空から地域に注目! 大崎市

ヘリコプターで宮城県内各地を訪ねるシリーズ「空から地域に注目!」。今回は県の北西部に位置し、秋田県や山形県とも境を接する県内第2位の面積を誇る大崎市です。

(仙台放送局 太田直希カメラマン)


20240104oosaki002.jpg

20240104oosaki003.jpg
【伊達政宗立像】

仙台市から北へおよそ40キロ。仙台藩の初代藩主、伊達政宗が山形から宮城に入って初めて拠点を設けた岩出山地区です。
城跡は公園として整備され、花見や祭りの時期には多くの人でにぎわいます。1961年に仙台から移された「伊達政宗立像」が、町を見守ります。

20240104oosaki004.jpg

20240104oosaki005.jpg
【雪吊り】

公園の北側にあるのが「旧有備館」です。この場所には、かつて岩出山伊達家の学問所がありました。四季折々の表情を楽しめる庭園とともに市民に親しまれています。
冬の時期は松を雪の重みから守る「雪吊り」が行われているほか、館内では伊達家の正月膳の模型を展示する企画展も行っているということです。

20240104oosaki006.jpg

20240104oosaki007.jpg
【渡り鳥】

多くの渡り鳥が越冬のために訪れる「化女沼」です。世界的に貴重な湿地を保護するために定められた「ラムサール条約」に登録されています。
今シーズンは夏の暑さの影響からか、鳥の飛来が遅かったということですが、今は例年通り、マガンなどおよそ1万羽がここで過ごしています。

20240104oosaki008.jpg

20240104oosaki009.jpg
【建物跡】

化女沼の近くに見える小高い丘にあるのが「宮沢遺跡」です。1970年代、東北自動車道の建設工事の際に発見されました。遺跡の中央部を高速道路が貫いています。
おもに平安時代の土器が出土しているほか、当時の建物や住居の跡も見つかっていて、国の史跡に登録されています。

20240104oosaki010.jpg

20240104oosaki011.jpg
【地元の森】

市の中心部から山間部へおよそ30キロ。県内有数の湯どころ鳴子温泉です。その中にある「鳴子こども園」は幼稚園と保育園の機能をあわせもつ未就学児のための教育施設で、近くに住む子どもたち25人が学んでいます。
2023年3月にできた新しい園舎は、地元の森で取れたスギの木など県内産の木材で作られているということです。

20240104oosaki012.jpg

歴史や自然を生かしたまちづくりを進める大崎市です。

動画はこちらからご覧ください。

※「地域に注目!」大崎地域のページはこちら


230104_oosaki_oota.jpg
仙台放送局

太田直希カメラマン
2022年入局。仙台市出身。
ヘリコプターでの取材を担当。