宮城県のダムカードって、全部で何枚あるの?

今回のみやぎUP-DATEでは、こちらの投稿にお応えします!

20220428_toukou.JPG


ダムカードというのは、全国のダムで無料で配布されている、そのダムの情報が書かれたカードです。
県内にもダムがたくさんありますが、一体どのくらいあるんでしょうか?
ジャス隊が調査してきました!


今回は鳴子ダムへ!

2022428_matunosann.jpg
今回調査に向かったのは松野調査員。
大崎市の鳴子ダムにやってきました。

案内板に「ダムカードはダム管理所にあるよ!」と記載があるのを見つけ、ダムの近くにある管理所へ向かいました。
管理所内の展示室に入ると…

 

2022428_ka-do.jpg


ありました!

2022428_uramenn.jpg


カードの表面にはダムの写真や名前、裏面にはダムの詳しい情報、いわば“ダム自慢”が書かれています。
例えば鳴子ダムだと…


2022428_otaku.jpg

 

安藤さん
「複雑なカルデラ地形の地に日本の技術者だけで建設した我が国初の本格的100m級アーチ式コンクリートダム!(ここまで一息かつ早口)」



安藤さん、急に熱が入りました。
きっとダムの魅力に気づき始めたんですね。…たぶん。


ダムカードを取りに来た人にインタビュー!

2022428_hokkaido.jpg

お客さん
「今日は北海道から来ました。
北の方から南下しつつダムカードを取りながらツーリングしています。
ダムをメインにして、時々寄りたい観光地があったらそこも見るって感じですね。」


なんと北海道からきているそう…!
県内だけでなく、全国各地から多くの人がダムを訪れ、カードを持ち帰っているそうです。

ダムカードをもらうと”お得なこと”も…!?

2022428_sakurai.jpg


鳴子ダムの所長・櫻井さんにダムカードの“意外な活用法”を教えてもらいました。

櫻井さん
「鳴子温泉の一部の温泉で、割引などの特典がございます。」

ダムカードで割引になる??
それは確かめなければいけませんね。
ということで、早速教えてもらった温泉に行ってみました。
フロントでダムカードを提示してみると…

2022428_sihaininn.jpg

支配人
「ダムカードのご提示により、日帰り温泉の入浴料400円が半額の200円でご入浴いただけます。」


提示するだけで半額になるなんて…


2022428_onnsenn.jpg(この後隊員はちゃっかり温泉で癒されて帰ってきました)


ダムカードは県内各地で!

2022428_26kasyo.jpg
カードの魅力を知ったところで、実際にどのくらいの枚数があるのか調べてみました。
すると、県内31か所あるダムのうち26か所でダムカードを発行していることが判明!
ほとんどのダムで配布されているんですね。
しかし「期間限定」などの特殊なカードもあるため、正確な枚数はわかりませんでした。


ダムカードを集めている人に話を聞いてみた!


2022428_otoku.jpg


全国のダムを訪れ、ダムに関する記事も書いている自称「ダムマニア」の方にオンラインでお話を聴くことができました。

萩原さん
「ちゃんと数えてはいないですが、2~300枚はあると思います。
宮城県のカードだと、釜房ダムや七ヶ宿ダムのカードを持っていますよ。」
安藤さん
「ダムカードを見せることでちょっと割引になるとか、そういうお得なサービスもあるようですが、そうした動きも色んなダムであるんですか?」
萩原さん
「そうですね、ダムカードをゲットして地元の観光協会とか観光地で見せると、ちょっと割引を受けられたりとか、そういうサービスをやってるところが全国的にあります。
少しでも皆さんにダムに実際に行っていただいてダムの役割とか魅力とかを少しでも感じていただきたいです。」

鳴子ダムではこんなイベントも!


2022428_houryuu.jpg


鳴子ダムでは毎年大型連休に「すだれ放流」というイベントを開催しています。
ダムを観光地として盛り上げようと行われているこの取り組み、昨年はライトアップまでは準備していましたが新型コロナウイルスの感染対策のため中止になりました。
今年は開催するそうですよ!


安藤のひとこと。


2022428_575.jpg

安藤さん
「純粋にダムカードを集めるというコレクター的な楽しみ方もできるんですけれども、ダムの周りの観光地に行ってみたり散策をしてみたりという楽しみ方もできます。
ぜひダムカードをきっかけにして、みなさんも自分なりの楽しみ方を見つけていただけたらと思います」


編集後記

私は普段なかなか行く機会のないダムですが、カードを集めたり割引を利用したり、実はたくさんの楽しみ方がある魅力的な場所なのだと知ることができました。
周りにさえぎるものがないダムはとても空が広く感じられ、水面の静かな揺らぎを見ていると心が癒される、とても落ち着くいいスポットだなと感じました。
疲れを感じた時に「温泉に行きたいな」と思うことはたびたびありますが、これからは「温泉とダムに行きたいな」と思うようになりそうです。

連休は家族でどこかに行きたいけれど人混みに行くのはためらう…という方、今年は“ダム”という選択肢はいかがでしょうか?



↑放送の動画はこちら!
(急に熱がこもる安藤さんも見どころです…!笑)

みやぎアップデートでは皆さんから「気になる・知りたい」を募集しています。
投稿は、こちらの投稿フォームか
ツイッターで #みやぎUPDATEをつけてお送りください。