アナウンサー・キャスター

相馬 宏男(そうま ひろお)

ブログを見る

相馬 宏男アナウンサー
出身地
青森市
入局
1969年(昭和44年)
担当番組・業務
ひるはぴ」ヒロオさん☆歩 リポーターなど
趣味・特技
街歩き、素早く文章を書きます。
座右の銘
己の如く人を愛せよ(被爆医師 永井 隆さんの言葉)
大学時代、カトリック修道院併設の学生寮で過ごしました。

一番印象に残っている放送中の出来事

テレビの初鳴きの時には、胸はドキドキ、目はうつろ、何を伝えたか覚えていないぐらいの緊張ぶり。
当時のテレビカメラはそれほど感度がよくなく、それが幸いしたか、薄ぼんやりと映った姿に半分安堵する。

自己PR・ひとこと

同期入局のアナウンサーは、ほとんどがディレクター志望。ドキュメンタリーを作りたかったのだ。その後、自ら取材、リポートする機会もあり、時代の流れ、課題に果敢に取り組んだ。
あれから△△年、今でも当時の心意気を思うと胸に熱いものが甦る。

▲ ページの先頭へ