東北流行語大賞2023

今回のみやぎUP-DATEは、年末恒例のこちら!

20231221_1.JPG
安藤さんが編集長を務めるニュースサイト「TOHOKU360」で毎年発表している「東北流行語大賞」。
その年に東北で流行した言葉を募集して、投票で大賞を決めるという企画です。

今年も東北各県から15個のワードがノミネートされました!

20231221_2.jpg
この中からいくつかピックアップしてご紹介します。


宮城「おかえりなさい政宗公」

仙台城跡にある「伊達政宗公騎馬像」ですが、昨年3月の地震で被害を受け、修繕のため一時撤去。
騎馬像が不在の間は台座がシートに覆われていました。

20231221_3.jpg
今年3月に東京での修復を終え、約9か月振りに仙台に帰ってきました。
その時のようすがこちら。

20231221_4.jpg
政宗公、浮きながら帰ってきました。
騎馬像が戻ってきたニュースはてれまさでもお伝えしましたね。


青森「棒パン」

続いてはこちら。青森県の「棒パン」です。
棒パンとは、棒に巻き付けたパン生地を自分たちで焼いて食べるスタイルのパンです。
40年ほど前から、青森市のソウルフードとして、夏祭りなどのイベントでよく食べられてきたそうです。

20231221_5.jpg
今年、その棒パンに着目した「棒パンサミット」が開催されたことを受け、ノミネートしました。
そのようすがこちら。

20231221_6.jpg
設置されたのは長さ15mもの焼き台。
4000人近くの人が焼き体験をしたそうです。
(ちょっときりたんぽに見えてきました…)

またこのサミットは、来年の3月にも開催予定とのことなので、興味のある方はぜひ行ってみてくださいね♪


秋田「じゃこ天」

愛媛県の特産品であるじゃこ天。
今年10月、秋田県の佐竹知事が自らの発言を謝罪する騒動がありましたね。

20231221_7.jpg
今回、愛媛県宇和島市でかまぼこ店を営む安岡 一社長にお話を伺いました。

20231221_8.jpg
この騒動以降、一時は6割以上が秋田県からの注文になったそう。
そこで安岡さんはこんなものを作りました。

20231221_9-1.jpg
なんと、秋田県の形をしたじゃこ天です!

20231221_9.jpg
今月、きりたんぽとセットで販売したところ、即完売。
社長は「『災い転じて福となす』。騒動で生まれた秋田県とのつながりを大切にしたい」と話していて、来月、再販売を予定しているそうです。


宮城「人生は敗者復活」

こちらは夏の高校野球準優勝となった仙台育英の須江監督による、決勝の後の発言ですね。

20231221_10.jpg
「東北のみなさん、西へパワーを。」など数々の名言がある中で、こちらがノミネートされました。
惜しくも準優勝となりましたが、今年も熱い試合を見せてくれました…!


東北「訛デレラ(なまでれら)」

20231221_11.jpg
こちらは、ディズニー映画の「シンデレラ」に東北のなまりで吹き替えをした動画で、いまSNSでバズっているんです。
ほかにも「白雪姫」バージョンなどがあるそう。

動画を制作したのは、宮城県在住の主婦のかた。
趣味で始めた動画制作で、著作権が切れているディズニー映画に東北弁のセリフをあてたところ、人気が出たとのことでした。
石巻を中心に東北各地の方言を混ぜていて、斬新ですが親近感を感じますよね。


ということで今年のノミネートワードについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?
身近な流行語から、今年の東北を振り返ることが出来ましたね!



みやぎアップデートでは来年も皆さんから「気になる・知りたい」を募集しています。
投稿は、NHK仙台放送局1階の投稿ボックスかこちらの投稿フォーム、
またはX(旧ツイッター)で #みやぎUPDATEをつけてお送りください。