2013年1月~2021年9月

(%)

メモリ
内閣支持率

グラフは横にスクロールできます

2021年9月(9月13日更新)

内閣支持30%、不支持50%(NHK世論調査)

NHKの世論調査によりますと菅内閣を「支持する」と答えた人は、先月より1ポイント上がって30%、「支持しない」と答えた人は2ポイント下がって50%でした。

NHKは、今月10日から3日間、全国の18歳以上を対象にコンピューターで無作為に発生させた固定電話と携帯電話の番号に電話をかける「RDD」という方法で世論調査を行いました。

調査の対象となったのは、2179人で、56%にあたる1227人から回答を得ました。

菅内閣を「支持する」と答えた人は、去年9月の内閣発足以降最低となった先月より1ポイント上がって30%でした。

「支持しない」と答えた人は、先月より2ポイント下がって50%でした。

そのほかの質問

菅総理大臣は自民党の総裁選挙に立候補せずおよそ1年で退陣することになりました。菅内閣のこれまでの取り組みをどの程度評価するか聞きました。
「大いに評価する」が7%、「ある程度評価する」が48%、「あまり評価しない」が31%、「まったく評価しない」が10%でした。

新型コロナウイルスに自分や家族が感染する不安をどの程度感じるか聞きました。
「大いに感じる」が39%、「ある程度感じる」が45%、「あまり感じない」が11%、「まったく感じない」が2%でした。

新型コロナウイルスをめぐる政府のこれまでの対応をどの程度評価するか聞きました。
「大いに評価する」が5%、「ある程度評価する」が38%、「あまり評価しない」が40%、「まったく評価しない」が13%でした。

政府は、緊急事態宣言について、東京や大阪など19都道府県で今月30日まで延長することを決めました。感染拡大防止にどの程度効果があると思うか聞きました。
「大いにある」が7%、「ある程度ある」が40%、「あまりない」が39%、「まったくない」が10%でした。

詳しい分析をみる

19の都道府県で、今月30日まで延長された緊急事態宣言が感染拡大防止にどの程度効果があると思うかについては、支持政党別で違いが見られました。

与党支持層では「大いに」と「ある程度」をあわせて、効果が「ある」と答えた人が6割近くで、「ない」のおよそ4割を上回りました。
一方、野党支持層と支持なし層では、「あまり」と「まったく」をあわせて「ない」と答えた人が6割近くとなり、「ある」を上回りました。

また、地域別では、東京では、「ない」という人がおよそ6割いて、ほかの地域と比べて、効果がないと考える人が多くなっています。

新型コロナウイルス対策の行動制限について、政府は、今後のワクチン接種の進み具合を踏まえ、一定の条件のもと段階的に緩和する考え方を決めました。これを決めたタイミングをどう思うか聞きました。
「適切だ」が18%、「早すぎる」が37%、「遅すぎた」が36%でした。

菅総理大臣は、10月から11月の早い時期にすべての希望者がワクチン接種を終えられるよう取り組むとしています。接種の進み具合は順調だと思うか聞きました。
「順調だ」が29%、「遅い」が63%でした。

詳しい分析をみる

ワクチン接種の進み具合に対する評価は、支持政党別に見ると違いがみられます。

与党支持層では「順調だ」が4割近く、「遅い」が5割台半ばとなっています。
一方、野党支持層と支持なし層で「順調だ」と答えた人はどちらも2割前後にとどまっていて、「遅い」と答えた人が野党支持層では8割近く、支持なし層では7割となっています。

自民党の総裁選挙が今月29日に実施されます。どんな政策をめぐる議論を最も期待するか聞きました。
「新型コロナ対策」が44%、「経済・財政政策」が33%、「外交・安全保障政策」が8%などとなっています。

詳しい分析をみる

自民党の総裁選挙で最も議論を期待する政策については、支持政党別で違いが見られました。

与党支持層では、「新型コロナ対策」と「経済・財政政策」を選んだ人がともに4割前後で並びました。
野党支持層は「新型コロナ対策」がおよそ4割、「経済・財政政策」はおよそ3割でした。
一方、支持なし層では「新型コロナ対策」が5割近くで、与野党の支持層に比べて多くなっています。

職業別に見ますと、自営業では「経済・財政政策」と答えた人が4割台半ばで最も多く、「新型コロナ対策」はおよそ3割でした。
一方、勤めている人は「新型コロナ対策」が5割近くで、「経済・財政政策」の4割近くを上回っています。

次の衆議院選挙で与党と野党の議席がどのようになればよいと思うか聞きました。
「与党の議席が増えたほうがよい」が22%、「野党の議席が増えたほうがよい」が26%、「どちらともいえない」が47%でした。

東京オリンピック・パラリンピックの開催で、日本では大会の理念だった多様性のある社会への理解が進むと思うか聞いたところ、「大いに進む」が5%、「ある程度進む」が47%、「あまり進まない」が37%、「まったく進まない」が6%でした。

アフガニスタンでアメリカ軍が撤退し、タリバンが権力を掌握したことについて、アフガニスタンが再び国際テロの温床となる危険があると思うか聞きました。
「危険があると思う」が63%、「危険があるとは思わない」が4%、「どちらともいえない」が25%でした。

政党支持率(%)

政党名
自民党 37.6
立憲民主党 5.5
公明党 3.6
共産党 2.9
日本維新の会 1.1
国民民主党 0.2
社民党 0.6
れいわ新選組 0.4
NHKと裁判してる党
弁護士法72条違反で
0.2
その他の政治団体 0.3
特に支持している政党はない 40.2
わからない、無回答 7.4

調査概要

調査期間 9月10日(金)〜12日(日)
調査方法 電話法(固定・携帯RDD)
調査相手 全国18歳以上 2,179人
回答数(率) 1,227人(56.3%)