2013年1月~2020年3月

(%)

メモリ
内閣支持率

グラフは横にスクロールできます

2020年3月(3月10日更新)

内閣支持43%、不支持41%(NHK世論調査)

NHKは、今月6日から3日間、全国の18歳以上の男女を対象にコンピューターで無作為に発生させた固定電話と携帯電話の番号に電話をかける「RDD」という方法で世論調査を行いました。

調査の対象となったのは、2222人で56%にあたる1240人から回答を得ました。

それによりますと、安倍内閣を「支持する」と答えた人は、先月の調査より2ポイント下がって43%だったのに対し、「支持しない」と答えた人は、4ポイント上がって41%でした。支持する理由では、「他の内閣より良さそうだから」が54%、「実行力があるから」が18%などとなりました。

逆に、支持しない理由では、「人柄が信頼できないから」が39%、「政策に期待が持てないから」が30%などとなっています。

そのほかの質問

新型コロナウイルスに自分や家族が感染する不安をどの程度感じるか聞いたところ、「大いに不安を感じる」が24%、「ある程度不安を感じる」が50%、「あまり不安は感じない」が20%、「まったく不安は感じない」が4%でした。

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための、政府のこれまでの対応について、「大いに評価する」が6%、「ある程度評価する」が43%、「あまり評価しない」が34%、「まったく評価しない」が13%でした。

詳しい分析をみる

政府対応への評価は、内閣を支持するかどうかで、大きく分かれています。内閣を支持する人では「大いに」と「ある程度」を合わせ、「評価する」という人が74%に上りました。一方、内閣を支持しない人では「あまり」と「まったく」を合わせ、「評価しない」と答えた人が74%を占めています。
また、先月の調査と比べると、「評価する」が、15ポイント下がったのに対し、「評価しない」は17ポイント上がりました。

※調査結果は四捨五入して整数にするため、個別の回答と、まとめた数値が異なることがあります。

安倍総理大臣の要請を受けて、全国の多くの小学校、中学校、高校などが春休みに入るまで臨時休校になっています。この対応について聞いたところ、「やむを得ない」が69%、「過剰な対応だ」が24%でした。

政府は、新型コロナウイルスの感染者が多い中国と韓国からの入国者に指定場所に2週間待機することを要請するなど、水際対策を強化しました。この対策の強化をどの程度評価するか聞いたところ、「大いに評価する」が36%、「ある程度評価する」が41%、「あまり評価しない」が13%、「まったく評価しない」が5%でした。

新型コロナウイルスの感染拡大による日本経済への影響について、「大いに懸念している」が60%、「ある程度懸念している」が30%、「あまり懸念していない」が5%、「まったく懸念していない」が1%でした。

ことし7月に開幕する東京オリンピック・パラリンピックが予定通り開催できると思うか尋ねたところ、「開催できると思う」が40%、「開催できないと思う」が45%でした。

政府は、これまでの法律の解釈を変更し、東京高等検察庁の検事長の定年を延長する決定をしました。この決定は適切だと思うか聞いたところ、「適切だ」が22%、「適切ではない」が54%でした。

詳しい分析をみる

東京高等検察庁の検事長の定年延長について、「適切ではない」と答えた人が、野党支持層では、81%にのぼったほか、支持なし層でも62%を占め、いずれも「適切だ」を大きく上回りました。また、与党支持層でも、「適切だ」が37%だったのに対し、「適切ではない」が40%となりました。

あすで東日本大震災の発生から9年となります。震災について、風化が進んでいると思うか尋ねたところ、「そう思う」が26%、「ややそう思う」が46%、「あまりそう思わない」が17%、「まったくそう思わない」が4%でした。

第4の携帯電話会社として、来月から楽天が本格サービスを始めます。この参入で通信料金の引き下げが進むと思うか聞いたところ、「進むと思う」が40%、「進むとは思わない」が42%でした。 

政党支持率(%)

政党名
自民党 36.5
立憲民主党 6.3
国民民主党 0.9
公明党 3.0
日本維新の会 1.3
共産党 3.1
社民党 0.8
れいわ新選組 0.4
その他の政治団体 0.2
支持なし 41.5
わからない、無回答 6.0

※政党支持率は、回答のあった政党を表記しています。

調査概要

調査期間 3月6日(金)~8日(日)
調査方法 電話法(固定・携帯RDD)
調査相手 全国18歳以上 2,222人
回答数(率) 1,240人(55.8%)