生粋の野球小僧 いざ運命のドラフトへ

杜の都に、ハツラツとした動きと、グランド中に響き渡る声でひときわ目を引くショートがいる。仙台大学の辻本倫太郎選手だ。兄の背中を追って野球を始めた辻本選手は、やがてプロ野球選手に憧れるようになった。

「1番上、とにかく上上というところで最高峰のプロ野球を目指すことにこだわりを持ってやっている」

宮城で努力を重ね、着実に成長した今、運命のドラフト会議を待っている。

【取材:小倉優太郎アナウンサー】



プロ注目の内野手、辻本倫太郎選手

仙台大学のショート、辻本倫太郎選手。250人を超える野球部員をまとめるキャプテンだ。仙台六大学リーグでは3年春と4年春にベストナインに選ばれた。さらに大学3年生から大学日本代表として国際大会でもプレーしてきた。素早い足さばきからの広い守備範囲、球際の強さ、正確な送球。今や、世代を代表するショートとしてプロからも大きな注目を集めている。

「変化というのを恐れずにやってきて1年ごとに着実に成長できた。自分だけの力じゃなく様々な人の力を借りて、支えてもらいながら1年ずつ力をつけてここまでのぼってこられた」

231016_dora01.jpg

宮城で成長

高校時代は甲子園の出場経験はなく、特別目立つ選手ではなかった。宮城で過ごした4年間で着実に力をつけ、プロを意識するまでに成長してきた。辻本選手を視察に来たプロのスカウトも辻本選手のことを高く評価している。

231016_dora02.jpg

「守備に関しては、球際の強さやハンドリングでは大学トップレベル。打撃は上手さもあるし、長打も打てる。足も魅力で、走攻守で高い評価をしている。責任感も強いので技術だけでなく、精神的にもプロ向きの選手だと思う」


野球に夢中になった幼少期

231016_dora03.jpg

札幌市出身の辻本選手。5歳年上の兄、勇樹さんの背中を追って小学2年生の時に野球を始めた。気づけば野球に夢中になり、野球道具が常に身近にある、野球が大好きな少年だった。
母、恭子さんは辻本選手の幼少期をこう振り返る。

231016_dora04-2.jpg
(左・父、直也さん/右・母、恭子さん)

「本当に野球が大好きな子どもでした。毎日、日が暮れるまで野球をやっていて。野球以外に何かやってみたいと言い出したことは1度もないですね」


辻本選手を育てた、壁当て

辻本選手には小さいころから続けてきた練習がある。それは「壁当て」だ。壁に向かってボールを投げ、跳ね返ってきたボールを捕る。単純な練習だが、それこそが今の辻本選手を作り上げた。

231016_dora05.jpg

「壁当ては自分でボールを思い通りに操れる1番好きな練習です。壁当てをしたことで俊敏性とかグラブさばきがよくなりました」(辻本選手)
「札幌の実家にちょうどいい壁があって、学校から帰ると友達と遊びに行くわけでもなく、ただひたすら壁当てをしている子どもでした。私はその姿をベランダから見て、いつまでやってるんだこの子はと(笑)」(母 恭子さん)

辻本選手は、毎日、1人コツコツと壁に向き合うことで、守備を磨いてきた。しかし、次第に壁当てをする理由も変わってきた。レベルが上がれば上がるほど苦しいことも増える。辻本選手はボールが壁に当たる、その音を聞いて、純粋に野球を楽しんでいた幼少期を思い出し、原点に立ち返る。自分の心を整理してくれる壁当て。それは辻本選手の野球人生に欠かせないものとなっている。

「小学生や中学生の頃はただ楽しく壁当てをやっていました。でも最近は気分が上がってない時に壁当てをすることが多いですね。結果が出なかったり、進路で悩んだり。一人になって、壁と向き合うって感じです。」(辻本選手)

231016_dora06.jpg


笑顔で楽しく野球をする

野球をやっていればうまくいかないこと、苦しいことが必ずある。それでも辻本選手には野球人生で貫いてきたことがある。それは“笑顔で野球をやること”だ。

231016_dora07.jpg

その原点は小学5年生の時にあった。他の子に比べて野球の能力が優れた辻本選手は、チームではピッチャーを務め、お山の大将だった。あるとき、味方のエラーに不貞腐れたような顔をした。それを見ていた母の恭子さんは試合後、辻本選手に言った。

「どんなに野球がうまくても、仲間を大事にできない人に野球はやらせない」
(母 恭子さん)
「子どもながらに、大事なことなんだと思いました。笑顔は仲間に広がっていくものなので笑顔で楽しそうに野球をやるということを一番大切にしています」(辻本選手)
「あの時はめちゃくちゃ怒りました。昔からどこに行っても笑っている子どもだったので、この子のいいところは笑顔なんだなと思って。ずっとそういう風にいてほしいなと思って言いました」(母 恭子さん)

231016_dora08.jpg

胸に刻まれた母の言葉。今、グランドに立つ辻本選手とそのまわりには、常に“笑顔“があり“仲間”がいる。

揺るがない、プロへの思い

231016_dora09.jpg

間もなく迎えるドラフト会議。辻本選手はプロの世界をまっすぐ見つめている。
ドラフト会議で名前が呼ばれるのを祈る気持ちは家族も同じだ。

「成人した年の正月に、家族でお酒を飲みながら野球の話をしていて、『倫太郎、将来どうすんの~』って聞いたら『プロに行く』って言うんですよ。今はとにかく目標に向けて頑張ってほしいという気持ちです。」(父 直也さん)

家族に温かく見守られ、本気で野球と向き合ってきた辻本選手は、運命のドラフト会議で指名を受け、とびきりの笑顔でプロへの扉を開く覚悟だ。

「大学に入って、将来を考えるようになって、やっぱりやるからには1番上のレベルでやりたいと思うようになった。そこから本気で目指し始めました。これがラストチャンスのつもりで、絶対に叶えたい、叶えてやるという気持ちです。」(辻本選手)

231016_dora04.jpg