東日本大震災 いぎなり東北産 葉月 結菜さんが語る"あの日"

「NHK東北温泉地応援プロジェクト」に参加する東北出身アイドルグループ「いぎなり東北産」。
NHK仙台放送局|東北温泉地 応援プロジェクト

今回、いぎなり東北産のメンバーに“あの日”のこと、そして、“あの日”からのことについて、語ってもらいました。

2011年3月11日、葉月結菜さんはどこで何をされていましたか?

(葉月結菜)
私は(宮城県内の)小学校2年生で、教室の掃除をしているときに地震がきました。ちょうど先生の机あたりを掃除していたので、その机の下にすぐにもぐってずっとおさまるまで、地震がおさまるまでそこに隠れていたっていう感じでしたね。地震が起きたときは周りの友達がすごく泣いていて、もう、何だろう、本当に先生もあたふたしているというか、誰も冷静でいられない感じでした。私は本当に怖いっていう気持ちが強かったので、泣いてはなかったですけど、もうただ恐怖でした。教室に水槽があって金魚がいたんですけど、その水が溢れてきて金魚が出てきちゃいそうになっているのも見て、こんな光景が人生であるんだっていうのに驚きと恐怖でした。
(葉月結菜)
当時2年生で、地震がすごかったのはわかるんですけど、何だろう、被害が大きいことも理解ができていなくて・・・。その日、習い事があったので、習い事にこのあと行くんだっていう気持ちがあったくらい、なんだろう、事態の大きさを理解はできてなかったと思います。

その後、母親の迎えで帰宅した葉月さん。
自宅に大きな被害はありませんでしたが、海沿いに暮らす祖父母の自宅が津波の被害にありました。

(葉月結菜)
母親の方のおじいちゃん、おばあちゃんが石巻に住んでいたので、安否(の確認)がずっととれなくて。携帯もつながらなかったじゃないですか。生きているのかどうか、どこにいるのかっていうのをもう何日間かずっと連絡が取れなくて、母親がずっともう、結構、何だろう、もう生きている心地がしない感じ・・・。やっと連絡が取れて、全員生きています、みたいなのを聞いたっていう感じですかね。
(葉月結菜)
おじいちゃん、おばあちゃんだけじゃなくて、そっちに住んでいる母親の友だちとか、父も知り合いがそっちの方にいたりとか、そういうことがたくさんあったので、すごいそっちも心配でしたし・・・。私は電気がつかなくて、お風呂にも入れなくて、水もなくてみたいな感じだったので、人の心配よりも自分はそのとき、やっぱり幼かったので、このあと生きていけるのかっていうか、食料がないとか、そういうことの心配の方がすごく大きかったなって思います。

葉月さんたち家族は、避難所で暮らす祖父母に物資を届けるため、被災地に向かいました。

(葉月結菜)
おじいちゃん、おばあちゃんの家が津波で流されてしまって。1週間後ぐらいに石巻の避難場所に行って、自分たちの家にあったものを洋服とか、そういう必要な物を届けに会いに行きました。道路が階段になっているっていうか、すごく浮き上がってて、通れるわけもないし、まだちょっと浸水していた場所もあったので、なんかもう、町が町じゃなくなっていた。今までたくさん遊びに行っていた場所がすべてなくなっていたのは本当に衝撃的で、あの光景はたぶん一生忘れないかなって思います。

東北のアイドルグループとして、震災のことをどう伝えていくか、迷いながら活動を続けているといいます。

(葉月結菜)
3.11について触れるのも、正直、なんか、私が何を話せばいいのかとか、何を皆さんに伝えればいいのかとかが、わからないときがあって、今でも正直どうしようって思うことあるんですけど・・・。いろんな方のことを考えると、全てを伝えてもいいのかなとか思ってしまったりもするんですけど・・・。私たちが東北で活動する意味っていうのは、経験したからこそ伝えられるものとか、伝えなきゃいけないことがあると思うので人前で表現している者として、東北であったその3.11のことはやっぱり忘れてはいけないし、私たちが伝えるべきだな、とは思います。

葉月結菜さん、貴重なお話をありがとうございました。

NHK仙台放送局のサイト「あの日、何をしていましたか?」では、
みなさんの2011年3月11日について投稿を募集しています。
あの日、何をしていましたか?|NHK仙台 みんなの3.11プロジェクト