校や児童相談所、沖縄問題などを取材。
政治記者としてみてきた、永田町の風景とは違う道のりを、
視聴者のみなさん、出演者、シブ5時スタッフとともに歩ませていただいた3年半でした。お世話になりました。

一方、「悩み相談・渋護寺」のコーナーには実家の愛犬・トントン。
生後3か月で、登場。いま2歳半になり、トントンはやんちゃな男の子に成長しました。写真を載せておきます。

180604.jpg

 今度はNHK広島放送局に赴任します。放送部長という役割です。
平和と核兵器をめぐる問題、広島カープ、それにお好み焼き。
画面に登場することはありませんが、広島や中国地方のニュースや話題を全国に届けていきます。

今後ともシブ5時を、そしてNHKを、なかでもNHK広島をご贔屓にお願いします。

長い間、ありがとうございました。

 安達 宜正

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:16:21 | カテゴリ:シブ5時 | 固定リンク


  
2018年05月30日 (水)

シェフのヒトワザ!~アスパラガスとえびのかき揚げ~

「今週の料理人」

0529_1.jpg

石原洋子(料理研究家)

0531_2.jpg

「アスパラガスとえびのかき揚げ」

<材料2人分>
油:大さじ3
グリーンアスパラ:1束(150g)
芝えび(中):6尾(100g)

【ころも】
米粉:大さじ3
小麦粉:大さじ3
冷水:45ml~50ml(衣のかたさを調整)

<作り方>
(1)えびの下ごしらえ 
   殻をむき、背綿をとり除き、流水でざっと洗う
   水気をよくふきとり、薄めに切る
(2)アスパラガスの根元のかたい部分は1センチほど切り落とす
   下5センチほどは、ピーラーで皮をむき5mmほどの斜め切りにする
(3)衣の材料をまぜ、具材を加えて混ぜる
(4)フライパンで油を中火で熱し、(3)をスプーンですくい、それぞれがつかないように入れて衣が固まってきたら、
   途中返しながら、両面がカリッとするまで5~6分焼く
(5)取り出して、油を切って、盛り付けて完成

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:18:10 | カテゴリ:レシピ紹介 | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2018年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー


RSS

page top